--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  この記事のみ表示  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.03.18 (Sun)

近況。

最近の練習。
サックスレッスンで教わったんですが、12keyでのいわゆる「1-2-3-5」の練習。
こんな譜面です(pdfファイル)
1-2-3-5とか5-3-2-1とかの短いパターンで、コードを半音上昇/下降やらツーファイブ進行でとか、スタンダード曲の進行にあわせてとか。
有名なこの本↓
-------------------------------------


参考:ジェリーバーガンジのインサイドインプロヴィゼイションシリーズの
・amazon検索結果
・出版元ATNの紹介ページ
-------------------------------------
この本の内容を抜粋した感じのもので良く知られた基本的練習ではありますが
自分には絶対的にメカニカルな練習が足りないと感じているので今更ながらではありますがやっております。

主に夜中WX5で。
本当はサックスでやりたいんですけどね。
最近サックス吹く絶対量が不足しており、ライブ中にへばっちゃって安定した音がつづけらんなくなってしまいかなり焦ってます。
e-Saxかおうかなあ。。。そうすれば休日の昼間は自宅で練習できる・・・(夜中はe-Saxでも無理な住居環境なもので・・・・

というのも今日の昼間は少し時間があったものでそんなことを考えたのですが
そのかわりというか、昨年新しいiMacを買ってからやろうやろうと思っていた「宅録」まがいのことを初めてやってみました。

といっても入門の入門なので、とりあえずiMac付属ソフトのGarageBandで WX5/VL70-mの音を多重録音してみる程度ですが。
とりあえず1時間程度、適当にいじってみた結果が
Greensleeves.mp3 460kb MP3 約30秒
アレンジはサックスの入門教本に載ってたサックス4重奏。
音はWX5/VL70-m、サックス系の音色4種、プリセットのまま(ただしエフェクトは全部カット)
GarageBandで多重録音して、適当にPanを振って全体にリバーブかけてMP3で保存。

難しいっすね・・・・・・


スポンサーサイト

タグ : サックス 教則本 WX ソフトウェア 録音してみた

22:33  |  この記事のみ表示  |  日記・メモ  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2007.03.14 (Wed)

Nomad Diaries / Chris Minh Doky

今日売りのジャズライフ(2007年4月号)

(→詳細内容は出版社サイト参照

の「巻頭スペシャル・インタヴュー」は新作「Nomad Diaries」の国内盤がこの3月に発売になった Chris Minh Dokyのインタビュー、「マイケルとのレコーディング秘話を語る」とのこと。
買って読みました。
そんなに記事の量としては多くないんですが、マイケルのエピソードは泣けました。

その新作は

です。既に今年始めから輸入盤は発売になってまして、HMVその他で買えますが、日本盤はやっと発売。なお、日本盤はボーナストラックがあり輸入盤より3曲多いそうです。

マイケルブレッカーはこの新作にEWIで1曲、テナーで1曲参加。EWIの曲は3曲目の「IF I RUN」。記事によれば最初からマイケルにEWIを吹いてもらうつもりでイメージして作曲したそうです。

Chris Minh DokyのMy Spaceで試聴できます。
ラスト近くのEWIソロ部分はさすがのマイケルだなあ・・・・。
http://www.myspace.com/chrisminhdoky

また、
http://www.youtube.com/profile?user=bassmanm1
でプロモーションビデオが見れます。

タグ : CD 動画 EWI Brecker 雑誌

22:25  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2007.03.11 (Sun)

Tito Puente All-Star と DKO Electric Quartet ライブ動画

私の中では年に1度のお楽しみになってます。
米国New Trier High Schoolで毎年2月に行われる「FRANK MANTOOTH JAZZ FESTIVAL」の動画が今年もまた公開されました。

http://ntjazz.com/Jazz_Festival/default.htm

から各バンド名の下の「See their concert」をクリック(要Real Player)

毎年招く大物ゲストバンドの演奏が無料で楽しめてしまうのですが今年はサルサの大御所、TITO PUENTE ALL-STAR ALUMNI BIG BAND。92分間のステージ。
TITO PUENTEはもう亡くなっていますが、それでもやはりさすがに本場な演奏です。
特にスペシャルゲストのEDDIE PALMIERIのノリは「本物!」の一言。

それから個人的にはDKO Electric Quartetが見れるのも超嬉しいところでして。

このDKOですが、トロンボーンのDarren Kramerがリーダーのバンド。
この1月に新CDが出たばかりで、このライブ動画もそのCDのコンセプトでの演奏ですね。
見ればわかりますが、トロンボーンにエフェクタかけまくってます。エフェクタ用のピックアップマイクがヤマハのサイレントブラスなのも興味深いです。(プロでは初めて見た)確かに外に音が漏れないので全て外に一切生音を漏らさない「100%WET」な管楽器エフェクトには有効ではありますね。

このDarren Kramerですが公式ページは
http://www.darrenkramer.com/
アクセスするといきなり音が出て過去アルバムからの抜粋が聴けますが、
一聴して非常に気に入るってアルバム買いたくなる方、も多いのではないでしょうか???
ブレッカーブラザースとファンクとラテンとソウルとロックとソリッドブラスのおいしいトコ取り見たいな感じ???

なお前作「IN THE NOW」はMichael Brecker と Rick Margitza と Eric Marienthalがゲスト参加、かなり強力な作品ですが、マイケルTributeということで
http://www.darrenkramer.com/
ではマイケル参加のうち1曲が無料ダウンロードできるようになっていますね。

Darren KramerのCDは国内であまり見かけませんがとりあえず
https://www.musicstore.jp/database/search.php?order_no=041026
とか一部管楽器に強い輸入ショップにはあるかも。
あとiTunes Storeにも一部のアルバムがありました。



タグ : ジャズ 動画

00:19  |  この記事のみ表示  |  ジャズ  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2007.03.09 (Fri)

WX5 SKIN(WX5のデコレーション用キット)

米ML経由情報。
WX5を金ピカor銀ピカにデコレーションするためのキットが公開されました。

http://www.egraphicworld.com/WX5.htm

Top & Bottom OrnamentsおよびSide Ornamentsが各$20.00
Faux Pearl Button Overlays(キー装飾用のファイクな貝殻模様のデコレーション) $15.00
となってます。日本へ輸出してくれるかは不明。

個人的には、いかにもアメリカンなセンスだなぁーと思う次第。
銀ピカ品は角度によっては一瞬リリコンに見えないことも無い??
[Link to 銀ピカ品の一例写真]


タグ : WX 改造

21:54  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2007.03.06 (Tue)

サックス&ブラス・マガジン volume.02

2月末発売されていたリットーミュ-ジック社の雑誌。
管楽器、それもサックス・トランペット・トロンボーンに焦点を絞った新しい雑誌です。
昨年の創刊号はとりあえず立ち読みだけしまして、この第2号もとりあえず立ち読みでいいかーと思って本屋で眺めてみると、

なんかウインドシンセの記事があってびっくり。

さらに、付属CDに(私的に日本一のアルトだと思っている)池田篤さんの演奏が入っていてびっくり(実質1曲だけだけど)。

ということであきらめて(?)買ってきました。

詳細は
サックス&ブラス・マガジン volume.02サックス&ブラス・マガジン volume.02

創刊号、Vol.2ともamazonでも買えます。

さて、ウインドシンセの記事は、144~145ページ見開き2ページ。ウインドシンセについての解説と、EWI4000s、WX5/VL70-mの説明。ウインドシンセ収録CDの紹介はかなりマニアックなのもあげられてますし記事内容も簡潔明快にまとまっていてちゃんとウインドに詳しい方が書いていらっしゃるんだなーと嬉しくなりました。もしかして編集部にウインド吹きがいらっしゃるのでしょうか??よろしければ次号以降もウインド関連の記事お願いしたいですね。宮○氏、本○氏に聞くEWIのツボ!なんて記事書いたら、一部の層には飛ぶように売れますよ絶対。

あと、ウインド関連では、その記事の次のページに、WX5/VL70-mの1ページ広告。
それから最初のほう、7ページに、マイケルブレッカー追悼として1ページ、2004年Mt.Fujiでプロトタイプ"アジの開き"EWIを吹く写真がでかでかと。その隣のページにEWI4000sの広告。
タイアップの臭いはともかく、マイケル追悼にわざわざEWIの写真を使うとは、やはりウインド使いが編集部にいらっしゃる???


ところでマイケルブレッカーですが去る2月20日にN.Y.で追悼イベントが行われましたがその様子は
http://jazzfusion.com/live2007/mbmemorial/mbmemorial.htm
で読めますね。それも含めこの訃報に関しては
http://jazzfusion.com/int2007/mbtribute/mbtributetop.htm
http://www.michaelbrecker.info/modules/newbb/viewtopic.php?viewmode=flat&topic_id=59&forum=7
にまとまっていますですね。
遺作CDは5/22発売だそうです
http://www.headsup.com/hype.html

ところで今月のジャズライフ(2007年3月号)にもマイケルブレッカー追悼特集が載ってます。立ち読みで済ませてしまいましたが(汗
立ち読みによると、この春にマイケルブレッカー追悼特集のジャズライフ増刊号が出るらしいので、それは絶対買います!









タグ : Brecker EWI WX 雑誌

22:47  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。