2013.05.27 (Mon)

EWIUSB 設定・安定化メモ

ほぼ休眠状態だったウチのEWIUSBですが、とある理由で、先週あたりから連日必死に練習しております。

あらためて使ってみると、いろいろ良い点も見えてきて、楽しいです。
ブレッカーのコピーフレーズとかアーティキュレーションなんか、WX5で必死に練習してもなかなかうまくいかったのがEWIだと案外すんなりできちゃったりとか、あらためての発見があっておもしろいです。たぶんブレスカーブの具合とか、息の抜け具合とか、そこらへんの違いが関係してると思うので、落ち着いたらこの結果をWX5の設定に還元したらもう少し上達できるかなーなどと考えつつ、まずはEWIUSBの練習にいそしんでおりますが
そもそも休眠状態に至った大きな理由のひとつが、
・たまに使おうとすると、挙動が安定しない
ということだったんですが、いくつかの試行錯誤で少なくとも1週間、いつ吹いても問題なく安定動作できるようになりました。あとその他にも練習しながらいくつかコツ的なものを自分の中で積み上げたので、メモ的に書いておきます。EWIをずっとやっている人にはあたりまえのことも多いとは思いますし、あくまでも自分の環境におけるものですがご容赦ください。もしかして誰かの何かのお役にたてれば幸い。

基本使用環境
EWIUSB
MacBook Pro 13inch (2011) メモリ4GB、OS10.6.8
オーディオインターフェース;ベリンガーUCA202
メインの音源はIFW、母艦はMainstageまたはGaragebandまたはLogic 9 Pro

●挙動を安定化する
・ARIAでEWIUSBの設定が出来ないとき
・たとえばARIAの"EWI Configuration"で”Setup Control"のとこが全てゼロだったりしてどうにもならないような症状。ARIAの"Preference"で、MIDIデバイスのとこは、input、outoput両方ともEWIUSBにチェックを入れる。どちらかが欠けているとNG。これをやったのち、EWISUB本体のリセットボタン押しやら、USBケーブルの抜き差しやら、Macの再起動やらをやったりやらなかったりすると、そのうちきっちり認識する。一度きっちり認識すれば、その後はずっと安定認識するようだ。

・特定キーやオクターブキーが反応しなくなるとき
・8ポートのハブ(外部電源無し)接続で他にHDDとかいろいろ接続してあると不安定になる。僕の場合4ポート小型USBハブにUCA202とUSB鍵盤併用程度であれば問題なく使える。(たぶんベストはハブを使用しないことでしょうが)

・保湿クリーム、靴下、は特に効果はなかった(5月においては)

・長時間練習しているとG#キーやオクターブローラー、ベンドダウンの反応が鈍くなってくることがあるが、EWIUSB本体背面のリセットボタンでほぼ100%直る。

・左手親指のアースプレートの左1/3にガムテープを貼ったら、キーが反応しなくなるエラーの頻度が減った、ような気がするが、確証はない。現段階ではオカルト情報。


・Mainstageで使用中の、音飛び、ブチブチノイズ、ソフトのフリーズ
・ソフトを起動してすぐ、および音色切り換えてすぐの場合、音飛びやノイズが発生しやすい(メモリにロードするのに時間がかかってる?)。余裕をもってソフトを起動し、かつ曲の中で使う音色はあらかじめ全部ちょっとづつ鳴らしておいたほうが良いようだ。

・Mainstageで沢山音色を並べると極度に重たくなる。また、Mainstage画面にノブやらメーターやらを沢山並べると、極端に重くなって、演奏に画面表示が追従しなくなる。また、重たくなるときはMacの残りメモリがかなり少なくなっていることが多い。このときメモリが残り100MBを切るとほぼ100%Mainstageが強制終了する。常に1GBくらいは残したい感じ。読み込ませる音色の数もそうだが、思っている以上に表示するメーターの数はかなり”重たさ”に影響を与えるので、必要最小限の画面表示にするほうがベター。

・MainstageでIFWを5コとかレイヤーすると前述の通りかなり重たくなって不安。AU LabやLogic 9 Proは5コくらいでは全然平気。Mainstageの予想以上の重たさを感じる。もっとメモリ積んどけば良かったなぁー。

・MIDIpipe.appは使わない
・MIDIポートのマージとかCCの変換とかのためにユーティリティーソフトの「MIDIPipe」を使いたい場面もあったりするが、MIDIpipeを使ってポートを"ハイジャック"すると、”Audio MIDI設定”で設定したMIDI INポートが認識しなくなって戻らなくなるので、MIDIpipeは使用しないほうが無難。

・ARIAの起動のタイミング
GaragebandまたはAU LAbとスタンドアロンのARIAを同時に起動して、EWI Configurationしようとすると、ARIAが落ちる。Mainstage、Logic 9 ProではARIAは落ちなかった。


●便利なユーティリティーソフト
・ Akai EWI USB Control
結構前に2ch経由で知りましたが、cognitoneの「 Akai EWI USB Control」というのがあって、ARIAを起動せずに、1画面でまとめてEWIUSBのいろんな設定ができたり、MIDIスルーポートを設定できたりと、とても便利であります。一部バグがあったりするようですが(ベンドプレートにベンドをアサインする動作がうまくいかないとか)それを差し引いてもとても便利でおすすめです。(ただしこのソフトの使用前に、ARIAのほうで、現在のEWIUSB設定のセーブ(バックアップ)をしておいたほうが良い)

