--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  この記事のみ表示  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.01.25 (Fri)

NAMM 2008 ウインドシンセ関係まとめ

NAMM終わりましたがウインド関係の新製品は無かったみたいですね
AKAI他いくつかのブースでは出展とデモがあったようです。
以下ネットを巡回してみつけたとりあえずのまとめ。

Mike Phillips at NAMM part one

EWI吹くのは4分過ぎから。まあ、ラフな演奏ではあります。


というか、AKAIがプロモ用にYouTube利用してるんですね。知らなかった。
http://www.youtube.com/user/AkaiProVideo
Part oneということなのでこの後もVideo追加されるのを期待。

※1/27追記
パート2が追加されました

ここで後半以降、Mike PhillipsとEWIの2重奏してるのはスムース系Saxプレイヤーでアルバムも出してますQuamon Fowler氏です。最近はかなりEWIも吹いているらしく、YouTubeで名前で検索するといくつかEWIを吹いてるのがアップされてます。
(追記ここまで)


NATIVE INSTRUMENTSのブースではDino Soldo氏がEWI4000sで同社のソフトシンセMASSIVEでデモしたようです。写真は

http://www.native-instruments.com/index.php?id=imagesnamm08
の下のほう。
同社では低価格のサンプリングベースのサックス/ブラス音源を出しましたね。
KORE PLAYER
http://www.dirigent.jp/products/ni/kore_player/index.html
プレイヤーそのものは無償で、音色ライブラリのみ販売、SAX & BRASSライブラリは59ドルだそうで。音聴いてみないとわかんないけど、価格的にはそそられますね。

Synthophone(MIDI SAX)
は毎年出展されているようですが、今年は日本の「サウンドハウス」のレポートで紹介されてました。(上から2番目と3番目の写真)
http://www.soundhouse.co.jp/show/namm2008winter/others/index.html

Synthophoneについて詳しく知りたい方は
http://www.robosax.com/
を参照ください。

とりいそぎ現時点ではこんなもんでしょうか。。。

タグ : イベント EWI その他ウインド 動画 ソフトシンセ

00:21  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。