--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  この記事のみ表示  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.09.30 (Sun)

テルミン体験(大人の科学vol.17)

学研の付録付き雑誌「大人の科学」
大人の科学マガジンVol.17 テルミン
大人の科学マガジンVol.17 テルミン大人の科学マガジン編集部


おすすめ平均 star
star憧れのテルミンがこの価格で!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本日発売のvol.17号は大特集「テルミン博士とふしぎな電子楽器」
電池駆動スピーカー内蔵の組み立て式「テルミン」付きで税込み2300yen、

というわけで、
前々から「まずはおもちゃ程度で良いのでテルミンで遊んでみたかった私」にぴったりの企画なので予約して発売日に入手しました。
10分くらいで組み立てて(数個のネジをつかって組み立てるだけなので誰でもできるレベル)、解説に従って感度調節して、いざ音出し。
内蔵のスピーカーから出てくる音は、想像よりずっと大きく(最大音量では夜中に鳴らせないくらい)、けっこう太い、良い音でした。たかが付録のオモチャと思いきや、かなり感動。
アンテナが細い弾力のある針金なので、アンテナを揺らすとしばらく勝手にビブラートがかかるんですが、このビブラートがちょうど心地よい周期で揺れてくれて、その音を聴いてるだけでもなかなかいい感じです。
10分くらい練習して一応1オクターブくらいの音階は演奏できたんですが、なかなか音を切る(タンギング)のが難しく、人に聴かせる演奏まではいきませんが、かなり楽しめそうです。
一応、ラインアウトをつける簡単な改造方法(標準ジャックを買ってきてスピーカーとの間に挟むだけ)も載っていたのでそのうちやってみようかと思います。

肝心の雑誌記事の方も、テルミンの歴史とか原理とか、市販の製品の紹介とか、「ヤノアキコはじめてのテルミン。」とか、転じて電子楽器の歴史から松武秀樹氏のインタビューやローランド創業者梯郁太郎氏のインタビューとか面白いのがそろっていて楽しく勉強になりました。

学研の公式ページは↓
http://otonanokagaku.net/magazine/vol17/index.html
上記リンク先の「関連記事」のとこから、教則本のWEB&VIDEO版とデモ演奏動画が見れます。

amazonに在庫が無い場合は楽天でも購入可能です。







タグ : 日記 ハードシンセ

00:09  |  この記事のみ表示  |  日記・メモ  |  TB(1)  |  Comment(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

テルミン

テルミンテルミン (Theremin)は、1920年代にロシア人レフ・セルゲイヴィッチ・テルミン(物理学者、チェロ奏者)が発明した電波楽器で世界初の電子楽器である。構造と特色構造は本体に2本(もしくは1本)のアンテナがのびている。演奏は片手で音程、もう
2007/10/02(火) 07:04:04 | みゆうのブログ
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。