2006.11.16 (Thu)

やさしいデジタルホーンの吹き方(教則本)

古本屋で偶然、デジタルホーンの教則本をみつけましたので紹介してみます。


(画像クリックで拡大)
いろいろな楽器がすぐ楽しめる!
やさしいデジタルホーンの吹き方
-基本的な指使い、奏法からポピュラー、クラシックの名曲まで-
編著者=玉生雅男 / 企画=田中健次
協力=カシオ計算機株式会社
出版社:龍吟社/リズム・エコーズ
1990年11月初版  100ページ
本体定価1800円 


いやー、こんなのあったんですね。今までデジホン関係の記事で「教則本は出ていません」なんてことを書いてしまっていたような気がしますのでおわびして訂正します。アマゾンでも扱ってたんですね。重ね重ね失礼しました。
残念ながら現在絶版のようで、入手はかなり難しそうですが。。。。

目次から大項目を抜粋しますと、

1 各部の名称と説明
2 楽典の基礎
3 楽器の構え方と発音
4 レッスン&プレイ
  (運指表、ロングトーン、タンギング、オクターブキーの練習、アーティキュレーションの付け方、かえ指、スケール練習、等)
5 特殊な機能
  (ポルタメントキーの練習、トランスポーズ、音色切換
6 MIDIの接続

となってます。4、5の項は、いろいろ簡単な曲(クラシック曲の一部とか、西洋民謡とかが多い)の楽譜が載っています。
なお対象機種はデジタルホーン全機種(DH-100,200,280,800,500)です。
内容的には、とりたてて特別なことは書いてありませんで、1、5、6、の項は製品付属の取り扱い説明書に書いてある範囲の内容ですし、2~4の項は他の楽器の教則本(リコーダーまたはサックス)を利用して代用できる内容でした。ですので入手困難の現在、無理に入手しなくとも良いといえば良い本ではあります。
とはいえ運現在中古で出回っているデジタルホーンは取り扱い説明書がついていないものも多いですから、やはり運指表と機能確認くらいはできるように、カシオさん取説だけでもWEBに載せてくれないものでしょうかねぇ。

タグ : デジタルホーン 教則本

21:43  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(1)  |  Comment(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

カシオ計算機カシオ計算機株式会社(カシオけいさんき)は、電卓、電子辞書、電子楽器、時計、携帯パーソナルコンピューター|パソコン等を扱う日本の電機メーカーである。本社は、東京都渋谷区に所在する。東京証券取引所|東証第1部と大阪証券取引所|大証第1部に株式公開|上
2007/10/06(土) 11:35:12 | 東証で上場している会社一覧です(その1)
 | BLOGTOP |