--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  この記事のみ表示  |  スポンサー広告  |  Top↑

2014.03.23 (Sun)

WX5プチ改造記録

ひとつ前のエントリでWX5を修理に出したら基板交換だった話は書きましたが、
修理に出す前に自分で症状確認のため分解したので、そのついでに、プチ改造を実施しました。
ずっと前に1本目のWX5にはやった改造なのですが、2本目に買い換えた後やってなかったので。

私は普段アルトサックスを吹いているので、その感覚からすると、WX5のキーは軽すぎるのと、キーを押してからもどってくるまでのスピードがわずかにしっくりこない(遅い感じがする)ので、その改造、というか調整なんですが方法は簡単で、
キーの裏側についている板バネの角度を大きくする
だけでございます。

WX5-bane.jpg

上の写真は既に調整済みなんですが、調整前はもう少し角度が小さくなっております。特に道具も必要なく手で曲げるだけなので簡単ですが、このバネにアクセスするには、WX5をほぼ全て分解しないといけないので、分解&復帰作業のほうが大変です。でも結構効果は感じられます。キーアクションが軽すぎると感じているかたにはオススメです。万が一気に入らなくても、また曲げるだけで戻せますしね(分解の手間は大変ですが)


で、せっかくここまで分解したので、ついでにもうひとつ。
簡単だけど、なかなか出来ない改造ではあります。

WX5BとWX5のミックス
WX5-WX5B.jpg

外側の部品を、WX5(通常品)とWX5B(青色限定モデル)で交換してみました。
左が表WX5で裏WX5B、右がその逆。WX5Bの本体は壊れて使えない状態なので右側は故障状態。
今後左側を愛用することになります。
ちなみにうまく組み併せれば表もサイドも裏も黒色のWX7みたいにもできそうでしたが、さらに大がかりな分解になって、特にカンチレバーを取り外したりするともとにもどらなくなりそうだったので、そこは自重しました。
ただとっかえただけですけど、色違いの2機種を持っている方も少ないでしょうからなかなか珍しくはあるかな?

タグ : WX5 改造

18:59  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。