--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  この記事のみ表示  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.12.14 (Sun)

EWIUSB レポート(その1:ファーストインプレッション)

長さとキー配置を較べてみました。

上から
・ソプラノサックス
・WX5
・EWI3020
・EWIUSB
(EWI4000sは持ってないので・・・)

長さは見たとおりで、説明不要ですね。
EWI3020とEWIUSBはキー配置、ベンドプレート、オクターブローラーの中心位置と、同一位置になってます。また、僅かの差はありますが、EWIもWX5もソプラノサックスも、各指を置く位置はほとんど変わらないこともわかります。


さて、
EWIUSB、ひとしきり触ってます。
今日の段階では素直に第一印象をまとめてみます。

その前に、当方の使用環境ですが

・パソコン:Apple iMac (2.16GHz Intel Core 2 Duo)、メモリ2GB
・OS X 10.4.11
・EWIUSB付属ソフトARIAのインストール先は起動ディスク(250GB)
・外付けのHDD(LACIE製)をUSBハブとしても使ってまして、EWIUSBのケーブルはそこにつないでます。(ARIAの説明書にはケーブルはハブを使わずにPCに直接接続するように書いてありますが、とりあえず問題ないようです。)
・オーディオインターフェースはiMac内蔵のものを使用。


第一印象ですが、
「良くも悪くもソフトシンセ」
の一言、といった感じです。

【第一印象(良い点)】
・パソコン上の音楽ファイルを再生しながらの練習(カラオケや耳コピ)が手軽にできる。(EWIUSBとパソコンとヘッドホンだけで完結できる)

とりあえず、据え置きのパソコンに、シンプルなUSBケーブル一本でウインドシンセが常に接続されている状態にあるわけで、ARIAを起動するだけですぐに音が出せます。
例えば、カラオケのMP3ファイルを再生しながらEWIUSB-ARIAを吹いてヘッドホンで聴きながら簡単に夜間練習できます。カラオケとEWIの音量バランスは、MP3を再生しているソフトのほうで調節すればOK。録音したい場合、いくつか方法はありますが、例えば、パソコンで鳴っている音を全部録音してしまうソフト(Macだと例えばWiretapとか使えば、手軽にカラオケを重ねた録音ができます。
ソフトシンセでないウインドシンセ(EWI4000sとかWX5/VL70-m)とかでこれをやる場合、最低限ミキサーが要りますし、ソフトシンセの場合でも、MIDIインターフェースが要りますので、それにくらべるとお手軽ですね。
EWIUSBと同じことはWX5-ソフトシンセでもEWI4000s-ソフトシンセでもできるわけですが、それがより少ない機材・手間・導入コストでできるのが魅力ということだと思います。
特に既にかなりソフトシンセを使いこなしている人がその資産を活かしつつウインドシンセを導入するのにはベストの製品ではないでしょうか。

・ソフトシンセとしては、使い方が簡単。
 初めてソフトシンセを鳴らそうとすると、ハードシンセ以上にいろんな設定やら専門用語やらソフト間の連携やらドライバやら・・・・ わかってしまえばどうということもないですが、やっぱり入門者には超えなければいけないことがあるわけで、特にウインドシンセ用のソフトシンセの設定というとまた考えなくてはいけないことが増えるわけで、EWIUSB-ARIAの組み合わせはその敷居が比較的低いことは確かかなと感じました。

【第一印象(悪い点)】
・ソフトシンセとしてはとっつきやすいとはいえやっぱりソフトシンセで、面倒なところもあって
特にネックなのが「音の出だしが遅れる感じがする」部分。

これの解決方法のおとしどころを探るのがかなり面倒。入門者には難しいと思います。
まだARIAのマニュアルが英文簡易マニュアルしか無い状態ですが、これが長く続くのは問題だと思います。AKAIには早急なマニュアルの充実を求めたい。

で、私自身まだ試行錯誤中ではありますが、
「音の出だしが遅れる感じがする」
の原因にはいくつかありますが、

EWIの設定の「Key Delay」の影響はあまりないみたい。

一番の原因はいわゆる「レイテンシー」で、バッファーサイズの設定値の影響です。
ARIA(Mac版)はPreferenceでバッファサイズを変えますが、音色を重ねない単音の場合で、
これを128くらいにするのが良いでしょうか。
バッファーサイズを短くするとプチプチノイズが発生、長くするとレイテンシーがひどい、というのはまあ常識になってますが、
私の場合、ARIAの初期設定値が512になっていて、かなりレイテンシーを感じる状態でした(昨日のフルート音色のMP3ファイルはこの状態)
完全にレイテンシーを感じない長さは32なのですが、これだとかなりプチプチノイズが目立つ状態、254にするとノイズはほぼ大丈夫だけどレイテンシーを感じる、というところで落としどころで128かなと。
音色によってノイズのひどさが違うのも悩みどころで、64で目立つ音色もあればなんとかOKな音色もあったりと。
さらに音色を重ねると条件も変わってきて、バッファーを小さくするとノイズ同士が重なって聴くに堪えない音になる、かといって大きくするとレイテンシーひどくて使い物にならない、ということで、なかなか難しい。
どちらかというと速い機種といえる私のパソコン環境でさえこうなってしまうとちょっと考え物かなーと。まあもう少し設定を追い込まないとなんともいえないので、今日のところは「話半分」で聴いていただければと思いますが


[[[[2009年2月1日追記]]]]
上記初期値と128というサイズはあくまでも私の場合です。とくにWindows版では初期値・適切値が大きく異なるようです。またSample Lateも影響しますので、それもあわせて各自の環境で最適値を探してください。また、Windows版の場合はASIOドライバ等が必要です。詳しくは
http://www8.atwiki.jp/windsynth/pages/33.html
が参考になります。



あと、レイテンシーの他に、「音色別のEGEQの設定」 も関連しているようで、音色によっては「CONTROLS」でEGEQ値を変えられますので、これを例えば100%にすれば少し「たちあがりのもっさり感」が改善できます

[[[[2009年2月1日追記]]]]
 公開当初勘違いしてEQをEG(EqをEg)に取り違えていました。お詫びして訂正します。音色名に(TH)とついている音色は、「CONTROLS」タブに「Eq」という項目が出ます。EQ=イコライザーの意、と思われますが、これを増やしていくと、音色が明るくなります。結果として、聴感上、音の立ち上がりが鋭くなるように聞こえます。

 ARIA付属音色には、「その音色の特徴としてわざと音の立ち上がりが少し遅い」音色が結構な数入っていますので、そういう音色ではどんなにバッファーサイズを変えたりしても、もっさりした感じになります。購入したらまず、なるべく多くの音色でひとしきり吹いてみる、ことをお薦めします。それでも全ての音色で音が遅れるようでしたら、バッファーサイズやWindowsの場合ドライバをいじってみましょう。また、立ち上がりの遅い音でも、立ち上がりの鋭い音と「音色を重ねる」ことで聴感上の立ち上がりを大きく改善できます。というか、そもそもEWIUSB(ARIA)付属音色は、最初からいくつかの音色を重ねて使うのが前提のような印象をうけています(特にシンセ音色)。第一印象だけで「生楽器や他のEWI、WX/VLと感覚が違って全然使えねー!」と判断せずに、しばらくはいろいろいじってみると、良いと思います



・音色数がまだまだ少ない
正直、気に入った音が少ない。
自分で音色を作り込めない分、特にシンセ音色はもう少し選択肢を増やして欲しい。
いずれにしろ、日本向けの売り上げを考えるのなら「すくえあな音」は必須でしょう。いっそのこと曲名をそのまま音色名するくらいの勢いで追加してほしい。
音色数の少なさをレイヤーでカバーする件については今後触ってみたいと思ってます。

[[[[2009年2月1日追記]]]]
 その後の検討で、レイヤーする(音を重ねる)と全然別モノのように良い音色になっていくことがわかりましたのでレイヤーは是非おすすめします。



第一印象はこんなとこですが、まあ、もう少し触ってみないと、ですね。

あ、あと、WX5-MIDIインターフェース経由-iMac経由でARIAをWX5でも特に問題なくコントロールできました。これについては後日。


そんなこんなでまた録音してみました。引き続き、試行錯誤中過程なのでEWIUSBの実力をひきだせているものではないことはご了承ください。
EWIUSB-ARIA-XTMelodies.mp3
EWI-USB/ARIA バッファーサイズ128
音色:XTMelodies(単音) ARIA内蔵リバーブ使用
伴奏は大昔のEWI教則本付録CDの一部分。
(なお、たまーに混じるノイズはmp3エンコード時の問題みたいで、ARIAの問題ではありません)
この音色、個人的には音量差がここまで無い状態でフィルターが開閉してほしいんだけど、そういう細かいところはいじれないのが、まあ、ARIAの限界でもあります。

タグ : EWIUSB 録音してみた

18:51  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(3)  |  Top↑

*Comment

■質問です

いつも楽しく拝見させてもらってます。
ホストアプリ(DAW)は何を使用してらっしゃいますか?
frj |  2008.12.15(月) 14:47 |  URL |  【コメント編集】

■Re:質問です

ようこそいらっしゃいませ。
いまのところDAWは使っておりません。
ARIAのスタンドアローンアプリです。
公開したMP3ファイルは、iTunesで伴奏MP3を再生しながらWireTapで録音、またはiMacのラインアウトからメモリレコーダー(Edirol R-1)に録音、という原始的だけどわかりやすい、という方法で作りました。

この後多重録音とかやりたいので、一応DAWとしては実質Mac付属である
GarageBand'08(Ver4.1.2)を使うつもりです。
とりいそぎGarageBand'08からAudio UnitモジュールとしてARIA(EWI USB)を立ち上げて演奏&録音できることは確認しました。
Kirino |  2008.12.15(月) 23:14 |  URL |  【コメント編集】

ありがとうございます。
このサイトはとても参考にさせていただいております!

EWI USBからウィンドシンセを始めた初心者ですが
すっかりはまってしまいました。今日WX5も勢いで購入してしまいました。これから練習に精進してまいります。
frj |  2008.12.15(月) 23:27 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。