--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  この記事のみ表示  |  スポンサー広告  |  Top↑

2005.10.25 (Tue)

DH800げと

某HOで超ひさしぶりにデジタルホーン発見。
持ってないDH-800だったので思わず確保。

DH800.jpg


お値段7000yen也。ちと高いとは思いましたが3ヶ月保証付だからきちんと動くハズ、ならばまあいいか・・・・

と思ってウチに帰って電源オン!したら即「ぴゆーげろぎゅろぴぃー」のノイズ。
デジホンでは有名な、コンデンサの劣化による代表的な故障の症状が。

がっくり。

返金保証は付いてるから、店に返してもいいんだけど、
まあ返品したあとジャンクで再購入できるとも限らないし・・・
ということでしょうがない、そのうち自分で修理にトライするつもり。

ちなみにDH-800の特徴は、DH100相当の笛部分に、CASIOトーン用のROMパックに対応していて、単体でROMの伴奏を鳴らしながら演奏できること。デジホンではDH-280というのもROMパック対応してますが、これは運指キーがボタンだったりとかで非常に演奏しずらいなどおもちゃ度が高いので、
DH800はROM対応機種としては最高の演奏性を持つ逸品でございます(大袈裟)

今回非常に嬉しいことに「フュージョン」のロムパックが付属してました。(個人的にはこれだけでも買いだった)
ちなみにその収録曲は
・ALL ABOUT YOU
・SABANA HOTEL
・OMENS OF LOVE
・遠雷
・宝島
・TRUTH
という「ジャパニーズウィンドシンセフュージョンの代名詞」な曲集でございます。
とりあえず手持ちのカシオトーンで曲だけは聴いてみましたが、
なんというか、チープなスペックで絶妙に一生懸命アレンジしてあって、グッときました。

もし直ったら、演奏UPしたいと思ってます(いつになるやら)

DHs.jpg

ついでに、手持ちのデジホン集合写真
左からDH100(銀色)、DH800、DH280、DH500。
DH500は完動ですがその他はみんなコンデンサ劣化故障中。
そのうちまとめて直したい!

タグ : デジタルホーン

23:15  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。