--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  この記事のみ表示  |  スポンサー広告  |  Top↑

2005.04.30 (Sat)

DVD / Jaco Pastorius Big Band Live in Japan

ジャコパスのワードオブマウスビッグバンド1982年の武道館公演がDVD化。

(画像はhttp://img.hmv.co.jp/image/jacket/190/10/7/9/593.jpgの引用)

曲目、演奏者、価格等は
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1079593
参照。軽く検索したところではアマゾンでは取り扱い無し。タワレコ等にはありますが価格的にはHMVが一番安いかな?

もう、私的には、この時の来日公演からセレクトされたCD
TWINS1&2~ライヴ・イン・ジャパン
TWINS1&2~ライヴ・イン・ジャパン

の演奏が、ラージバンドにおけるジャズの最高峰のひとつだと思っているので(何回聴いても信じられない演奏だ・・)。HMVからお知らせメールが来たときには躊躇なく予約ボタンをポチッと押しましたよ。

で、発売日の翌日に届いて、何度か見ましたが。
凄い~。
まずJacoの姿。ベースを弾く。ステップを踏む。それだけでむちゃくちゃ格好良い。単なるJazzプレイヤーではないオーラが出てます。
ミンツァーやランディの姿。オーラまでは出てませんが演奏の「間」やランディがエフェクタレベルをいじるタイミングな等を映像で確認できて、納得。
Sophisticated LadyにおけるTootsとJacoのDuo。インタープレイ中の表情をアップでたっぷりと見れる。
ただただすばらしい。

もっとも音声はヒスノイズが目立つしモコモコしてるし、しかもモノラル録音。普通にスピーカーで映像見ながらなら映像の迫力で音の事など気になりませんが、ヘッドホンで聴くとやっぱりつらい。
映像の方も、許せる範囲ではありますが。お世辞にもクリアではないし、アングルももう少しなんとかならないのか、というところも多し。

でもそんなことは些細なこと。
音声はTWINS聴いて脳内修正すればいいし。
(でも逆にTWINSかその編集盤の"INVITATION"のどちらかを聴いた上でないと楽しみ半減というのはあるかもしれませんが)
「歴史」的演奏を80分いつでも誰でも見ることができるだけで充分すぎる価値があります。
というわけで、必見と断言です!

タグ : ジャズ DVD CD

14:34  |  この記事のみ表示  |  CD/DVD  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。