--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  この記事のみ表示  |  スポンサー広告  |  Top↑

2009.01.06 (Tue)

EWIUSB レポート(その10:sfzファイルをいじってみた)

EWIUSB(ARIA)の各音色の挙動を定義する.sfzファイルを書き換えてみた結果のメモ。

なにも参考書がない状態でとにかく無鉄砲にいじってみました。
Macの場合について書いてますが、Windowsでも同様だと思います。
素人なのでメチャクチャやってるかもしれません。他の良い方法やリファレンスの所在等ご存じの方は教えてください。

はじめにおことわり。決してお薦めはしません。
もし試す方は、自己責任でお願いします。動かなくなっても、私は責任をとりません。
少なくとも、バックアップをとった上で行いましょう。
あと、少々書き方がわかりにくいと思いますが、一読してわからない方は、試さないほうが良いです。

----------------------

★ARIA付属音色のパラメータを、独自にちょっとだけ書き換えたい、場合。

EWIUSBがインストールされているフォルダに

Programs

というフォルダがあり、この中に、各音色の挙動が記述されている、拡張子が「.sfz」のファイルがある。

設定を換えたいファイルを同じディレクトリの中に複製し、好みの名前をつける(日本語は使わない方が無難)
例えば、シンセ音色の
Arp Josie.sfz
を複製して、
Arp Josie02.sfz
にする。

ここで、EWIUSBの音色選択プルダウンの「import」でこの複製したファイルを読み込もうとすると、
途中で「音色ファイルがみつかりません」みたいなエラーが出てうまくいかない。

ので、EWIUSBがインストールされているフォルダに

EWI USB.bank.xml

というファイルがあるのでこれをテキストエディタで開いて書き換える。

7行目以降、

<AriaProgram id="000" name=   (中略)    </AriaProgram>

といったように、ARIAで表示される全ての音色の名前と、そのファイルパス(所在)が1音色につき1行で、記されている。

これの、複製したい音色の行を全てコピーして、一番最後の音色の行の次にペーストする
デフォルトでは最後の行は
<AriaProgram id="081" name=
から始まっているので、その行の後に目的の音色の行を複製して、
<AriaProgram id="082"
に書き換える。さらに
name="05. Synthesizer/Arp Josie02
path="Programs/05. Synthesizer/Arp Josie02.sfz
のように、複製した音色名とsfzファイルの名前に書き換える。

上書き保存し、ARIAを起動すると、プルダウンメニューから複製したArp Josie02が選択でき、音色も読み込めるようになる(成功!)

あとは、Arp Josie02.sfzの中身を好きなように変える。Arp Josie02.sfzはテキストエディタで開くことができる。


例えば先頭のほうに

set_cc7=100 //Default volume
set_cc10=64
set_cc77=127
set_cc2=100
set_cc81=0 //no transposition

がある。
cc7=の数値を変えると、初期にMIXで表示されるvolumeの数値を変えることができる。
cc10=数値は、同じくPanの値
cc2=はControlで表示されるvolume(Breath)の値
cc81=は同じくTransposeの値。
cc77はよくわかりません。
ただしこれらの設定値がそのまま表示される値に反映されるとは限らないようです。何らかの係数がかかってるようですがそこまでは未解析。

その後も、
amplitude_curvecc7=
polyphony=
cutoff=
resonance=
とか、なんとなくわかりそうな意味合いのパラメータが羅列されてますが、実際どの程度の影響が出るかは未解析。


とりあえずひとつだけ実際に試してみてわかったことを書きますと、

前半に、
trigger=first
との記述があり、そのあとに沢山のパラメータが書かれています。
また、後半に、
trigger=legato
と書かれた行があり、同様の沢山のパラメータが書かれています。

trigger=first以下は、アタックをつけた(タンギングした)ときの挙動の定義、
trigger=legato以下は、アタックをいれない(レガート、スラー)時の挙動の定義のようです。

また
bend_up=
bend_down=
はベンド幅の定義のようです。

Arp Josieは、ベンド幅が+-2(半音2つ分)の音色ですが、

bend_up=200
bend_down=-200
bend_smooth=250

と定義されています。

一方、他のシンセ音色では初期がベンド幅+-3(半音3つ分)の音色の場合、これが
bend_up=300
bend_down=-300
bend_smooth=146
と定義されていました。

よって、bend_up=の値100につき半音分、ということっぽいです。実際300にしてみると、見事ベンド幅が+3になりました。
bend_smoothは、どう影響するのか、よくわかりません。

とりあえず今回はこんなところで終了。
もし各パラメータの意味についてご存じの方、リファレンスの所在をご存じの方は是非教えてくださいお願いいたします。



蛇足:試したけどうまくいかなかったこと

複製したsfzファイルをテキストエディタで開くと
先頭7行目に
default_path=$A/Synth/
ってのがあったので、これを音色ファイルのあるディレクトリ
(私の場合は  /Applications/Akai EWI USB/Samples/Synth/  )
に書き換えて
default_path=/Applications/Akai EWI USB/Samples/Synth/
にすると、とりあえずARIAの音色選択メニューの「import」から読み込めて、音も鳴ったのだが、
なぜだかcontrolタブでBrethのノブとtranspose値の窓が表示されないという現象がありました。
また、再起動の際、いちいち「import」しなおさなくてはいけず面倒なので、これはあまりよろしくないな、という結果となりました。


・・・・こんなことやってないでもっと曲を練習しろって???おっしゃるとおりです。


タグ : EWIUSB

00:05  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(2)  |  Top↑

*Comment

いまさらな情報かもしれませんが、
sfzファイルのフォーマットの情報は以下のURLにあります。
ただし、以下のはSFZv1で、いくつかのオペコードが
入れ替えや追加されたSFZv2の情報はネット上には見つかりませんでした。
Ariaのsfzファイルを見てみましたが、
出ていないオペコードがあったので、AriaはSFZv2みたいです。

http://www.cakewalk.com/DevXchange/sfz.asp
げきちん |  2009.03.12(木) 23:47 |  URL |  【コメント編集】

■感謝>げきちん様

おぉー!
情報ありがとうございます!
まさしくこれですこれです!
いや、自分でも探してはいたのですが、検索ワードが悪いのかどうしても見つからなかったものですから、本当にありがとうございます。
よく読み込んで、またsfzいじってみようと思います。
Kirino |  2009.03.14(土) 10:57 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。