--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  この記事のみ表示  |  スポンサー広告  |  Top↑

2009.08.20 (Thu)

ソフトシンセ3種

ウインドシンセ系ソフトシンセ情報がいくつかたまってきたのでメモ的にエントリー。

♪Garritan Personal Orchestra 4

 EWIUSB付属ソフトシンセARIAの開発元Garritan社から、ARIAと同じサウンドエンジンを使ったソフトシンセGarritan Personal Orchestra 4が出ています。149.95ドル。
http://www.garritan.com/products_gpo4.html
リンク先に簡易マニュアル、音色リストへのリンクほか、

GPO4 is further optimized for use with the AKAI EWI Wind Controllers


一文があります。

僕的にはシンフォニックオーケストラの音色を欲しいと思う場面が少ないのでいまのところ様子見ですが、どの程度ウインドシンセとの相性が良いかとか、EWIUSB(ARIA)付属音色をインポートして使えるのかとか、興味津々。もし試された方がいらっしゃいましたら是非ご意見を伺いたい次第であります。

♪The Sax Brothers

サンプリング&物理モデル併用のThe Trumpet、Mr Sax Tで知られるSampemodeling社からテナー、アルト、バリトンをバンドルしたThe Sax Brothersが出ています。日本版もあり。
http://www.minet.jp/samplemodeling/the-sax-brothers
確かにデモを聴く限り、パラメーターの打ちこみ併用で使い込めば、現行出ているソフトシンセの中では一番リアルなサックス音色が出るような気がします。EWIでの完全リアルタイムコントロールではどこまでいけるかなーとも思いますが、、実際に試していない私がいろいろ言える立場ではないので後略。

蛇足ながら、日本語版トップページではBernie Kenerson氏がEWIで演奏するMr Sax TへのYoutube動画へのリンクがあるように大活躍のKenerson氏ですが遂にakaipro.comにも公式紹介ページが出来ました。
http://www.akaipro.com/kenerson

♪OP-X Pro
オーバーハイムOB-Xをシミュレートしたソフトシンセ音源が発売になっています。ブレッカーが愛用したオーバーハイムがやっと本格的にソフトシンセ化、デモ音源を聴く限り音も良いし、パラメータを見る限りなんとなくRotateモードも使えそう??ということで、すっごく使いたいのですが、いかんせんWindowsのVSTi専用仕様ということでMacな私としては、試用版を使うことさえ非常に敷居が高く、非常に残念ながら様子見。日本語版13800円、Mac版が出ればかなりの確率で買うとは思うんですが。。。。

日本語版発売元(Media Wave)
https://www.grantech.co.jp/shop/

日本語版販売元オフィシャルレビューとデモ
http://musictrack.jp/index.php?pid=report&id=op-xpro

開発元sonicprojectsには機能制限のFree版もあるんですがこれがウインドシンセで操れるかどうか不明。
http://www.sonicprojects.ch/obx/welcome.html

試した方がいらっしゃいましたらこれも是非感想を伺いたい次第であります。



タグ : ソフトシンセ

22:20  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。