--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  この記事のみ表示  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.02.20 (Tue)

Charlie Parker Omnibook収録曲コンプリート@iTS

前回記事からだいぶ間隔があいてしまいました。。。。
なんだかいろんなことが不調続きでして前回書いたけにーぎゃれっとのわーくしょっぷが主催者側の不手際で中止・・・・というのがミソのつき始め、仕事もプライベートも何となく良いことがなーい、終いにはパソコンも故障(増設メモリがイカれた)という。

そんなこんなで、やっとパソコンもなおって、気分転換ーーー!ということで、いつかやろうかなあと思っていた、
”Charlie Parker Omnibook収録曲の全曲コンプリートをiTunes Store上でやってみる”

というのをやってみました。
↓下記クリックで見れます(要iTunes)
Charlie Parker Omnibook @ iTS
icon


このオムニブックというのは以前
http://wx5.blog2.fc2.com/blog-entry-113.html
で書きましたが、チャーリーパーカーのメロディーとアドリブソロ60曲を採譜したコピー集です。Eb版のほか、C、Bass、Bb版もあります。
間違いもそれなりにあるのですが、パーカーの練習をするときには大変便利な一冊であります。ただ、当然譜面を見るだけではパーカーのノリとかはわからないので演奏を聴きながらやるのが大前提になりますが、全曲集めるとなると、それなりの数のCDを買わなくてはいけないし探すのが大変なわけですが、
iTunes Storeだと検索&試聴できてバラ売りなのでかなり楽ですね。
残念ながら"Back Home Blues"だけオムニブック収録バージョン(Take 2)がiTunes上に無かったので、コンプリートは逃しましたが、59曲が簡単に見つかってすぐ買えるとは良い時代になったものです。

(このBack Home Blues(take 2)はVerveのコンプリートボックスに収録されてるのは確認してますが他はわかりません。なお「Verve Master takes Complete盤」には収録されてません)


できるだけ安く多く揃えたい!って場合は、たぶん、前述
http://wx5.blog2.fc2.com/blog-entry-113.html
で紹介した、membranから出てるパーカーの廉価版10枚組CDセットを買って、不足の曲をiTunesで買うのが価格と手間のバランスがとれてて良いんじゃないかと思います。
もっともそのmembranの10枚組CDは、マスタリング処理でノイズは減っているのは良いのですが、パーカーのサックスの音も高音域が「丸く」なっているので、特にアルトサックスの人でパーカーの音色まで研究したい方には不足かも。

そんなマニアックな方は、この際ダイアル、サヴォイ、ヴァーブの各コンプリートボックスを買っちゃうのが良いのではないでしょうか。(せっかくですから詳細な日本語解説のついた日本語盤で)


↑僕の持ってるボックスセット3種類

でも現在amazonではダイアルのコンプリート盤くらいしか在庫無いみたいですね。他は廃盤でしょうか。輸入版も高いっすね。

とりあえず都内の中古CD屋(ディスクユニオンの新宿渋谷お茶の水あたり)だと、上記写真の3つのコンプリート日本版の中古がしょっちゅう出てますので、都内近郊の方はこういう店で買うのもおすすめです。価格はサヴォイ(8枚組)、ヴァーブ(10枚組)が各8000~10000円、ダイアル(4枚組)が5000~6000円くらいが多いです。
スポンサーサイト

タグ : ジャズ サックス CD

22:17  |  この記事のみ表示  |  サックス  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2007.02.01 (Thu)

さらにMike Phillips + EWI + Vocorder

米国MLからのネタ。
前回YoutubeでのMike Phillipsのネタをご紹介しましたがさらに長いものをご紹介。
Derek Wyatt氏のHP
http://derekwyatt.org/index.html
のBlog
http://derekwyatt.org/page0/files/mike_phillips_and_the_vocoder.html
においてMike Phillipsの動画が公開されました。
EWI吹いてます。さらにヴォコーダーEWIも強烈に炸裂してます。

この演奏ですが2006年9月22日にバークリー音大のホールで行われた
AKAI/Alesis/Numark主催のイベントからのクリップのようです。

このイベントの詳細、および演奏は、
iTunesのポッドキャスト
http://phobos.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewPodcast?id=202109033

または
http://www.cyberears.com/index.php/Show/audio/168

で聴くことができますが、以前このポッドキャスト聴いたときは、EWIの音は無かった記憶があって、せっかくMike PhillipsでAKAIなのに何でEWIないんじゃ~。と思っていたんですがやっぱりイベントではEWI吹いてたんですね。
スタンダード曲をモチーフにした演奏なので著作権の関係??

前半はラップ~サックス、中盤EWI4000s、後半EWIで制御なボコーダーラップ
で「Sugar」をモチーフにストリートっぽくやってます。
非常にラフなところもありますが、いやー、ファンキーで良いなあ。凄ぅい。

Michael Breckerに感謝&激励なイベントでもあったようですが・・・現在になってみるとよけいにつらいものがありますね・・・・。


なおこの方のHPでは他にEWI4000sとWX5のMIDI出力の細かさの比較などもされていて興味深いです。
http://derekwyatt.org/page1/page1.html

ウチでもEWI3020/mとWX5で以前同じような比較をしましたが
http://jazz.page.ne.jp/wx/pages/f020_wxewimidi.html

その時同様、EWIの方がMIDI出力が細かいようですね。
まああくまでデータ上の差で、個人的には聴感上の差はないのではと思ってはいますが。。。

タグ : EWI WX 動画

22:15  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。