●ピロ音の低減(設定でなんとかするには)
ピロ音をなくすのは、とにかく練習しかないわけですが、案外設定にもよるようでして、
・Key Delayを増やす。僕の場合、いまのとこ、4以下だとピロ音が混ざりやすいが、7以上だと速い運指に発音が追いつかなくなるので、5〜6がベターな状態。4〜5でオクターブローラーまたぎのスラーのラ→レとかド→レでピロ音がなくなるようにがんばって練習しよう。

・Fingeringを「Saxophone」にする。「EWI Standard」だと出やすい。
例えばE→G#のトリルをやるとわかりますが、EWI StandardだとG音のピロ音が出やすいですが、Saxophoneだと僕の場合出ないです(Key delay =1でも)。ただしオクターブローラーまたぎの運指とかこの設定はピロ音に関係ないようだ。

・というわけで練習ではアラが目立ちやすい設定ということでEWI Standard運指、Key deray =3くらいで練習しつつ、本番ではSaxophone運指でKey deray = 5 くらいにしとけばいまのとこなんとかごまかせそう。とはいえとにかく練習しないと。

・オクターブローラーの一番上と下を回転させたほうが操作しやすくなる気がしていろいろ調べると、分解してその部分のワッシャーを外せば動くようになる、との情報があり(ネタ元失念すみません)、分解を試みたが、オクターブローラーを外すにはほぼ全ての部品を分解する必要があり、途中まで分解したところで断念。

・左手中指キーにガムテープ貼る;サックスのクセで、A#を出すときに、左手人差し指でBキーとその下の細いキーを同時に触れる、っていう運指を良く使うのですがそのときに指の角度が縦になるせいかAキーにも触れてしまうので、Aキー(左中指キー)の上1/3にガムテープ貼ってガードしたら、その関連のピロ音がかなり減りました。これくらいは工夫のうちで、反則にならないよね?

・あとベンドプレートの調整でセロテープを部分的に貼るのもやってます。どこにどの程度貼るかはまだ試行錯誤中。

●いまのところの自分の設定値
・Breath Gain 28
・Bite Gain 35
・Bite AC Gain 75
・Key Delay 3〜5
・Breath CC1 002、CC2 OFF
・Bite CC1 PB Up-Down、 CC2 47

Bite CC2にはCC=47を設定(別に空いてる任意のNo.で良い)、これをMainstage経由でIFWの”Glide Time”にアサイン。Biteセンサーを甘噛みしたときはPBのビブラート、きつーく噛むと長いグライドがかかる、というふうにしてみた。


●その他

・Mainstageで、ノート信号だけ他のUSB鍵盤からの入力、その他のCC等は全てのコントローラーから入力、って設定にしてやると、EWIUSBを単なるブレスコントローラー&Biteコントローラーとして使いつつ両手で鍵盤弾いて演奏(当然和音も可)ってできるんですね。やってみたら充分実用的でした。

MIDI real-time Harmonizer買いました。楽しい。使えそう。レポートはまた後日。

・あらためてEWI MASTER BOOKと、EWI BEST MANIAXを読み返してますが、役にたつこといっぱい書いてありますね!!いまさらですが!!!EWIの吹き方に悩んでる方はやはり必携ですよ!!

  


タグ : EWIUSB

00:50  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(5)  |  Top↑

*Comment

あっ、ありますね。MainStageのプチプチ音。静電気のいたずらかなと思ってあまり気にしてませんでした。Logicではないですね。

LogicではSamplemodelingのクラリネットで信号の受信漏れがたまにあります。(私がタンギングが下手なせいです)Sax(Kontakt Player)ではないのでSWAMのせいかな?

他に不具合はあまり感じないです。

貴重な情報、いつもありがとうございます。
石井 |  2013.05.27(月) 08:54 |  URL |  【コメント編集】

■教えて下さい!

Kirinoさんのブログ大変参考にさせていただいております。
 私はewi usbを4年くらい吹いているのですが、まだまだARIAの細かい設定は自信がない状態です。
 そこで教えていただきたいのは、「Bite CC2にはCC=47を設定(別に空いてる任意のNo.で良い)、これをMainstage経由でIFWの”Glide Time”にアサイン。Biteセンサーを甘噛みしたときはPBのビブラート、きつーく噛むと長いグライドがかかる、というふうにしてみた。」
 この部分なんですが、ewiusbでながいグライドをかけることができるんですね。
この方法を詳しく教えていただけませんか?
h_bandyu |  2013.06.11(火) 12:40 |  URL |  【コメント編集】

h_bandyuさん
ようこそです。
グライドですが、EWIUSB付属のARIAでは、できません。
他の音源で、グライドのON/OFFか、グライドタイムが、任意のコントロールナンバー(CC No.)にアサインできるものなら可能です。
IFWは、単体ではできないので、例えばGaragebandでIFWを鳴らしている場合は出来ないのですが、Mainstageには、IFWの任意のツマミを任意のCC Noでコントロールできる機能がついているので、
Mainstage+IFWならグライドできます。
その他の環境でも出来るものはありますが、
どのような環境でお使いでしょうか?
Mainstage+IFWでの設定は、週末時間がとれたら記事にしてみますね。








Kirino |  2013.06.11(火) 12:54 |  URL |  【コメント編集】

■ありがとうございました!!

ありがとうございました。やっとmain stage3をインストールしたところです。いろいろといじったのですが、まだよくわかりません。少しずつでも学習してうまく使えるようになりたいと思っています。
h_bandyu |  2013.07.20(土) 21:40 |  URL |  【コメント編集】

■現在の環境は

imac(27インチ)+ewiusb+IFW・・Garagebandで使っています。
h_bandyu |  2013.07.20(土) 21:45 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |