--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  この記事のみ表示  |  スポンサー広告  |  Top↑

2005.05.23 (Mon)

WX5修理

実を言うと私のWX5は故障を抱えていたためここんとこあまりWX5を吹いてませんでした。

さすがに最近吹きたくなってきたので修理することに。
とりあえず自分で直せるところは治しておこうということで
割れてグラグラしていたWX5のオクターブ+1キーを近所の電気店経由でYAMAHAから取り寄せ。都合注文してから3日で届きました。
ついでにリード2枚と、オクターブ+2/-2も注文。自分で交換。
以前直したときの記録はココ↓
http://jazz.page.ne.jp/wx/pages/b040_090kiribara.html
リードの裏はしょっちゅう削れるし、オクターブキー交換も2回目だし、WX5もここらへんは消耗品と考えた方が良さそうですね。
ちなみにマウスピースも前歯が当たる部分がかなり削れてへこんでます。

交換はしたけど、実はオクターブ+1のスイッチそのもの(基板に付いてるスイッチ)の接触がイカれてて、これは修理に出さざるを得ないので、近日中に出す予定。

あと、メインで使ってたエフェクタ(Fostex DE-1)も壊れて、スイッチを入れると思いっきり「ザーーーー」というホワイトノイズを出す状態でしたので
これはFostex直接持ち込みで治してもらいました。
ICチップの半田が数カ所「浮いていた」だけということで、
修理代無料。送料実費だけですみました。ありがたや、ありがたや。Fostexさん万歳!!

ということでだいぶヤル気になってますのでWX5が完全に直ったら、またいろいろチャレンジしてたいと思ってます。

タグ : WX トラブル

21:04  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。