2008.12.21 (Sun)

EWIUSB レポート(その4:WX5でEWIUSB付属音源(ARIA)を鳴らす)

えーと、プリンターが壊れまして、直すより買った方が安いということで新しいプリンターを買ってきて、ドライバソフトを入れたらなんのハズミかわかりませんが、iMacの調子が悪くなりまして、iTunesが起動しない、プリンタ設定ユーティリティーが起動できない、あまつさえインストーラが立ち上がらない、状態になりまして、しかたないのでDVD-ROMからOS再インストールしたら直ったんですがその余波でいろんなアプリも再インストールしなければならず、面倒ばかりな昨日今日でした。
AUユニットを使うEWIUSB(ARIA)もいきなり再インストールしましたよ。
まあでも、OSのトラブルは2年間使ってきて初めてなんで安定してるほうですね。

さて、気をとりなおしてEWIUSBをいじっておりますが、
本題。
付属ソフトシンセのARIAをWX5から鳴らしてみたのでレポートします。

WX5、またはWX5からVL70m経由でMIDI OUT
MIDI インターフェースでUSBに変換しパソコンに接続、
します。
ARIAを起動し、PreferenceでMIDI INを選択するとこがありますので、ここで適切なMIDI インターフェースを選べばOKです。吹けば、鳴るはず。
鳴らない場合は、MIDIの送受信チャンネルが合っているか確認。

MIDIインターフェースは今回 EDIROL UM-2EXを使用しました。
MIDIはWX5直出しでも問題ありませんが、VL70-mだと、VL70-mのほうでブレスカーブを好みで設定できる点で有利です。

ARIA側は基本的にブレスコントロール(CC#2)で音量コントロールするようですので、WX5(またはVL70-m)からはBreathを出力します。Exp(エクスプレッション、CC#11)だと音量コントロールできません。
よってWX5同様ブレスコントロールを出力するMIDIコントローラー・・・EWI4000s他歴代EWIシリーズ、WX7,WX11,あるいはBC3などブレスコントローラ、であれば問題なくARIAを鳴らせます。
ブレスコントロールが出ないキーボード等では音量変化はできませんが、一応演奏はすることができます。いまのところARIA付属音色はベロシティに対してほとんどが反応しないので、単調な演奏にはってしまうと思います。ただ、パソコン内部でMIDI信号を変換するソフトもありますので、それを使ってモジュレーションをブレスに変換とかすればキーボードでも普通に演奏できると思います。
あと、それを使えばデジホンでもいけますね(デジホンの出力はアフタータッチ)。そのうち試してみよう(笑)

レイテンシーその他、とくにEWIUSBの時とかわらないレベルで普通に吹けます。全く問題ありません。
私の場合はEWIよりWX5の操作に慣れているので、むしろこちらのほうがやりやすいのが正直なところです。
まあ、EWIUSBに較べるとセッティングが大掛かりになるので、わざわざそんなことせず普通に宇WX5/VL70-mを吹いてれば良いんですが、まあ、ARIAそのものをいじる楽しみはあります。

せっかくなのでまた録音してみました。

WX5-ARIA-SaxQuartet-Jingle Bells.mp3

16日の録音と、同じ譜面で、全く同じ音色のセッティングで、コントローラをWX5にしてやってます。
・・・まあ、あいかわらずアンサンブルはなってないんですが、自分としてはWX5の方が吹きやすいです(あくまで個人的な慣れの問題です)

タグ : EWIUSB 録音してみた

01:23  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |