2011.04.24 (Sun)

iReal b: iPhone用練習の友アプリ

iPhoneが出た当時から有名でしたiReal bookというアプリ。その名の如く、いろんな曲のコード進行を表示できて、しかも買ったときからいわゆるReal bookに載ってるようなスタンダード曲のコード進行1000曲以上の進行が内蔵されていて、しかもボタンひとつで簡単に移調表示できてしまうというアプリで、メロディー楽譜は出ないものの、その便利さから僕の周りのiPhone(もしくはiPod Touch)を持ってるアマチュアジャズ屋さんはもみんな持ってて、アマチュアセッションではそれぞれがiPhoneの画面みながらセッションなんてこともあったり。
で、昨年半ば頃でしたか、自動伴奏機能という劇的なバージョンアップがありまして、僕にとってはこの為にTouchを買ってもいいくらいの神アプリになりました。

iReal b iReal b - Technimo LLC

最近、著作権の絡みで名前が「iReal b」に変わり、購入した状態で1000曲内蔵、という状態ではなくなりましたが、購入後アプリから「Forum」に飛んで、曲ファイルを無料ダウンロードできるので(Jazz 1200曲とか、フュージョン、とか、クリスマス曲とか、ビートルズいろいろ、とか、スティービーワンダー詰め合わせとか、ほんとにいろいろあります)、セッションの練習に使うような曲なら自分で打ち込む手間無く、簡単にカラオケができてしまいます。まあもちろんキメがバリバリのFusion、とかはきびしいんですが、普通のジャズの曲でコードを確認しながらの練習、には充分すぎるカラオケが手軽にできます。

自分でコード進行打ち込むこともできるので、バンドスコアなど見ながら5分位でさくっとコードを入れてみたのがこれ。
日本のウインド吹きのスタンダードかな(?)


(画面は前半部分のみです)

こんなのをさくっと打ち込んで、スタイル(4ビートとか、ボサノバとか)を選ぶとカラオケ演奏してくれます。(お試しのジャズスタイル以外は、追加購入が必要)ヤマハのQYとか、PC用のバンドインアボックスのイメージですね。それらほど細かいことはできないけど、AとBで勝手に微妙にパターン変えてくれたり、曲の最後は特に指定して無くてもちゃんと先頭のコードで終止してくれるし、アドリブ練習のニーズがわかってる気の利いた仕様になってます。

というわけでこのボサノバスタイルで演奏したカラオケ、これはwavで書き出ししてパソコンに転送できるので、これをGarageBandに持って行って、先日からお試し中のyanaseさんのソフトFM音源「FMHorns」をWX5でコントロールして一緒に録ってみたのが、こんな感じです。

Omens (WX5/FMHorns/ iReal b) 2.1MB MP3

とーにかく簡単に練習用カラオケができるので、持ってない方はおすすめですiReal b。

なお、FMHornsのほうですが、時間をみて試してはいるのですが、なかなか音づくりが難しい・・・というか私がFMのキモを全然わかっていないのが悪いのですが。音づくりに関しての自分の才能の無さをあらためて痛感する今日この頃。なかなかコレという音ができずくやしいです。。
現段階ではバグっぽいところは無いですが、音づくり以外の操作性とかの若干の要望はあったりしますが、もう少しまとめて報告させていただきますね(yanaseさんなかなか報告できずすみません)

タグ : WX5 ソフトウェア 録音してみた

23:39  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(1)  |  Top↑

*Comment

すごい!音楽とEWIの1年生から進級したばかりの私にはそこまで軽いインプロバイズができないので驚きです。

コードは読めますが、音符は軽々とは読めないので楽譜系のアプリやらはほとんどあきらめているBinkyです(>.<)

でもカラオケ出来るなんて、これライブではいい感じですねぇ・・・。
BinkyBlue(ヒゲMac) |  2011.04.25(月) 11:00 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |