2012.01.08 (Sun)

IFWとM1を重ねてみた

マイケルブレッカーがよくつかっていた定番音色で、鋸系アナログシンセとサンプリングのハーマンミュートトランペット音色を重ねるという音色がありまして、先日導入したMainstage2の練習がてらそのイメージで設定して、WX5で吹いてみました。なお、ヘタです。

WX5-IFW+MuteTP (TEST) by wx5workbook

設定としては、アナログシンセ音としてIFWで、プリセットの"Your Christmas"という名前の音色ほぼそのまんま。Muteトランペットは、最初Mainstage付属の音源から探したんですが良いのがなくて(TpはあるけどMuteTpはない)、EWIUSB付属のARIAのMuteトランペットの音色もうまくはまらなくて、結局Korg Legacy CollectionのM1のJazzMuteTp(No. M21 04)をちょっといじって(ビブラートやフィルターを無効など)、Mainstage2上でレイヤーしました。M1はそのままではブレスコントローラー(CC#2)に対応してないんですが、Mainstageの機能でCC#2でM1のExpressionを操作する設定にするとブレスで音量が変わるようになりました。このとき音量変化のカーブも細かく設定できるので、ここらへんをうまくあわせて、IFWと重ねても音量変化のバランスが違和感ないように設定しました。このへん細かくきちんと追い込めるのはやっぱMainstage良いですね。

ちなみにこのM1ですが、これも破格といって良いのではないでしょうか現在4800円。また、MS-20等の6種をまとめたバンドルセットが19800円。
なお、KorgのミニUSB鍵盤、microkeyにはM1のライト版が付属していて、このバンドルセットへのアップグレードが9975円でできるので、僕もそれを使って都合18000円程でmicrokeyとLegacy collectionをゲットしました。特にM1とMono/Polyは音色そのものはウインドシンセにかなり使えそうな印象だったのですが、ブレスでどうやって音量&音色変化させるかの設定がかなりややこしかったんですがMainstage導入で解決しそうでうれしいです。


タグ : WX5 ソフトシンセ 録音してみた

00:42  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(2)  |  Top↑

*Comment

■GarageBandとMainstage2

はじめまして。
KirinoさんとヒゲMacさんのブログには大変お世話になっています。
私は、EWIをはじめて約1年。
GarageBandとソフトウエア音源にてEWIを楽しんでいます。(研究中)

さて、今回、Mainstage2の存在を知り調べていて、またまたこちらにたどり着きました。
Mainstage2に興味があるのですがEWI使いにどのようなメリットをもたらすのかがいまいちわかりません。(情報が少ないですね。)
お薦めのサイトがありましたら教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。
Okamo |  2012.08.16(木) 11:07 |  URL |  【コメント編集】

>Okamo様
はじめまして、ようこそです。
Mainstage2は私もコレ、というサイトが見あたらず付属のヘルプファイル首っ引きでなんとか使っています。
私が思う範囲で、EWI吹きにとっての、GarageBandと較べてMainstageの最大のメリットは、本文記事のように、異なるソフト音源を重ねて鳴らせること、また、ソフト音源間のクセ(ブレスに対するレスポンスカーブなど)を吸収するような細かい設定ができることです。
逆に言えば、ソフト音源を複数重ねないのであれば、Garagebandでも充分であるとも思います。

あとは、Mainstage2付属のソフト音源とエフェクトそのものもとても出来が良いこと、そのなかにGarageBandと共用の拡張音源やループ集が大量に含まれていること、EWI4000s本体やフットスイッチでプログラムチェンジ等を送って瞬時に音色を切り換えたりできる、といったところでしょうか。いずれにしろ¥2600なので損は無いと思いますが、使いこなす時間はそれなりにかかると思いますので、現状Garagebandで不満が無いのであれば、それでも充分だと思います。
Kirino |  2012.08.16(木) 23:21 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |