--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  この記事のみ表示  |  スポンサー広告  |  Top↑

2016.01.03 (Sun)

Matrix-12V モジュレーションソースに対応するMIDI

Matrix-12V勉強中。以下自分用備忘録です。

Arturia Matrix-12V
http://www.arturia.com/products/analog-classics/matrix-12-v/overview
のモジュレーションソースについて。

Arturia Matrix-12Vのモジュレーションソースは下記画像の通りだがこのうち外部機器から操作できるものは
画像においてMIDI端子アイコンになっているもので、対応するMIDI信号はリストの通り。
CapturFiles-20160103_160139.jpg

・LEVER 1: CC1 (Modulation)★
・LEVER 2: Pitch Bend★
・PEDAL 1: CC64 (Damper Pedal(sustain) on/off)
・PEDAL 2: CC11 (Expression)
・KEYBOARD: Note No.
・VELOCITY: Velocity
・REL. VELOCITY: Release Velocity (OFF Velocity)
・PRESSURE: After Touch(Channel Pressure)

★LEVER 1、LEVER2はMIDI Learnで任意のCC No.に変更可能


・・・これくらいの情報は公式マニュアルに載せておいて欲しいものですがしょうがないので自分でちまちま調べました

以下雑感
通常のウインドシンセの音色づくりの場合、
 ウインドシンセのブレスセンサー出力を、LEVER 1、PEDAL1 or 2、PRESSUREのいずれかに割り当てて、これをソースにして音色や音量が変えられるようにMatrix12の音色エディットをする。

 ウインドシンセのブレスセンサー出力がCC=2の場合、これをソースとして用いるには下記[a][b]のどちらかだが、
[a]の場合、リアルタイム操作に伴うノイズが[b]より多くて目立つので(例えばフィルター開閉時のザラザラノイズが多い)[b]推奨。[b]であればノイズはそこそこ少ない(ゼロではないが)
[a]LEVER 1 をMIDI LearnでCC=2に割り付けてから、 LEVER1を使う。
[b]間にDAW等を挟んで、CC=2を PEDAL1、PEDAL2、PRESSUREのいずれかに変換して使う。他の音源での使用頻度の少なさからPRESSUREが無難か。Apple Mainstage2でCC=2をAftertouch(Channel Pressure)に変換して演奏可能なことは確認済み

 CC=2にこだわらないなら、最近のEWIならAftertouchが出せるしEWIUSBならAftertouchでもCC1でも11でも64でも任意に設定して使えるが、他の音源との互換性を考えるとAftertouch(PRESSURE)をソースとして用いるのが無難か。WX5の場合CC11を出す設定にしてやって、PEDALにをソースに使えば良いが、他の音源ではCC11で音量が変わってしまうものも多いので、複数音源併用の場合は注意が必要。どちらもザラザラノイズはゼロではないが、充分使える程度。

・Release VelocityはEWI、WXはもとより現在これを出せる機器は無いと思うので事実上このソースは使えないと思う。
17:02  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。