--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  この記事のみ表示  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.02.16 (Sat)

OS-X対応VLエディタ情報

昨年米国のMLに載っていた情報なのですが
自分で試す暇がなく、またML内だけの配布かと思っていたので書かなかったのですが
今見たらSharewareみたいなこと書いてあってクローズドな配布ではなさそうですし
時間的にこの後も当分自分では試せそうにないし
なんか2chウインドスレでは音色ファイルのコンバートでなんとかしろみたいなご指名もうけてるようですし
そんなこんな状況なので
とりあえず情報のみ紹介します

一部の人間には待望の、OS-X版のVL音源エディタが開発公開されています。

[VL ONE 70]
ダウンロードは
http://www-acad.sheridanc.on.ca/~degazio/AboutMeFolder/SoftwareDesign.html
の一番下から。

Expert Editor相当の機能を持つ、VL1 / VL1-m / VL70-m用のエディタのようです。

・・・のようです、というのは自分では試せていないからなのですが、
とりあえず僕のMac (iMac Intel Core 2 Duo、 OS10.4.11)では起動することは確認しました。
無責任ですみませんが僕はどうにも試す時間がしばらくとれないので
興味ある方は自己責任でお試しください。

このソフトの作者の方は他にもいろいろウインドシンセの研究をされていましてHPをには参考になる情報も多いのでそちらのもあわせてご覧になってはいかがでしょう。
http://www-acad.sheridanc.on.ca/~degazio/AboutMeFolder/MusicPages/WindControllerStuff.html

EWIのビブラートのMIDIベンド信号の出力波形の比較とか特に興味深いですね
マウスピースを噛むビブラートをちょうど良いタイミングでやるととても均一できれいなビブラートをかけることがわかります。
他にもWX5とEWIのセンサーの比較とか、VLのパラメーター一覧表とかも興味深いところです。
スポンサーサイト

タグ : WX VL ソフトウェア EWI

20:40  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(2)  |  Top↑

2008.02.14 (Thu)

WX5の記事がJazzLife2008年3月号に

今日発売のJazzLife 2008年3月号にWX5の紹介記事が載っています。



サックス奏者の小林香織氏による試奏レポートという形式でWX5(+VL70-m)が見開き2ページで紹介されています。

小林香織さん今回がウインドシンセ初体験ということで、あまりつっこんだ内容の記事ではありませんが、WX5が雑誌に載る事自体珍しいので書店で見かけたら立ち読みしてみてはいかがでしょう。
とりあえず小林香織さんがWX5を銜えている貴重な(?)写真が見れます。

なお、この3月号の背表紙はWX5の広告です。
なぜこのタイミングでの広告&記事掲載かとちょっと考えましたら、
そういえばWX5が新発売されたのが1998年4月ですからもうすぐ10周年(!!!)なんですね。
何か関係があるのでしょうかね。一応YAMAHAさんもWXを見捨てたわけでは無さそうなのは嬉しいですが
反面、当分新機種は出そうにないのか??とも思えますが、どんなもんなんでしょうか。

タグ : WX 雑誌

23:23  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。