2010.09.25 (Sat)

The Sax Vol.43(2010年11月号) 

The Sax Vol.43(2010年11月号)が発売になっています。

The SAX (ザ・サックス) 2010年 11月号 [雑誌]The SAX (ザ・サックス) 2010年 11月号 [雑誌]

アルソ出版 2010-09-25
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


引き続き連載のEWI 特集「MEETS EWI!」が掲載されていますが、7月に宮崎隆睦氏が尚美ミュージックカレッジ専門学校のコンサートにSAXとEWIで出演したときのレポートとなっております。既にEWIを持っている人にとっては一度見れば良い内容かなとは思いましたが

このコンサートの公式イベント記事は
http://www.shobi.ac.jp/library/event/wind/post-379.html

セットリストは宮崎さんファンBlog「宮崎隆睦さんを地味に応援する会」に掲載されています。
http://ameblo.jp/live-history/entry-10594287391.html

またコンサート最後の「宝島」をオリタノボッタ氏と宮崎氏がアルトバトルする動画が
http://www.harmonie-tv.jp/pops_bigband/2010/09/takarajima.html
にアップされていました。

ザ・サックスの詳細は公式サイト↓をどうぞ。
http://www.alsoj.com/SHOP/S43.html


タグ : EWI 宮崎隆睦 雑誌

18:45  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2010.09.11 (Sat)

秋 Autumun 祭 第一弾

EWI MASTER BOOK(以降EMBと略。一応公式略称のようですEMB<関係者談。) 収録曲より

Autumn、録音↓してみました。

Autumn_WX5ARIA.mp3

コントローラーはWX5、音源はARIA(EWIUSB)です。
録音用にiMac+GarageBand9を使用。
伴奏はEMB収録カラオケです。(なおこのカラオケのTuningはA=440Hzのようです。)

前回書きました、mixiのEMBコミュの、Autumn祭りにもエントリしています。

最初EWIUSB+ARIAで練習していたんですが、どうにも自分のEWIの限界を感じてしまい結局WX5で録音しました。
他の方のEWIの上手な使いこなし方を聴いていると正直くやしい。結構EWIもがんばって練習してるんだけどなあ。

ちなみに使っているARIAの音色は、
メロディ部
XT Melodies -2db
Micron Lucky -9db

アドリブ部
XT Melodies -2db
Micron Lucky -9db
Xpander Brazz -5db, Trans+12

です。リバーブは全て80%、さらにGarageBand9でリバーブを軽くかけてます。
正確には、XT Melodiesはレゾンナンスをちょっと増強した改変をしてますし、(参考)
Xpander Brazzはマルチトリガー化改変してます(参考)が、微妙な差なので気にしなくても良い範囲だと思います。


いろんな方のAutumnを聴いてますが、音色もアプローチも解釈もほんとに人それぞれなんですね、あらためてウインドシンセって個性が出る楽器だなあと思いました。


あとは、WX5+VL70mでも録音すべくただいま練習中です。



タグ : 教則本 EWIUSB WX 録音してみた

11:30  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2010.09.09 (Thu)

EWI MASTER BOOK 現況

ちょっとしつこいですが、EWI MASTER BOOK。

それなりにミスプリや記載洩れなどもあるようですが、
対処も早く、アルソ出版のWEBに訂正箇所がアップされています。
特にEWI4000sの音色パラメータの一部にヌケがあったところについてはPDFが配布されています。
http://www.alsoj.com/SHOP/EWI01.html
の最下部、「お詫びと訂正」。

なお某所からの情報によりますと、増刷がかかるようで、多少時間はかかるようですが、予約すればかならず入手はできそうです。ただし少しでも早く、というかたは、現在在庫がある楽器店や書店を探したほうが良いと思われます。通販であれば、楽天で在庫がある店を探すとか。

また制作協力者よし○○氏が、mixi内にEWI MASTER BOOKのコミュ二ティを立ち上げました。
特に制限無くだれでも参加できますのでまずはのぞいてみてはいかがでしょう。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=5223462

(なおmixi未登録の方は、mixiのトップページから登録することで参加できます(第三者からの紹介は不要になりました))

現在、
オーメンズ祭【デモ演】OMENS OF LOVEうp会場【初心者歓迎】



Autumn祭【デモ演】Autumn祭会場【うp】

が開催中。EWI MASTER BOOKのカラオケを使ってみんなで演奏しよう!という企画です。
私も参加すべく、たーだーいま練習中。

タグ : 教則本

23:58  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2010.09.02 (Thu)

EWI MASTER BOOK 読みました

というわけで昨日届きまして、先ほどひととおり読みましたEWI MASTER BOOK。

(たぶん)20年振りのEWI教則本。
これだけ詳しい内容が載っている本に限れば史上初で唯一のEWI教則本でございます。

EWI MASTER BOOK CD付EWI MASTER BOOK CD付
宮崎隆睦

アルソ出版 2010-08-31
売り上げランキング : 412

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


現在amazonでは一時的に品切れになってます。amzonでは予約開始直後は音楽書籍部門でランキング1位とったようですし、現在でもおおよそ3位以内あたりを維持してます。すごいなあ。当サイトのアフィリエイト経由だけでもおかげさまで楽天とamazon合計で50冊くらい(推定値)お買い上げいただいてます。これも圧倒的新記録。すごいわあ。

amazon売りきれなので楽天各ショップで在庫を探す場合はコチラ。在庫ある店もちらほらありますね。

もしくはアルソオンライン直販↓で。
http://www.alsoj.com/SHOP/EWI01.html
目次や詳しい内容もここから確認できます。


また、教則本発売にあわせて、山野楽器、石橋楽器で宮崎さんのEWIイベントが開催されます。都合のつく方は是非行ってみましょう(私は残念ながら両日とも行けませんが・・・・)

2010年9月4日 銀座山野楽器「EWI体験会&ワンポイントレッスン」
http://www.yamano-music.co.jp/docs/hard/ginza5w/saxfair.html

2010年10月9日 J-POP CAFE SHIBUYA (イシバシ楽器渋谷店ビル7F)
http://www.ishibashi.co.jp/sale-event/1009_miyazaki/

両日とも、行きたい方は早めに予約されたほうがよろしいかと。




さて本題の、本の中身ですが。
EWI4000s初心者には無条件でおすすめ。わからないところをWEBとかで質問する前に、とりあえずこれ読んでください、って感じです。
管楽器としての、息の使いかた、EWI独特のタンギングの入れ方、ベンドの使い方など「吹奏」に関する部分はかなり充実してる印象です。初心者にはもうそのまま参考になりますし、上級者であっても、公式ガイドブックの(宮崎氏の)やり方と自分のやり方を比較して、安心したり、気づいたり、といった点で大いに参考になります。

吹奏テクニックの面で旧型のEWI、あるいはEWIUSBを吹いている方にも充分すぎるくらい参考になります。

ただしEWI4000sの「シンセサイザーとしての設定や音作り」という部分については弱いです。またEWI1000、3000、3020、3030の音作りについては全く触れられていません。そういった面では続編に期待したいですね。みんなで続編のリクエスト出しましょう!

EWIUSBについては、パソコンの設定やARIAの音色の組み合わせについてもかなりしっかり書かれているので、EWIUSB初心者の方にも無条件でオススメです。

あとちなみにEWIUSBの項、P78の一番下の音色は僕のアイデアが入ってます(制作協力のよし○○さんと、いろいろやりとりしたもののひとつ)間接的にだけど少し役にたてて嬉しいな。

それからP44、ついに”ピロ音”が正式名称として認められました(笑)AKAIが認めた公式ガイドブックに書いてあるんだから間違いない(笑)

話を戻しまして、付属のCDと楽譜もかなり充実してます。CDには譜面に対応したデモ演奏とカラオケが入っていてます。収録曲は多くはないですがOMENS、TRUTHとツボを抑え、宝島は「吹奏楽バージョン」のアレンジとKEYになっていて、マーケティングしてるなぁ!!!
それぞれ詳細な奏法解説や、曲によっては「ドレミ」のフリガナや、音によっては譜面の下に運指表まで書いてあって、特に初心者にはいたれりつくせりです。

Autumnのデモ演奏は宮崎さん参加のユニットA.O.I.のアルバム Mouth to Hands収録の演奏と全く同じものでした。そういった意味でカラオケトラックは貴重ですね。
とりあえず、さっきから、この曲がんばって練習してます。



WX吹きにも、ウインドシンセの吹奏に関する部分とか、付録CDとそれに対応した譜面は充分すぎるくらい役にたつものなので、オススメです。楽器店で見かけたら、是非、一度手にとって見てくださいね!

タグ : EWI EWIUSB 教則本 宮崎隆睦

21:21  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(1)  |  Top↑
 | BLOGTOP |