2013.02.23 (Sat)

iRig MIDI (iOS機器用MIDIインターフェース)

最近買ったものシリーズ。 iRig MIDI
iPhone/iPod Touch/iPad用のMIDIインターフェースです。

公式ページ:
http://www.ikmultimedia.com/products/irigmidi/

WX5と手持ちのiPod Touch(第四世代)でウインドシンセをやるために買いました。

いずれiPhoneやiPod Touchでウインドシンセをやってみたいなーとは思っていたのですが、手持ちのiOS機器は一世代前のiPod Touch(第四世代)だけだし、iOS機器のコネクタは旧型ピンからLightningコネクタに切り替わりつつある過渡期でLightningコネクタの小型MIDIインターフェースもまだ市場に無い段階ということで、来年あたりやってみようかと思っていたのですが、とある理由で急ぎで試したくなり、購入。
小型タイプとしては現在3機種出ていますが、
こちらの記事↓
http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dal/20110829_473739.html
を参考にさせていただきまして、そのなかから、唯一使用しながらの充電と、MIDI Thruが可能という点で、やや大きめということは我慢して、iRig MIDIを買いました。一応、3機種とも貼っておきます。違いは前述の記事の通りですが、価格的にはMIDI Mobilizer IIが現段階では一番こなれているようですね。
  
なおMIDI MobilizerはIIでない安いタイプもありますが、Core MIDI規格に対応していないので、使えるアプリが限られると言うことでパス。

いくつかのiOS用シンセサイザーアプリで試して見ましたが、どれも問題無く動きました。シンセアプリのレポートは別途書きますが、iRig MIDIそのものの感想としては

・大きさは使ってみたら別に気にならない大きさだった。
・30ピン仕様だけど、脱落防止のピンはついていないので、脱着しやすくてよいが、使用中に引っ張って抜けないようにきをつけないと。
・第四世代iPod Touchは、30ピンコネクタの隣にAUDIO出力端子があるけど、特にこれに干渉せず問題無く同時使用できる。
・MIDI IN/OUT信号が来ているよー、を表すLED表示があって、よかった。(YAMAHAのはこれが無い)アプリの起動順番や、切り換えなどをしたときに、インターフェースを認識しない場合があり、LED表示があったほうが判別しやすい為。
・使用しながらiOS機器本体の充電が可能(YAMAHAとLine6は不可能)なのはやっぱり便利。例えば2時間のステージ中は、充電池だけでじゅうぶん持ちますが、練習とか音づくりはもっと長時間になるわけで、本体充電中にMIDIインターフェースが使えない、となると結構不便ですし、シンセアプリをずっと表示&鳴らしていると、通常より電池の減りが速いので、唯一充電ができるiRig MIDIはその点大きく便利。
・MIDI Thruはまだ使ってません

あと数ヶ月したらLightning端子対応のMIDIインターフェースが各社から出てくるとは思いますが、30ピン仕様、あるいは今すぐ欲しい、という場合は、上記理由で、個人的にはiRig MIDIがおすすめかなー、と思いました。

タグ : ハードウェア

23:10  |  この記事のみ表示  |  CD/DVD  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |