2009.03.16 (Mon)

引越

業務連絡。
明日住居を引越します。10年ぶり。
仕事がかわったとかの私自身の理由ではなく、大家さんの都合というやつです。
引っ越し先は同じ町内で、あいかわらず借家なんですが、
住所は5丁目だったのが3丁目になります。電話番号は変わりません。
メールアドレスも変わりませんが、
私のプロバイダ移転手続きの手際が悪く、3月末まで自宅でネットにつなげない見通しです。
その間もメールは見れますがレスポンスは悪くなると思います。
またBlog他もレスポンスが遅れがちになると思います。
その旨よろしくおねがいいたします。

まあ、この機会にやっと自分の書斎を確保したので、4月以降、よりがんばっていきたいと思っております。

タグ : 日記

20:40  |  この記事のみ表示  |  日記・メモ  |  Comment(0)  |  Top↑

2009.03.14 (Sat)

EWIUSB(ARIA)バージョンアップ(v1.005)

2chウインドスレのまとめサイト的役割のwindsynth @ ウィキ
http://www8.atwiki.jp/windsynth/
がEWIUSB発売後頻繁に更新されています。2chウインドスレのまとめだけでなく、独自調査されたデータや情報もあり、私も大いに参考にさせていただいております。この場をお借りして管理人さんおよび投稿の皆様に感謝いたします。

さて今日その中の
http://www8.atwiki.jp/windsynth/pages/51.html
で知りましたが ARIA(EWIUSB)がv1.005バージョンアップしてたんですね。ダウンロードは
http://www.akaipro.com/contentmgr/showdetails.php/id/202794/tt/5

から。早速Mac版をダウンロードしてみました。
落としたファイルを解凍すると、.pkgになってますのでこれをダブルクリックして普通にインストールすると、
ARIAエンジンと、AUユニット、RTASユニット、EWIUSB本体とその設定ファイル群、が上書き更新されるようです。
ココで注意!!!!
アップデートにより、EWI USB.bank.xmlその他の.xmlファイルは全て上書きされてしまいます。またprogramフォルダの中の.sfzファイルも、上書きされます(sfzファイルの内容が変わったかどうかは完全には確認していませんが、ファイルの日付だけは全て旧バージョンから新しいものになっています。)
ので、特にこの辺のファイルをいろいろいじってカスタマイズしている方は、全ての設定ファイルのバックアップをとってからバージョンアップ作業をすることを強くおすすめします。
(実際、僕はEWI USB.bank.xmlをカスタマイズして使っていたので、バージョンアップによって、前と同じように動かなくなりました。EWI USB.bank.xmlをバックアップしておいたものと差し替えたら問題なくなりましたが)

アップデート後の構成ファイル上の目に付いた変更点としては、
・「Report Technical Issue」ってソフト(?)が新たに加わってます。たぶんエラー時の状況とかをメーカーに知らせるためのものだと思います。
・Programsフォルダの中の、各種.sfzファイルの、多くのファイルの変更日が「2009年2月17日」になっていますが、変更されてないのもあり。細かい内容までは未チェック。
・GUIフォルダの中の、全てのxmlファイルの変更日がより新しくなっており、内容も多少の変更があります。これによりEWIUSBソフトのインターフェースに多少の変更があります。おもしろいのは、アップグレード版の「gui.xml」ファイルの変更日が、初期バージョンより「前の日付」であること。当初実装したかったけど一旦取り下げ、再度復活、みたいな経緯があったのかもしれませんね。

インターフェースの中で変わった点やスクリーンショットはMac版も前述http://www8.atwiki.jp/windsynth/pages/51.html
に記載されているものと同じでした。


その他気づいた点としては

・MIX画面
Reverb(CC91)と表示されるようになり、つまり、CC91でリバーブレベルをコントロールできることが明示されるようになった。

・ABOUT画面
Mac版では、Version表示の部分が、Akai EWI USB v1005、Aria v1.066(OS X x86)とある。
「Get more Sounds」ボタンはクリックすると、GarrtamのWeb Shopページへ飛ぶ。現在まだ販売されていないが、将来的にEWIUSB用の追加音色が販売されるものと思われる。

・音色選択のプルダウン
音色の配列の順番が変わって、(TH)が付く音色などが、より下の順番に表示されたりするようになったりと、なんとなく「通常使いやすい音色」が上位に表示されるように工夫された感じがする。

・安定性
Garage BandでのAUでのEWIUSBと、スタンドアロン版EWIUSBとの同時起動時の不安定性は、あいかわらず。

・音質
バージョンアップ後は低バッファサイズで吹いたときの、ブチブチノイズが低減されているような印象を持ちました。(きちんと横並びで比較していない、私個人の曖昧な記憶に頼った判断なので、もしかしたら勘違いかもしれません。勘違いだったらすみません) もし本当にそうならば、スペックギリギリのPC環境でARIAを使われてる方には朗報かもしれません。

・保存した音色ファイルが開けないという問題が私の環境では発生しました。
スタンドアローン版で音色を保存(Save)すると、Mac版だと拡張子「.aria」がついたファイルが保存されるんですが、新バージョンEWIUSB(ARIA)でこれを開こうとすると、EWIUSB(ARIA)が強制終了してしまいます。保存はできるけど開けない。旧バージョンで作成したものも新バージョンで作成したもの両方ともダメ。
うーん、これ、僕だけかなあ。他にこういう症状が出たかたいらっしゃいますか????
それとも正常に動きますか??
試してみた方是非教えてください!!!!

なお、
・ファイル名に日本語は使っていない。
・起動時のデフォルト音色の読み込みは問題なく行ってくれる。
・GarageBand等のホストアプリ上での音色の保存と読み出しは問題なく動作する。
は確認しました。
AKAIの正式アナウンスが欲しいなぁ・・・。

---2009/07/05追記---
私の環境ではMac OS 10.4でも10.5でも発生しました。
しかし、File→Openでは開けない(ARIAが落ちる)のですが、
保存したファイルを
・アプリアイコンまたはエイリアスにDrag&Drop
・起動すると出るAkai EWI USBウインドウに保存ファイルをDrag&Drop
のいずれかで、きちんと読み込めることを確認しました。(ARIA旧バージョンの保存ファイルでもOK)

よかったけど、なんだかなー。
---------------------




---3/16追記---
日本のAKAIサイトでもアップデータが公開されました(米国と同内容)
また、日本語マニュアルのpdfもアップされました(国内版EWIUSB購入時に付属しているものと同内容)
-----------

タグ : EWIUSB ソフトウェア

22:50  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(5)  |  Top↑

2009.03.12 (Thu)

AKAIロゴ入りEWIストラップ販売開始

ちょっとぶりにAKAIのホームページを見たら、Newsが出てました。

■AKAI professionalブランドロゴ入り「EWIストラップ」発売開始のお知らせ(2009年3月3日)
http://www.akai-pro.jp/pgs/right/right_news.html
サックス用で定番のフランスBG社製で途中のプラスチック部分にAKAIのロゴが入ってます。全4色。

既に単品販売されてます。通販では例えば
マークスミュージック楽天市場店■店舗在庫あります!即納可能!!■AKAI EWI-ST(新品)


おー、ちょうどサックス用ストラップも1本欲しかったところだし買っちゃおうかな。
普通のBGのストラップだとまあ2000円くらいだから、ちょっとだけ高いけど、AKAIロゴの魅力を結構感じてしまう私ではあります。

また 石橋楽器ウインドパルだと、「今ならストラッププレゼント!!」でAKAIロゴ入りソフトケースを販売してますね。ケースとストラップ両方欲しい方はかなりお得かも。


ついでに、イシバシ楽器オリジナルの低価格版EWIケースも再入荷で販売されています。
再入荷!◎AKAI / J.Michael / ウィンドシンセ用ケースバッグ(AKAI EWI-4000S等)《数量限定》...


さらに、ついでで紹介してしまいますと、2007年の楽器フェアのリポートでも紹介した、EWI3020系に思い入れの深い「コウスキミュージックアンドサウンド(Ks MUSIC TOOL」さんが、楽天にも出店されてるのにさっき気がつきました。

Ks MUSIC TOOL
EWI3020系の新品、ケーブルや、MIDIのワイヤレスユニット等販売されてます。


それから最初の、AKAIの3月5日付Newsによれば

3/22に、ヤマハ ミュージック東海・名古屋店で宮崎隆睦さんの無料EWIコンサートがあるようですね。お近くの方は是非。
http://www.akai-pro.jp/pgs/right/right_news.html

タグ : AKAI EWI

00:05  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2009.03.02 (Mon)

教則本/ザ・ジャズ道・アドリブの扉

なんと私が崇拝する池田篤さんの教則本が出ました。当然買いましたよ!!!

4636840305アルトサックス ザ・ジャズ道 CD付 アドリブの扉
池田 篤

ヤマハミュージックメディア 2009-02-19
売り上げランキング : 49063

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


収録曲などは出版元のページ↓を参照。
http://www.ymm.co.jp/p/detail.php?code=GTW01084030

上記はアルトサックス用ですが、
テナー用、トランペット用も同時に出ています。収録曲は同じでデモ演奏違いです。
付属のCDは収録曲のカラオケ演奏とデモ演奏です。アルトとテナー用は池田さんの演奏、トランペットバージョンは岡崎好朗さんの演奏です。カラオケはピアノトリオ。内容としては、ジャズサックス入門者向けであります。全10曲とも、シンプルなメロディー吹奏と、ごくごくシンプルで譜面的にはすごく簡単なアドリブ演奏(メロディー、アドリブともデモ演奏通りの譜面つき、1曲3分程度)からなっておりますので、1年以上吹奏楽でサックスをやったくらいの方が、ジャズサックスやってみたい、アドリブしてみたい、けど、どこから手をつけていいのか全然わからない、というときの第一歩、まさしくタイトル通り「アドリブの扉」にうってつけの本だと思います。ジャズの吹き方(アーティキュレーション)の基本や、ごくごく初歩のジャズ理論も非常にわかりやすくとっつきやすく書かれていますので、そちら方面の「扉」にもなります。
この系統の教則本だと、ATNから出ている「イージージャズコンセプション」シリーズがありますが、それをさらにわかりやすくとっつきやすくした感じ。初心者向けですので「書いてある」内容は中級者以上には正直物足りないものではありますが、中級者以上に参考になる一番のポイントは、「池田さんのシンプルな吹奏」がじっくり聴けるというところ。とにかくこの池田さんのスピード感がありながら余裕と優しさと暖かさを感じる音、息づかい、ビブラート、微妙なアーティキュレーション、これを聴き取りやすいシンプルな演奏でじっくり聴けるところは初心者から上級者まで参考になると思います。最後のデモ曲の「When I Fall In Love」は特に絶品です。難しいメロディーフェイク、アドリブを入れないという初心者向け教則本の制約の中でも、音色と歌い方だけでこれだけ感動的な演奏ができてしまうという最高の例であります。あと、バッキングカラオケのピアノトリオ(p石井彰、B上村信、Ds高橋徹)がまたすばらしく、他の教則本と一線を画しているところでもあります。
ちなみに巻末に「宿題」としてコードの1度2度3度5度の4つの音で練習しましょうというのが載っていますので、もしかしたら続編もあるのかなあ・・・と期待しております。おすすめっ!

タグ : 教則本

00:05  |  この記事のみ表示  |  サックス  |  TB(0)  |  Comment(3)  |  Top↑

2009.03.01 (Sun)

サックス&ブラス・マガジン Volume.10

サックス&ブラスマガジン vol.10が発売されています。

4845616505サックス&ブラス・マガジン (SAX & BRASS Magazine) volume.10(CD付き) (リットーミュージック・ムック)
サックス&ブラス・マガジン編集部

リットーミュージック 2009-02-28
売り上げランキング : 1378

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ウインドシンセ関連では、Akai pro presentsという形で、キーボード/サックスプレイヤーの本間将人さんのインタビューが載っています。3000のころからのEWI吹きでもあるということでそれとくらべた4000sの利点などのおはなしです。
あと、新製品紹介に短くEWIUSBの紹介、それから裏表紙一面がEWIUSBの広告でありました。

サックス&ブラスマガジン公式サイトによるその他内容の紹介は↓
http://www.rittor-music.co.jp/hp/sbm/index.html

タグ : 雑誌

11:44  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP |