2010.06.13 (Sun)

WX5とARIAでFluteでBachしてみた

もうしばらく本業中心の生活で楽器練習の時間は最小限が続く昨今の管理人でありますが、そんな中で最近は指の練習を兼ねてバッハの無伴奏曲を練習してます。音の跳躍とかやたら難しくて練習になりますが、難しいために難しいわけでなくて非常に美しく音楽的なので難しくても吹きながら感動できるのが良いです。

楽譜としては前にも紹介した無伴奏チェロ組曲のサックス編曲版と、
(そういえばその後日本語版が出ました。)


それから、その後買った

から何曲か練習してます。後者の楽譜ですがバッハの無伴奏曲から何曲かセレクトしてサックスorオーボエで吹けるように編曲したものでして
・フルートパルティータ(BWV 1013)
・チェロ組曲 (BWV1007、1008、1009、1010)
・バイオリンソナタとパルティータ(BWV 1001、1003、1004、1006)
を収録、一応スラーやブレスの位置が書いてあってアーティキュレーションの参考になります。あ、でもチェロ組曲は最初に紹介したATNの日本語版のほうが難しくない調で書いてあって吹きやすいのでATN版をおすすめしますが、
フルートとバイオリンは普通に吹きやすいです
出版社のサイトで詳しい収録曲と楽譜のサンプルが見れます
http://melbay.com/samples.asp?ProductID=96528


中でもフルートパルティータはもう何ヶ月も結構がんばって練習してるんですが難しい・・・・・・ま、完成度を求めるとキリがないので、とりあえず現段階の記録ということで思い切って録音してみました。きちんとこの曲を習っている方が聴いたらアーティキュレーションとか噴飯モノだと思いますスミマセン

Partita for Flute (Allemande) Bach BWV1013 (WX5 + ARIA) (MP3 2.4MB)

一応サイトの趣旨上ウインドシンセで演奏してまして、コントローラにWX5、音源はEWIUSB付属のARIAで音色はFlute、録音後に別のソフトでリバーブを少しかけてます。
音色の設定は特にしてませんが、WX5はベンドをオフにしてます。
WX5とVL70-mの笛系の音色でも練習してるんですが、なんつーか、VL70-mはARIAより息に対するレスポンスが良いようで、逆に自分の息の量のコントロールのムラ・下手さが目立ってしまうのでした。そんなわけで、その辺が「ごまかせる」ARIAを音源に使ってます。ほんとはもうちっと"音色変化を伴う深くて速い息によるビブラート"をかけたかったですが、そこらへんはARIAは苦手みたいです。でもおかげで下手さは目立ちにくいので、上の録音もそのおかげでだいぶ助かってます。そのうちWX5とVL70-mでも上手く聞こえるようもっと練習せねば!!

ちなみに同曲のホントの演奏はYoutubeとかにいっぱい出てますが例えば
http://www.youtube.com/watch?v=lhYNwODAkBQ

またとりあえずこの曲の楽譜を見てみたいという場合は
http://www.free-scores.com/download-sheet-music.php?pdf=11597
とかもあります。練習にどうでしょうか? (もちろん売譜のほうがしっかりしてますが・・・)

タグ : WX5 録音してみた 教則本

01:54  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |