--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  この記事のみ表示  |  スポンサー広告  |  Top↑

2005.11.26 (Sat)

e-Sax ファーストインプレッション

というわけで昨日我が家に到着したAltoSax用の消音器「e-Sax」ですが
(公式ページは http://www5a.biglobe.ne.jp/~bestbras/bestbrass07_026.htm )

実は自分が購入したわけではありませんで。

楽器フェアでのe-Saxの話を、僕の所属するビッグバンドのメンバーにしたら、
一人、「それ欲しい。買う。買ってきて~」という方がいて、
つまりは代理で買ったというわけです。
もちろんひきわたすまでのしばらくの間、僕が試していいよという条件で(笑

ちなみにしばらくは都内に出る機会がなかったのでもないので、
楽天で

買っちゃいました。
2、3日楽天のようすを観察しましたけど、すごいですね。毎日、安い順に、どんどん「在庫なし」になっていくですよ。人気のほどがうかがえます。

というわけでしばらく使い倒させていただくつもりなんですが
今日は2時間ほど試したので、その第一印象。

まず本体を開けた瞬間は「うーむ、原料原価は安そう」と思ってしまいました(笑)。まあ、それぞれの素材そのものの原価は安くても、それらの材料の「ベストの組み合わせに到るまでのノウハウ」がものすごい高価ですからねぇ。それを考えれば決して高い値段ではないですね。
まずはこの製品でバシバシ初期投資を回収して、テナー用とか更なる改良を、どんどんしていただきたいと思います。

で、使用した感想。

初心者~中級者用の「練習用消音器」としては、余裕を持って合格ラインを超えていて充分使える。すばらしい。サックス用の"使える"消音器を初めて実現した、ということに対して最大級の賛辞を送りたい。
けれども不満に感じる点も多いので、特に中級者以上には、万人におすすめするものではない、とは感じました。

良い点。

・消音性能は、築ウン十年すきま風ぴゅーぴゅーの我が屋でも、玄関の外ではほとんど聞こえないくらいで、一人住まいなら夜中でも練習できそう。これが一番重要な性能だと思うので、これができているだけで、基本的に文句なし。すばらしい。
・低音から高音まで吹奏感もあまりかわらないのでいつもどおりの感覚でふける
・ヘッドホンなしでも丁度良い音量・音質の音が洩れてくるので、ヘッドホンなしで「思い立った時気軽に」練習できる。

いまいちな点
・付属の使用説明書、非常にわかりにくい。「写真のように標準位置で」っていったってどれが標準位置だか全然わからない。もっと写真と説明を増やして!できればカラーで。
・ヘッドホン出力のボリュームがちょっと小さい。
・内蔵エコーの品質がしょぼすぎ。また、エコーをONにするとノイズが多すぎてどうしようもない(まあどちらにしろ僕はエコー使わないのでいいっちゃいいんですが)
・吸音材の表面が意外に禿げやすく毛玉(?)がにすぐできる。
・寒いとこで吹くと、「サックスのベルの中に結露の水が速攻で溜まる」あたりまえなんだけどね。でも捨てるにはいちいちe-Saxを開けなきゃいけないのが面倒。

今後こちらのほうで、いろいろ調節や確認が必要な点。
・使用サックスは、仏セルマーSA80シリーズ1、なんですが、説明書にある「標準の位置」だと、右手小指キー、および最高音あたりの運指(D#以上)が左右ともちょっと狭くてやりにくい。今後いろいろ位置調節していく必要あり。
・微妙なブレスノイズ量調節による音質調節とか、極わずかな換え指による極微妙な音質の変化とかが、出てくる音にあまり反映されていないように感じる・・・・・けれども、単に自分のイメージと出てくる音が一致していないだけかもしれないので、これについてはもう少し使ってみないとなんともいえないかな。


・もしかしたら不良品にあたったかもしれない
e-Saxはケースの内部で、ゴム状の素材でサックスを固定するわけですが、アルトサックスはメーカーにより形状が異なるので、そのゴム状の素材の位置を調節してやって、各社のサックスにあわせるわけです。

で、そのゴムの位置の動かし方ですが、ゴムの底と、くっつけるケース側のしかるべき位置にレゴブロックのような「オス・メスの穴」が空いていて、それをはめ込む仕組みになっています。bottomspacer.jpg

写真は、サックスの一番底の部分を固定する「ボトムスペーサ」と言う名前が付いたゴム状の素材なんですが、
なんだか僕のところに来たやつは、その底部が、中央部分が少しヘコむように全体が変形していて、ケースの穴にきちんと入らないんですよ。
端っこの穴だけなんとかはめ込んで固定して、楽器を吹くと、しばらくしてはずれてしまい、中で楽器がぐ~らぐら。どうにも困ったもんです。
いろいろ力をかけたりあたためたりしたけど、どうやってもきちんとはめ込めない。
「ボトムスペーサ」の変形具合を見ると、どう考えてもはまりそうにないので、
これは不良品ではないかとも思います。製造元に問い合わせてみます。

 ※11/29追記:ベストブラスさんに問い合わせたところボトムスぺーサの一部ロットに成形不良の問題が発生しているそうで、現在購入店経由で交換手続き中です。

ググってみると、僕と同じような症状の方もいるようですが、
他の大多数の皆さんは問題なくハメ込めているのでしょうか?
(TAKさんのは、いかがでしょうか??)


とりあえず、そんな状況ですが、せっかくなので録音してみました。(期間限定公開)
バップ風
サックスはセルマーSA80シリーズ1、MPはMAYER 6Mです。
e-Saxのラインアウトを直でミキサーにつっこんで、カラオケと合わせて一発録りです
レベル調節バランス悪くてすみません。MTR欲しい。
結構、「オンマイク」な感じで録れますね。
このラインアウトは結構レベルが低めで、ミキサーのボリュームは結構上のほうになってます。


さんちゃん風
サックスは前といっしょ。MPもMAYERです。
こっちはラインアウトにエフェクタ(コーラス+リバーブ)直列でかけてます。
カラオケといっしょに、WET音も聞きながら一発録り。
耳と歯からくるDRY音とエフェクタのWET音聞きながら演奏するのって難しいですね。本当はどういう音になってるか、全然わからないですね。こういうのやったことなかったんで新鮮でした。

いいかげんな録音ですが、まあe-Saxはこういう楽しみ方もできるということで。
その他いろいろ思うところもありますが、基本的にはすばらしい製品と思います。
でも急がない人は、もう少しロット数が重なるまで待っても良いかも。
あと出来るだけ、実際に店で、店員さんの使用説明をうけた方が良いと思います。
結構位置調節のやりかたとか、コツがあって、付属の取り扱い説明書だけだとキビシイところもあると思います。

タグ : サックス 日記

21:38  |  この記事のみ表示  |  サックス  |  TB(0)  |  Comment(5)  |  Top↑

*Comment

■音源、素晴らしいですね!

約1年前にこちらのHPを見てWX5を購入した者です。覚えてらっしゃいますか?おかげさまで WX5,すっかり練習の友になりました。

さて、e-saxもさることながら、ここで公開しておられる音源、二つとも素晴らしいですね。「いいかげんな録音」とおっしゃってますが、何をおっしゃいますやら、うっとりと聞き入ってしまいました。Kirinoさん、スゴイです。
有斗 |  2005.11.28(月) 21:29 |  URL |  【コメント編集】

■光栄です

有斗さんこんにちは
過分なお褒めをいただき光栄です(汗
まああの、1曲5分間録音して一番まともな所がココなので後は推して知るべしなんですが(笑

有斗さんのBlogはROMばかりですがしばしば覗かせていただいて勉強させていただいております。JAZZHORNも買いましたよ(笑)
僕と同じくWX5を夜間練習に活用されている方がいると思うと心強いです。これからもよろしくおねがいいたします。
Kirino |  2005.11.29(火) 12:49 |  URL |  【コメント編集】

■ボトムスペーサー

すみません。たったいま読みました。
まさか話が振られているとは思ってなかったので(汗)

さて、ボトムスペーサーですが、しっかり確認してませんが、一応はまっているので僕のロットは大丈夫だったのではと思います。

録音されたものを聴いてみました。イヤフォンで聴いている音はなんともチープなんですが、こうして聴く分には悪くないですね。

TAK(Hiroタソ) |  2005.12.05(月) 10:42 |  URL |  【コメント編集】

■こちらこそ

TAKさんすいませんこちらこそ勝手に振ってしまって
やっぱボトムスペーサーは普通にハマるものなんですね。ありがとうございます。
Kirino |  2005.12.05(月) 23:16 |  URL |  【コメント編集】

■やはり不良ロットがあったようですね

ウインドブロスに不良品交換の案内がでてるようです。
http://www.rakuten.ne.jp/gold/windbros/bottompad.htm
TAK(Hiroタソ) |  2005.12.14(水) 18:02 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。