--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  この記事のみ表示  |  スポンサー広告  |  Top↑

2013.03.29 (Fri)

NLog MIDI/Pro Synthのウインドシンセ用設定

少し前の記事(その1その2その3)でiPod Touch上のシンセアプリNLog MIDI Synth をWX5で鳴らすというのをやりましたが、その音づくりに関してコメントいただきましたので、別途記事として書いてみました。

iPod Touch/iPhone用のNLog MIDI Synth
IPad用の NLogSynth PRO
Mac用の NLogPoly Synth
とも、プリセットには、ウインドシンセに好適な設定な音色が入っていなかったので、前のエントリの演奏では、自分でつくった音色を使いました。といっても作った、とは言えないほどシンプルな設定ではあります。NLog MIDI Synthのファイルは Prosynthでは読めないみたいですので、NLog synthのウインドシンセ向けのセッティングを簡単にご紹介。

1. 音色は、ユーザーバンクからdefaultを選びこれを元に修正する(SndまたはLoad→User 2などから選択)。

2. Filterの項目から、Typeを「LP4」または「LP2」にする

その後、下写真の丸をつけたところをいじる。なお、下の写真はMac用の NLog Prosynthの画面です(クリックで拡大)。(実はその後Mac用も買ってしまった)画面構成はiPhone用、iPad用と違うかもしれませんが、どこかには同じパラメーターがあります。
NLogPoly Synth-1

3. FilterのCutoff、またはPerformanceのCutoff(写真では緑丸)に、MIDI Learn機能を使うなどして、ブレスコントロール(コントロールチェンジ(CC) 2)を設定します(2以外でも良いですが、とにかくウインドコントローラーのブレスセンサーの出力の番号)。要するに、ブレスでフィルターを動かして音量調節します。なお、もし、フィルターで音量調節するのがイヤならば、画面中央のVolumeノブにCC2を設定します。

4. ENV1とEVV2のノブ(赤四角、青四角)をSustainは1、他は全てゼロに設定。

5 .Sys→Controlの項目から、Pitch Bend Intervalを2に設定(2以外でも良いですが、まあ2が標準的)

6. 青丸のとこをLegatoに設定(NLog MIDI SynthではKeybの項にある)

6.NLog内蔵のエフェクトで、少しディレイをかけるか、リバーブをかける

とりあえず、これだけ設定すれば、ブレスで音量&音色変化する、普通のウインドシンセ音色になるはずです。
微調整として、
・音色の明るさを調節したい場合は、青四角で囲った「→Cutoff」をいじります。
・息を入れたときの音色の変化のカーブを変えたいときは、Filter項目TypeをLP4、LP2どちらか好きな方を選ぶ。
・音の立ち上がりのアタックが強すぎて耳障りなときは、青丸の「Attack」を少し増やす(0.1とか)

音色を変えたい場合、Oscの項から、好きな波形を選択します(下写真)
NLogPoly Synth-2

以前のエントリで使った音色はどれも、OSC1のWAVEをfuzにして、OSC Mixは0(つまりOSC1しか鳴らさない)にしたものです。ただし宝島の中間部分の音色は、OSC2のWAVEのsawだけ(OSC Mixは1)にしたもので、X-YパッドでOSC Mixの割合を変えるようにしました。
NLog synthのOSCのWAVEは、ほどよくウインドシンセ向きの波形がいくつか入っているので、波形の種類を選んで、OSC Mixで混ぜる割合を変えるだけで、結構いろんな音が出せるのが楽だと思いました。

以上、簡易版の説明でしたが、まずはこれだけやれば、そこそこ楽しめるのではないかと思います。
もう少しがんばればもっといろいろなことはできるとは思いますが
NLogのちょっと弱いところは、ブレス(CC2)で、同時には1つのパラメーターしか動かせない(上記ではカットオフ)ところで、細かいことをやろうとすると限界はあるので、むしろリリコン黎明期のウインドシンセみたいに、1VCOのSaw波をフィルターカットオフだけで演奏、みたいにわりきって使えばいいかなー、と現段階では思ってます。
というのも、あの「IFW」のiOS版が現在開発されつつありまして、モバイルウインドシンセは、そちら待ち、というのが実のところなのであります。



タグ : iOS

23:01  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(8)  |  Top↑

*Comment

Kirino様、わざわざウインドシンセ用の詳しい音作りの説明までされてありがとうございます
音作りはSynth1辺りで色々と研究してみようかと思っていたところでした

MIDI LaernではなぜかCC#1しか当たらないので、Knob項目でディスプレイ下の4つのパフォーマンスノブにブレスコントロールで変化させたいパラメータに割り当てた後MIDIの項目でそれぞれのノブにCC#2を割り振ってみたのですが、最後に割り当てたパラメータしか反応しないですね
それぞれ別のCCナンバーでないとダメみたいです
EWI USBのコントロール出力はBreath CC1、CC2、Bite CC1、CC2の4つがあるのでそれぞれに割り振られたCCナンバーをノブに割り当てればいいかもしれません
通りすがり |  2013.03.30(土) 02:58 |  URL |  【コメント編集】

