--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  この記事のみ表示  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.03.16 (Sun)

とりあえず再開!

なんとかCGIを全部動くようにしてサイトを再開しました。先の通り新URLは

http://wx.jazzsynth.com/

になりますのでひきつづきよろしくおねがいいたします。

またこの機会、ということで、WX5入門の各ページとVA音源の比較について2008年現在の機材環境等を考慮し私なりに改訂しました。

他のページはまだところどころリンク切れありますし、特にリンク集なんかはリンク切れの嵐なのですが徐々に直していきますので何卒ご容赦ください。
なおサイト内検索はまだGoogleにクロールされてないので有効でありません。こればかりは待つしかありません。


-----

以下ちょっとグチグチと。
それにしても、サイト全体で100頁以上ありまして、だいぶ旧バージョンのホームページ作成ソフトでそのソフト独自の機能なんかつかったりしてサイトをつくっていたので、最近のソフトで作成し直そうとするとエラー出まくりだったりしてだいぶ手間取ってしまいました。この土日全て朝から晩までパソコンにかじりつきだったんですがまだ終わりきらない(涙)
おまけにリンク先はどこもかしこも移転していたりつぶれていたりでリンク切れの嵐。まあ更新をさぼっていたツケではあるのですが。作業中ずっとCD聴いていましたが先日買ったコルトレーンの18枚組を一気に聞き終えることができたのは嬉しいんだか嬉しくないんだか。

ところで移転前のサーバーなんですが4日たった今もサーバー復旧せず、ついにはメール用のサーバまで死んでしまいほとほと困ってます。知人の連絡用以外にもいろんなウェブサイトやら通販サイトやらカード会社やらオンラインバンクやら全てこのサーバのメールでやりとりしていたので、それらサイトを全て新しいメールアドレスで登録しなおすのもめちゃくちゃ大変。一番困っているのがあるネットバンクで、これはセキュリティ上、振込や預金の解約にメール連絡が必要なのですが、その連絡先を今回死んでしまったメールアドレスのみにしていたため、セキュリティ用のメールを受け取れない、つまりはその銀行でお金を動かせない、というわけで、ほとほと困っってます。(まあどうにもならない場合はその銀行に個別に相談すればなんとかなるようなのですが、かなり面倒ではあります)
とにかく今回得た教訓は、サーバ会社、プロバイダ、は安いだけで選ばないこと。今後肝に銘じようと思います。


それはそうと今回個人的念願だった独自ドメインをとりました。一生モンにできるアドレスを一生懸命考えまして、
とにかく「jazz」ってのが入っている名前にしたくて、第一候補は「jazzed」だったんですが.comも.netも埋まってて、.bizは空いてたけどビジネスじゃないしなーとか思いつついろいろ考えまして。自分のバンドのサイトと、synthesizerのサイトをやっていて、本業の仕事が合成(synthesis)化学関連、ということで、バンド関連、ウインドシンセ関連、仕事関連のどなたが見ても不自然でなく、かつ、あああいつはJAZZ好きなのね、というのがわかる名前ということで、jazzsynthってのは、造語ではありますが、まあ、世の中にあまり無い言葉のようなのでそれもありかなと。jazzsynthでググったら、昔のローランドのシンセ(D50)にそんな名前の音色があるようですが。ドットコムに少しあこがれがありましたし。まあこれでサーバー会社がつぶれても同じアドレスで過ごせるわけで安心であります(ドメイン管理業者がつぶれるかどうかは注意しなくてはなりませんが)
というわけで新しいメールアドレスは

kirinoあっとまーくjazzsynth.com

であります。旧アドレスにメールいただいても届きませんのでよろしくおねがいします。





タグ : 更新記録

21:11  |  この記事のみ表示  |  日記・メモ  |  TB(0)  |  Comment(1)  |  Top↑

*Comment

お疲れさまでした。
これからも色々な情報をよろしくお願いします。
ぶー |  2008.03.17(月) 05:44 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。