2009.03.02 (Mon)

教則本/ザ・ジャズ道・アドリブの扉

なんと私が崇拝する池田篤さんの教則本が出ました。当然買いましたよ!!!

4636840305アルトサックス ザ・ジャズ道 CD付 アドリブの扉
池田 篤

ヤマハミュージックメディア 2009-02-19
売り上げランキング : 49063

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


収録曲などは出版元のページ↓を参照。
http://www.ymm.co.jp/p/detail.php?code=GTW01084030

上記はアルトサックス用ですが、
テナー用、トランペット用も同時に出ています。収録曲は同じでデモ演奏違いです。
付属のCDは収録曲のカラオケ演奏とデモ演奏です。アルトとテナー用は池田さんの演奏、トランペットバージョンは岡崎好朗さんの演奏です。カラオケはピアノトリオ。内容としては、ジャズサックス入門者向けであります。全10曲とも、シンプルなメロディー吹奏と、ごくごくシンプルで譜面的にはすごく簡単なアドリブ演奏(メロディー、アドリブともデモ演奏通りの譜面つき、1曲3分程度)からなっておりますので、1年以上吹奏楽でサックスをやったくらいの方が、ジャズサックスやってみたい、アドリブしてみたい、けど、どこから手をつけていいのか全然わからない、というときの第一歩、まさしくタイトル通り「アドリブの扉」にうってつけの本だと思います。ジャズの吹き方(アーティキュレーション)の基本や、ごくごく初歩のジャズ理論も非常にわかりやすくとっつきやすく書かれていますので、そちら方面の「扉」にもなります。
この系統の教則本だと、ATNから出ている「イージージャズコンセプション」シリーズがありますが、それをさらにわかりやすくとっつきやすくした感じ。初心者向けですので「書いてある」内容は中級者以上には正直物足りないものではありますが、中級者以上に参考になる一番のポイントは、「池田さんのシンプルな吹奏」がじっくり聴けるというところ。とにかくこの池田さんのスピード感がありながら余裕と優しさと暖かさを感じる音、息づかい、ビブラート、微妙なアーティキュレーション、これを聴き取りやすいシンプルな演奏でじっくり聴けるところは初心者から上級者まで参考になると思います。最後のデモ曲の「When I Fall In Love」は特に絶品です。難しいメロディーフェイク、アドリブを入れないという初心者向け教則本の制約の中でも、音色と歌い方だけでこれだけ感動的な演奏ができてしまうという最高の例であります。あと、バッキングカラオケのピアノトリオ(p石井彰、B上村信、Ds高橋徹)がまたすばらしく、他の教則本と一線を画しているところでもあります。
ちなみに巻末に「宿題」としてコードの1度2度3度5度の4つの音で練習しましょうというのが載っていますので、もしかしたら続編もあるのかなあ・・・と期待しております。おすすめっ!

タグ : 教則本

00:05  |  この記事のみ表示  |  サックス  |  TB(0)  |  Comment(3)  |  Top↑

*Comment

■ありがとうございます

はじめてコメントさせていただきます。

EWI(4000S)を購入した約1年前から、時々ROMにてお邪魔させていただいています。
ここで紹介された教則本も早速入手し、今日届けられ早速CDを1回通しで聴いて、いきなり初見でやって見ました。

それとは知らずに傍らでそれとなく聞いていた息子が「最近は難易度高そうな曲になったね」と言うのを聴いて、譜面の簡単さとは裏腹に聞いて気持ち良く、それっぽく難しそうに聴こえるCD伴奏付き譜面というのは中々無いと思います。

もちろん、記譜が簡単でも名曲ばかりなのでとても奥深いので、いつになったら満足な演奏になるのかとはおもいますが、あらためて良い教則本だと思いコメントにてお礼を申し上げる次第です。
まつい |  2009.03.10(火) 22:07 |  URL |  【コメント編集】

まついさん
はじめまして、コメントありがとうございます。
本Blogが少しなりとも何かの役にたてれば幸いでございます。
僕も教則本買ってから、何度もCD聴いてますが、聴くほどに気持ち良いですね~。
さすが池田篤さんというしかないっ!!
ちなみに池田さんのHPは
http://www.h4.dion.ne.jp/~ats/
です。ジャズアルトがお好きな方には是非ライブを生で聴いて欲しい方です。
Kirino |  2009.03.11(水) 23:27 |  URL |  【コメント編集】

高橋徹氏、頑張ってるなぁ…。

これ買いますよ。ええ。
D-O |  2009.03.31(火) 13:21 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |