--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  この記事のみ表示  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.11.01 (Sat)

EWI USB 正式発表!!!

ビッグニュース!
EWIの新製品「EWI USB」が 米国時間Oct.31,2008、突如発表&発売されました。

http://www.akaipro.com/content204005
http://www.akaipro.com/ewiusb

akaipro.com(2008-11-1)
(上記は今日のakaipro.comのキャプチャー画像)

EWI USBを簡単に言うならば、EWI4000sの形状のMIDIコントローラーとパソコン用ソフトシンセをセットしたもの。
EWI4000sの内部音源を無くして、入出力はUSBケーブル1本のみ。USB経由で電源供給&MIDI情報をやりとりします。


EWI USBについては以前
http://wx5.blog2.fc2.com/blog-entry-156.html
に書きましたが
2007年1月にionブランドで一旦試作品が発表された後、数ヶ月してionのサイトからも情報が消えて、うーん、どうやら立ち消えか??と誰もが思っていたところに、まさかまさかの正式発表です。さらにサイトによれば既に出荷開始とのことです。

現在のところakaipro.comのサイトにニュースリリース、概要、マニュアル等が公開されています。その内容から意訳抜粋しますと次のようになります


●コンセプト
EWI4000sほどの高機能が要らない入門者用につくったシンプルで魅力的な価格なEWIである。プロクオリティの楽器を手ごろな価格で提供する最初のEWIである。付属のソフトシンセは初心者でも直感的に使える。MIDI上級者はUSB経由で送られるMIDI情報をカスタマイズしてより高度なことができる。

●最低限必要なもの
本体&付属ソフトウェア
USB端子を備えたパソコン(Windows XPまたはVista 、またはMac OS-X10.4以上) 
(Windows2000でもソフトは動くようだが推奨されていない)

[[[[2009年2月1日追記]]]]
当時このように書かれていましたが、実際のところは日本版Windows2000では動かないようです。


必要パソコンスペックの詳細はダウンロード可能なマニュアルpdfに記載されています。

●付属品
本体、ストラップ、3mのUSBケーブル、ソフトウェアDVD、マニュアル、クリーニングクロス

●本体機能
EWI4000sをベースにしたデザイン。

[[[[2009年2月1日追記]]]]
ベースデザインはEWI4000sと同じですが、長さは結構短くなっています。


EWI4000sと同じところは、
タッチセンス式運指キー、上下のベンドプレート、ブレスセンサー、Biteセンサー(ビブラートセンサー)、アースプレート
本体内のファームウェアアップデートができる仕組みが用意されている

EWI4000sと違うところ
音源は内蔵しない。当然ラインアウト/ヘッドホン端子なし。
電池内蔵できない(電源はUSBケーブルから)(言い換えればコードレス不可能)
入出力はUSBコネクタ一個のみ。
グライドプレート(ポルタメント用)は付いていない。(ポルタメントはソフトシンセの設定を工夫することでオンオフを制御して演奏に使用することはできる)
オクターブローラーは4つ(5オクターブをカバー)
直出しMIDIアウト端子なし(パソコン経由でMIDIアウトは可能)
各種センサー等の調整ノブ等はなし(調整は全て専用ソフト上で行う)
取り外しやすく、水洗いできるマウスピース



●本体から出る信号(※この部分、マニュアルの記述から以下のように解釈したのですが本当にそうなのか保証はできませんのでその点ご了承ください)

基本的にMIDI信号しか出ないと思えば良い
ブレスセンサー、ビブラートセンサー、ベンドアップ、ベンドダウンのセンサーからの出力を、専用ソフトウェアで処理しvolume, panning, portament, modulation, expression、その他全てのコントロールチェンジに割り付けられるようである。
ブレスセンサーとビブラートセンサーの出力信号は、任意のコントロールチェンジを指定し2つまで同時送信可能。ただしこの辺は、付属ソフトを使う場合デフォルト設定のままでないとうまく動かない。上級者が付属以外のシンセを鳴らしたいときのカスタマイズ用。
Note-on時のVelocityは固定か可変選択可能
本体からプログラムチェンジは送信できない


●演奏に関する点
運指はいくつか選択可能で、従来通りのEWI運指、サックス、フルート、オーボエ、EVI準拠運指が選べる。(運指表はダウンロード可能なマニュアルpdfに書いてある)
トランスポーズ、オクターブシフト可能。これを含め各種センサーの感度等、全ての設定は付属の専用ソフトを用いて行う。

●付属ソフトウェア
ソフトシンセはGarriton社のARIAエンジンをベースにAKAIオリジナルサウンドを足したもの(よってサンプリング音源だと思われる)
EWI本体の設定をするためのソフトウェアも含むため、このソフトが無いと実質動作しないが、このソフトを介してMIDIで他のソフトシンセ/ハードシンセを鳴らすこをは可能
付属ソフトの75以上の音色から4つまで選んで使える。http://www.akaipro.com/ewiusb にソフトウェア音源のキャプチャ画像がありますが、木管、金管、弦楽器、パーカッション、シンセ音等が選べるようです。(画像にXpandar2001なんて音色名が見えますがそそられちゃいますね。)
自分の演奏を付属ソフトウェアを使ってオーディオ形式で録音(WAVまたはAIFF)することができる
付属ソフトシンセはリバーブ内蔵

音色デモとかはまだ公開されていませんが、Garriton社の製品として「Jazz & Big Band」
http://www.garritan.com/jazz.html
という製品がありますので、生楽器系の音色のイメージはこんな感じと思って遠くないのではと思います。シンセ系はAKAIのセレクトした音色が入るということですので期待できると思います。

●さて一番気になる発売時期と価格。
米国ではもうすぐ出荷予定のようす。日本での発売時期に関する記述はありません。
米国patchmanmusicではもう注文受け付けてます。
http://www.patchmanmusic.com/ewiusb
価格は驚愕 $299 !!!
オーマイガッッ!アンビリーバボー!!!!

もし日本発売なら、高くてもサンキュッパってとこ???
WXもがんばれ!!!!


・・・・あ、そうだ、付属ソフトがWXでも鳴らせれば良いんだけど・・・たぶん無理だろうなぁ。もう少しマニュアルとか読み込んでみよう


-------------------------------------------------
11/3追記
●アメリカのEWIメーリングリストで関係者っぽい方から寄せられたFAQから抜粋意訳追記します

・付属ソフトはEWI USBセット専用で単品販売はしない。
・FluteとOboe運指モードは新しく開発されたもので、そのうちEWI4000sにもOSアップデートで提供される予定。
・5オクターブ限定の主な理由は価格。
・低価格にするのに苦労したが、だからといってEWI USBは4000sの toy versionではない。4000s同等の表現力とレスポンスを実現させている。
・マウスピースはEWI4000sのものと同一。マウスピース取り外し式なのは、学校において一台のEWI USBを大人数で使い回すため(注:ひとりひとりはマウスピースだけ買う。衛生上の配慮かな)
・EWI USBは4000sより3~4インチ短い。またバッテリーがないこと、金属シャーシでないことから4000sより軽い。ただし4000sとEWIUSBのキー配置サイズは同じ。EWI USBと4000sは違和感なく往き来できる。
・USBから電源供給うけているのでワイヤレスは不可能。ワイヤレス希望者は4000sを使ってくれ。
・生楽器系の音色はGarritanの製品(Personnal Orchestra, Jazz and Big Band, Marching Band libraries)からセレクトしたもの。シンセ系の音色は、Oberheim Xpanders, Waldorf Microwave XT, Alesis Andromedia, Arp 2600, Sequential Circuits Prophet T8, などからサンプリングしたもの。後からライブラリに音色が追加できる。Garritan製のライブラリや、AKAIもそのうちシンセ音色を追加リリースする予定(時期未定)

●11/4さらに追記
Garritanの中の人(?)のコメントがココ↓にあります
http://www.northernsounds.com/forum/showthread.php?t=63514
昨年からAKAIといっしょに開発したこと、ウインド用にするのにいろいろ工夫したことがうかがえます。さらに、This is only a first step、ということで今後どんどん開発と音色追加をする、ということで、気合い入ってますね。 期待!

●11/5 最後に追記
JWSA BBSより。よしめめかいちょがAKAI(日)に電話問い合わせしたところ
・日本でも発売する
・時期価格は未定。ただし年内発売はない
とのこと。会長グッジョブ!!

タグ : EWIUSB

19:31  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。