--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  この記事のみ表示  |  スポンサー広告  |  Top↑

2005.04.19 (Tue)

Soulbop Band Live /Bill Evans, Randy Brecker

soulbop.jpg

3月発売された新盤。輸入盤のほう買っちゃいまいした。
これ2枚組12曲の輸入盤と3曲減らして1枚にまとめた国内版があります。どうせなら2枚組の輸入盤がオススメです。amazonのマーケットプレイス利用なら国内盤とあまり違わない値段で入手可能。

→輸入盤
→国内盤
amazon.deで[→Link]試聴可能

Randy Breckerを中心としたセッションバンドのライブ盤。SoulbopというよりはFunkbopに近いと思いますが、一曲目を聴けば大体雰囲気わかりますがなんというか非常に良い意味で荒削り、あんまり細かいことはいわず無理に難解なこともやらず、ノリ重視でバリバリ盛り上がるお祭りイケイケバンド、って感じで大変良いです。
RandyとBill Evansのユニゾンは、Brecekr Brothersほどピッタリは合ってません。が、むしろそのラフさがセッションぽくて丁度良いです。逆に言うとランディとマイケルって気持ち悪いくらい揃ってたんだなーということに気づきます(笑)
セッションバンドとは言ってもかなりの期間同じメンバーでツアーを廻った後の演奏なのでリハ不足ということはなく、進行に不安感はありません。
まーとにかく全員吹きまくり弾きまくり叩きまくりなんですが特にRandy、本作では今までのBrothers名義作、ソロ名義作、のどれよりも吹きまくってます。ここまで熱いRandyは滅多にないと思われます。最初から最後まで薄く(時には深く)エフェクタを書けて吹きまくります。Randyファンにはかなりオススメ。
Bill Evansもソプラノがかなり良いです。Victor Balleyすごーい。個人的に贅沢を言えばSteve Smithのドラムにもう少しヒネリがあればなおよかったかもー。

別に特に目新しいことはやってないけどイケイケなライブを一回聴いて大満足、ってのが率直な感想な一枚でした。

タグ : ジャズ CD

11:50  |  この記事のみ表示  |  CD/DVD  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。