>EWI USBのコントロール出力はBreath CC1、CC2、Bite CC1、CC2の4つがあるので

ああ、そうでした!ブレスで任意の2つを出力できるのはEWIUSBのアドバンテージですね。最初買ったときは何の為に?と思いましたがいろんなソフトシンセを触るたびに、ああ、そのためなんだな、と実感します。そう思うとEWIUSB+iOSもアリアリですね。もうちょっと小型で安価で電池駆動可能なVMIDIみたいの出ないかなー。
Kirino |  2013.03.31(日) 21:59 |  URL |  【コメント編集】

■SampleTankのCCナンバー

>ブレスで任意の2つを出力できるのはEWIUSBのアドバンテージですね。

WX-5もEWI4000sも息を吹き込むだけで同時にCC#2、CC#7、CC#11の3つのCC信号(4000sとUSBは更にアフタータッチ)が出力できるんですよ
しかし、EWI USBのアドバンテージは2つのブレス出力と更に2つのリップセンサー出力のCCナンバーを1-119の範囲で変更できることです

iOS版のSampleTankですが、Bernie Kenerson氏が自分の動画でEWIUSBならフィルターカットオフを制御できると言っていたので、マニュアルを(購入してユーザー・製品登録しないと落とせない)見てみましたが、以下の通り

#07 Volume
#10 Pan
#71 Filter Resonance
#72 Envelope Release
#73 Envelope1 Attack
#74 Filter Cutoff Frequency

#075-087 effect部分の最初の12のノブ

#091 Reverb Send Level

EWI USBでブレスを#07(必須ですね)と#74に割り当てれば最低限の表現は出来そうですよ

ちなみにSampleTank、七日まで40%オフセールやってます(アドオンも)
通りすがり |  2013.04.03(水) 02:39 |  URL |  【コメント編集】

遅れましたが貴重な情報ありがとうございます。
EWI4000sはもってないのでわからないのですが
WX5は、CC#2、7、11のいずれか一つがブレスで出せる(複数同時には出せない)のでちょっと残念なのです。リップセンサーは、PBもしくはMWと同時に、CC18を出すこともできます。
EWIUSBはブレスとリップに「任意の」2つが同時に出せるのが良いですよねー、ほんとに。
SampleTankは、教えていただいたとおり、#7と#74でEWIUSBなら問題無くいけそうですね。情報ありがとうございます。
Kirino |  2013.04.07(日) 17:08 |  URL |  【コメント編集】

コメント欄がwiki替わりになってるような感じですが…
iOSデバイスを音源にする情報でここを見る他の人の為にもと思いました

WX5のCC出力ですが、ウィキが情報の根拠でしたので多分4000sも同じだろうと思います
ちなみにSampleTankは音楽プレーヤーを背後にして立ち上げるとプレーヤーが停止してしまいます

SunrizerXSを少し見てみたのですが、ParamsタブのTransform MIDI Velocity項目でVelocity値に合わせて変化させるボリュームとフィルター1、2のカットオフ幅の設定が出来ます
コントローラー側の設定でVelocity値を固定にしなければCC#7でも音量と音色が変化してくれそうですけど、このアプリも音は良くても楽器としてまともに鳴らせる音色がほとんど入っていないので検証してません
通りすがり |  2013.04.09(火) 23:20 |  URL |  【コメント編集】

MidiBridgeというMIDIチャンネルやCCナンバーをマッピングするアプリがあります。
これにCoreMIDI Net機能があってVirtual MIDI対応アプリならWifiネットワークMIDI経由でMacやPCから鳴らすことができます。
iRigも必要ないです。
またまた通りすがり |  2013.04.18(木) 22:13 |  URL |  【コメント編集】

重ね重ね貴重な情報ありがとうございます。
>WifiネットワークMIDI経由
遅延がなければ最高ですがその辺どうなんでしょうかね・・・


ところでその後、iPhone用アプリでは「Magellan Jr」を試しました。
かなり(全て?)の数のパラメーターが任意のCCで操作できて、かつひとつのCCで複数のパラメータを動かせて範囲も指定できる、その他機能もiPhone用シンセアプリでは最も豊富な印象、音もなかなかエグイ、とかなり好印象でしたが、フィルターをブレスで動かしたときのノイズはちょっと多めでした。あんまりブレスでフィルターを動かさないのならMagllen、フィルター重視ならNlogかなあ、というのが現段階の印象であります。

Kirino |  2013.05.12(日) 12:04 |  URL |  【コメント編集】

Magellan Jrの情報ありがとうございます。
プリセット音色300音とか凄いですが、これも他のシンセアプリを同じくiPad版が別なんですね~。
セールの時に試してみようを思います。

>WifiネットワークMIDI経由
当方の環境はWinですが、CoreMIDI Netは元々OSXの機能でWin版(rtpMIDI)はプロトコル等を移植してコンソール類もパクった無料ドライバーなので純正同士のMac-iOS間ならもっと遅延を減らせると思いますけど、どの程度遅延が発生するかは分かりかねますね。
私の環境では1ms~200msまでまちまちで安定しません。
MidiBridgeは、ネットワークMIDI機能目当てで購入したわけではなく、ノートスプリット等が出来るのでそっち目当てでした。
本体にこの機能がある一部アプリはMidiBridgeが要らないです。
いつもの通りすがり |  2013.05.14(火) 14:01 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。