2008.08.17 (Sun)

The Sax 2008年9月号、超絶アルト・サックス

どちらもだいぶ前に発売になってましたがやっと実物を見て内容が確認できたのでご紹介。

まずThe Sax の9月号
B001C5QI5SThe SAX (ザ・サックス) 2008年 09月号 [雑誌]

アルソ出版 2008-07-25
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今号からEWI特集「MEETS EWI!」が始まっています。
AKAIのショールームにて、ご存じ宮崎隆睦氏がトルヴェール・クヮルテットのアルトサックス奏者、彦坂眞一郎氏にEWI4000sをレクチャーする形式になっています。全4ページ。公式サイトには「驚愕の事実を聞きます」なんて煽り文句が出てきますが、そんなに驚愕でもないのでネタバレしてしまいますが、彦坂氏、今は使っていないものの、実はEWI1000を持ってるそうです。入手のいきさつとかその他は本を読んで欲しいですが、そんなこともありEWI4000s初体験にもかかわらずいきなりかなりスムーズに吹きこなしてしまったそうです。なので、質問する内容もレクチャーする宮崎氏の内容も、EWIの音源がどーだとかの入門レベルはすっとばして、いきなり換え指運指とかの中級~裏技レベルの内容になっています。
というわけでこれはEWIプレイヤーは立ち読みでも良いので必読であります。
この「MEETS EWI!」特集ですが全6回の予定ということで、これは今後に非常に期待が持てますね。
なおThe Sax9月号の公式ページは↓です。
http://www.alsoj.com/SHOP/S30.html

----------------

次に
超絶アルト・サックス(多田誠司 著)

4845615800サックス&ブラス・マガジン 超絶アルト・サックス(CD付き) (リットーミュージック・ムック) (リットーミュージック・ムック)
多田 誠司

リットーミュージック 2008-07-28
売り上げランキング : 9591

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


目次等詳しい内容は公式サイト
http://www.rittor-music.co.jp/hp/books/sax_data/08217202.html
でみれますが(試聴可能)
≪29個の超絶フレーズと7個の大技小技!≫
っていうのがうたい文句になってます。曲のいろんな場面における、定番フレーズ、あるいはフレーズの組み立て方、リズムの崩し方の考え方のコンセプト、フレーズ中でのファズやベンドなどの奏法の活かし方、を模範演奏付きで一言アドバイス、ってな感じでしょうか。
セッションに行って演奏後プロの方に一言アドバイスをもらったらこんな感じ、かな???

確かに入門者には難しい内容だと思いますが、だからといって「超絶」というほどレベルの高いものではありません。初中級者向けでしょう。「うまくなりたいと思って自分でいろんな曲をきいたり耳コピしたりして考えながら工夫しながら演奏するよう日々心がけている」ひとであれば本書の内容はすでに独学で研究して身につけている、すでに実践しているものが多いと思います。
だからと言って本書が役に立たないというわけではなくて、すでに実践している技であれば「多田誠司さんも俺と同じやり方だ!」ということで安心できますし、なんとなく頭で整理しきれずにしてきたことが本書で明示されるかもしれませんし、あるいはこの曲のこの部分どうやるのかどうしてもわかんなかったんだけど、こうやるんだー、というのがあるかもしれません。本書の全内容が役立つことはないでしょうが、新たに気づく項目が2つくらいあればこの価格はモトがとれるんではないでしょうか。
逆に普段受け身でサックスを習っている人にはあまり役立たないでしょうね。自分で考えたり研究したことがないから何が書いてあるのか実感が伴って理解できないという。

初心者向けの本が多い中でこういった少しレベルが高い本が出てくるのは嬉しいですね。もっと増えて欲しいです。著者をいろいろ変えてシリーズ化できたらおもしろいでしょうね。

タグ : EWI 雑誌 教則本 サックス

21:43  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |