2008.12.16 (Tue)

EWIUSB レポート(その2:GarageBandで多重録音)

昨日のfrjさんからのコメントにも書きましたとおり、GarageBand上でARIAを動かして多重録音をしてみました。

GarageBandはAppleの現行機種を買うと付属するiLifeといういろんなソフトの詰め合わせに入っている音楽作成ソフトです。
現行バージョンからAU(Audio Unit)をサポートしたので、AUに対応しているARIAをGarageBand上で起動させて演奏&録音することができます。


というわけで、とにかく、やってみよう、ということで、サックス四重奏を録音してみました。

SaxQuartet-Jingle Bells.mp3

やり方としては、これが一番正しいかどうかはわかりませんが、
GarageBandで新規プロジェクト作成、トラック上のピアノのアイコンをダブルクリック、右下の「詳細」をクリックして現れた「音源ジェネレータ」の下の方にAUモジュールとして「EWI USB」が出ますので選択、右に出る鉛筆アイコンをクリックするとARIAの窓が開くので、あとはARIAの方で音色を選択します。吹けば、音が鳴ると思います。

うまくいかない場合、ARIA側のMIDIのOUTの設定、EWI側の設定が適切でない可能性があるので、一旦終了して、スタンドアローン版のARIAを起動して、プリファレンスと、EWIコンフィギュレーションで設定を適切にしなおします。(これが結構面倒)
あと、そもそもARIAインストール時にAUをインストールしたかどうか確認。

ちょっと冗長ですが録音した順序をいちいち書きますと、

GarageBandでメトロノームを鳴らしながらまずバリトンサックスを録音。

GarageBandで新規トラック(ソフトウエア音源トラック)を追加して、同じようにAUの「EWI USB」を選んで、ARIAで音色選択。(テナーサックス)

前のバリトンサックスのトラックを鳴らしながら録音。

以降繰り返しして、テナーとアルトを追加

全部録音後に左右のパンを少し振り、トラック毎の音量のバランスを少し調節、マスタートラックで全体にリバーブを少しかけ、MP3に書き出して、できあがり、

という具合で作りました。

いやー、10年前から打ち込み、DTMはすっぱりあきらめて勉強していない私なんですが、
この方式だと、各トラックへの録音データってMIDI形式なんですね。全然知らなかった。てっきりオーディオデータで録音されるもんだと思ってました。勉強しなきゃ、ですね。

ちなみに音色は、
Sax Alt Jazz
Sax Tenor Jazz
Sax Tenor Band
Sax Bari
です。バッファーサイズは全て128。
GarageBandでは最後に全体にリバーブだけかけてます。他のエフェクトはかけてません。

演奏自体の出来は、かなり、アンサンブルがバラバラではありますが、ご容赦ください。
あえて、クオンタイズとかその他修正はしておりません。

なお、今回録音した譜面のアレンジは岡淳さんによるもので

Jazz Standards BY Saxophobia Vol.2-サキソフォビアによるジャズスタンダード・フォー・サックスカルテット-(演奏収録CD付)Jazz Standards BY Saxophobia Vol.2-サキソフォビアによるジャズスタンダード・フォー・サックスカルテット-(演奏収録CD付)
サキソフォビア


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

に収録されているものを使いました。
この曲集、ほかにもいろいろ良い曲が入ってます。こないだビッグバンドのサックスのメンバーでやってみたらかなり楽しかったです。付属CDにデモ演奏が入ってますが、きちんと鑑賞に堪える演奏なので、CD聴くだけのために買っても良いくらいです。おすすめ。ちなみにVol.1もあります(現在売り切れ中)






タグ : EWIUSB 録音してみた

23:20  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |