2005.07.25 (Mon)

WX5の初期設定調節(ブレス編)

というわけで購入以来6年目にして初めて修理に出したWX5が戻ってきたわけですが
修理明細に記載されていたオクターブスイッチ&キー交換のほかにも、ディップスイッチ周辺がきれいになっていたりと、ちょこちょこっとメンテしていただいた形跡があり結構嬉しかったりするのですが、
(もしかしたらディップスイッチも交換してくれたのかもしれないです。バラシてはいないので正確には未確認ですが)
まあそのかわり、当然とは思ってましたが、ディップスイッチの設定は全部OFF状態にリセットされているし、ブレスゲイン&ゼロ、リップゲイン&ゼロもリセットされていて、自分にあうように設定しなおさなければならないのでした。


んで、WX5の場合、キモになるのが、ブレスまわり(ブレスセンサーの感度(ゲイン)とゼロ点調節)、およびリップセンサーの調節なわけで、滅多に設定し直さないので設定の仕方を忘れてしまい久々にマニュアル首っ引きで設定し直しました。


以下自分用の記憶メモも兼ねて調節の過程を書きますが、当然ながら、これは「私向け」の設定で、汎用的なWX5の設定とは思いません。その点御了承の上読んでいただければと思います。


というわけでここから本題。


●ブレスセンサーの調節について

私の場合特に最近は、なるべく少ない息で楽に吹こう、という省エネモードでWX5を吹いてます。よって

・まずは入る息を物理的に少なくするために、WXの息のヌケ口に"網戸押えゴム"で栓をします。(HP本文:http://jazz.page.ne.jp/wx/pages/b040_050hole.html参照)

・ディップスイッチの"Wind"のとこの設定は、より楽に吹ける"nrm"。
(ここは以前は"hrd"にしてたんですが、最近は”楽”を優先。)

・音源側も設定が必要
音源がVL70-mの場合、VL70-mには”ブレスカーブ”の設定項目があって、これも吹奏感に結構影響します。僕の場合こちらも年々”楽”なほうに寄ってきまして、現在は”Breath Curve = -7”が標準ポジションになっています。

・Wind Zeroは、Wind Gainを調節した後”持続音が出なくなるまで+ほんのちょっと”、左に廻します。すなわちWind Gainが決まれば、Wind Zeroは一緒に決まることになります。


で、上記をまず固定値として設定した後、最大のキモであります
・Wind Gainの微調整
に入ります。結論として私の場合、Wind Gainは、最大(一番右)から、角度にして45°くらい左にもどしたところになります。

(ちなみにWX5の”Wind Gain””Wind Zero””Lip Gain”は”精密ドライバーで廻すボリュームスイッチ”でして、全部でおよそ220°くらい、廻ります。)

もっとも、一応45°くらい戻すとは書きましたが、実際のところ1°違うと吹奏感が相当変わるので、演奏しながら、微調整を繰り返します。

この辺微妙なところで、音源や、選択した音色によっても調整の最適値は違います。
基本的には、「自分がいつも良く使う音源・音色」に合わせるのがベスト。
私の場合、メイン音源はVL70-mで、良く使う音色もブレス周りも含めて設定をそれなりに作りこんだものが数種類あるので、それらの基準音色で実際に演奏しながら”Wind Gain”を微調整します。


以上でとりあえず設定完了です。
特にWInd Gain、Wind Zeroは一度固定したら滅多なことでは動かしません。

でも、経験上、その日の気分によって、「もっと楽に吹きたい」日や、「もっとキツめがいい」日があります。そんなときは、VL70-mのブレスカーブを±2~3位調節してやります。これならすぐに戻せますからね。

なお、私の場合は、VL70-mのブレスカーブ=-7でWX5のWind Gain が左45°くらい、が(現在の所)最も吹きやすいのですが、ここら辺は人によって全然違うと思います。ブレスカーブ=0でもう少しゲインを大きく、ってひともいるでしょうし、千差万別でしょうね。いろいろやりながら自分の吹きやすいところを見つけるしかないんでしょうね。


なおプチ技術情報として、VL70-mのブレスカーブは、出力されるMIDI信号にも反映されます。つまりVL70-mに他の音源をつなげている場合、その音源の吹奏感(ブレスカーブ)は、VL70-mのブレスカーブで制御できるわけです。
こんな点からも、WX5でVL70-mではない音源を鳴らす場合でも、WX5のインターフェースとしてだけでもVL70-mは便利であり、持っていて損はない音源と思います。

ちなみに!
設問1:
VL70-mを2台つなげた場合、それぞれのブレスカーブはどのように反映されるでしょうか?

解答1:
1台目のブレスカーブは、2台目に反映します(まあ、当然)。さらに、2台目のブレスカーブは、2台目の吹奏感に反映します。つまり、2台目の吹奏感は、1台目と2台目のブレスカーブ両方の影響を受けます(かけ算だか足し算だかわかりませんが)
例えば、1台目のブレスカーブをゼロ(真ん中)、2台目を+16(音出にくい)にしておけば、息を特に強く吹いた時だけ2台目が鳴る、というわけです。

設問2:
VL70-mを2台つなげた後に、他の音源(3台目)をつなげるとブレスカーブはどのように反映されるでしょうか?

解答2:
1台目のブレスカーブは、2台目に反映します。
2台目のブレスカーブは、2台目の吹奏感に反映します。(ここまで前と同じ)
3台目の音源は、2台目からどのように接続するかで異なります。
  2台目からMIDI Thruで3台目につなげた場合、2台目のブレスカーブは無視されます。(1台目のカーブのみ有効)
  2台目からMIDI OUTで3台目につなげた場合、2台目のブレスカーブは3台目に反映されます。(1台目2台目両方の影響をうけたカーブ)
(ちなみにこのMIDI Thru/Outの仕様はMIDI規格の通則からはずれたVL70-m独特の仕様らしい)


それにしても・・・・ややこしや~~。
まあ、色々と複雑なことは出来そうですが、通常は2台目はブレスカーブ=0にしておき、1台目のVL70-mのブレスカーブ設定で全体の吹奏感をまとめて調節する、というのが普通でしょうね。


ブレス周りの設定はこんなところで。

次回・リップセンサーの調整(これが今回かなり試行錯誤した)編につづく

タグ : WX 試してみた

23:41  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |