2015.05.10 (Sun)

VL-Wizard 新しいVL Expert Editorが開発中です

今ウインドシンセで生楽器系音色といえばEWI5000が話題の中心です。最新型ですしね。ソフト音源ではSample Modelingのソフト物理音源シリーズも良いですが、旧い音源とはいえ、どっこいVL70-mも良いと思うのです私としては。少し前のエントリでWX5とVL70-mでの演奏をUPしてますが最近個人的にVLへの興味が再燃しつつありまして、その理由のひとつがエディターソフト「VL-Wizard」の開発情報。

つい先日「VL70-m用の新しいExpert Editorを開発中だけど興味ある?」という旨のメールを開発者のMr. Rudy(ベルギーの方)からいただきまして、当然興味あるので完成度90%というBeta 2 リリース版を使わさせていただいたところこれがすばらしかったのでRudy氏の許可のもとご紹介させていただきます。

なおこのソフトですが公式サイトの連絡先に(英語で)メールすればベータ版のデモ版を試用させていただけるようです。(連絡先は公式サイト2015APR30のエントリの真ん中あたり、 drop me an e-mail のくだり)ご興味のある方は是非どうぞ!

♪公式サイト http://vl70m-wizard.blogspot.be/
♪Beta2リリースの詳細、スクリーンショット
http://vl70m-wizard.blogspot.jp/2015/04/update-given-my-other-duties-it-is.html

♪公式Demo動画(無音)


ごらんの通り大変かっちょいいインターフェースでわくわくします。
このソフトですが以前ヤマハから配布されていたVL Expert Editor(Mac OS 7~9用)をヤマハの許可の元リバースエンジニアリングしつつ開発されたそうで、検索可能な音色ブラウザとともにインターフェースを洗練しつつ現在のPC環境(Windows(ただしXPはサポート外)、MacOSX)で動作するようにしたものになっています。ひとしきり実際に使用してみましたが、使い勝手はとても良く、インターフェースがとっても格好良いことも相まって、エディットするのがとても楽しいです。以下公式サイトでの記述を踏まえた機能紹介と、試用感想箇条書き。

・VL Expert Editorなので、VL70-m本体では不可能な「VLの全てのパラメーター」の編集が可能
・過去ヤマハや海外ウインドシンセで配布されていたVL1他VL音源用の音色ファイル資産をそのまま読み込めて、それを元に音色編集できる。
・もちろん現在VL70-mに入っている音色の再編集もできる。
・開発者サイトから現行音色+過去資産の音色900種類あまりがダウンロードできるので(公式サイトの2015 JAN 13のところ参照)それを読み込んで、ソフト上でブラウズしながらVL70-mに送って吹くだけでも超楽しい。
・音色データをVL70-mに送るのはリターンキー一発でOK、簡単。
・音色のブラウズはVLモデルの種類やキーワード別にでき、検索もできる。
・VL70-mのエフェクタ編集が全てひとつのウインドウだけでできるので、本体で編集するより圧倒的に楽で速い。
・その他のエディットもVL70-m本体で行うより圧倒的に楽で速くわかりやすい。
・画面でパラメータを動かすと音色にすぐ反映されるので吹きながらエディットできて楽しい。
・作成したオリジナル音色はPC保管はもちろんVL70-mのカスタム領域(6音色)に保存できる。
・VL70-mプリセットをいじっただけの音色は、Int領域(64音色)に保存できる。
・ソフトを起動した状態で、VL70-mからDUMPOUT(CURRENT)を実行すれば、VL70-mで現在表示されている音色をパソコンに保存でき、かつ、ダブルクリックだけでVL70-mに戻せる。

ちょっとした注意点
・Cst1~6領域に音色を送りこむと、同時にInt1~6領域も同じ音色で上書きされるので注意(Cst1~6とInt1~6はあらかじめダンプアウトで保存しておいたほうが良い)
・Patchman製の音色ROM音色の場合多少制限があるようです(公式サイドお読み下さい)
・最初はデモ版での試用になります。デモ版ではCst領域への保存ができないなど一部機能制限あり。
・基本的に有料ソフトになる模様。そのお金でVL1などを買って研究してサポート機種を広げたいとのことですので皆さん協力しましょう!
・将来的にはユーザー同士の音色ファイル共有などVLコミュニティを盛んにしたい!という夢をお持ちです。皆さん協力しましょう!


音色ブラウズと、ちょっとだけエディットしているところです。録画してみました。
エディットしながらリアルタイムで音色がかわるのがすばらしい。



というわけでVLのエディット熱が再燃しているところではあるのですが、問題は、いくらエディタが良いとはいえVLのプログラミングはやっぱり難しい!ということであります。しかも久しぶりなので昔いじったりした記憶も全て忘れてしまってイチからやり直し。
というわけで今現在ネットで読めるVLプログラミングの情報を簡単に調べたので備忘録。

http://www.johnkorchok.com/VL1.html
下の方にMannyFernandezTutorialというのがあります。昔IWSA(だと思う)に掲載されていたVLプログラミング入門のアーカイブです。

比較的使いやすく個性もある音色集
http://www.nortonmusic.com/VL70-m.html

音色ファイルがいっぱい
http://www.johnkorchok.com/patches/vl1m/patches/index.html
http://www.kbspace.com/vl1m/patches/index.html

VL1 / 7 /70m日本語マニュアル VL原理やパラメータの説明多少あり
http://download.yamaha.com/search/result/?site=jp.yamaha.com&language=ja&search=VL




タグ : VL

00:37  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2008.02.16 (Sat)

OS-X対応VLエディタ情報

昨年米国のMLに載っていた情報なのですが
自分で試す暇がなく、またML内だけの配布かと思っていたので書かなかったのですが
今見たらSharewareみたいなこと書いてあってクローズドな配布ではなさそうですし
時間的にこの後も当分自分では試せそうにないし
なんか2chウインドスレでは音色ファイルのコンバートでなんとかしろみたいなご指名もうけてるようですし
そんなこんな状況なので
とりあえず情報のみ紹介します

一部の人間には待望の、OS-X版のVL音源エディタが開発公開されています。

[VL ONE 70]
ダウンロードは
http://www-acad.sheridanc.on.ca/~degazio/AboutMeFolder/SoftwareDesign.html
の一番下から。

Expert Editor相当の機能を持つ、VL1 / VL1-m / VL70-m用のエディタのようです。

・・・のようです、というのは自分では試せていないからなのですが、
とりあえず僕のMac (iMac Intel Core 2 Duo、 OS10.4.11)では起動することは確認しました。
無責任ですみませんが僕はどうにも試す時間がしばらくとれないので
興味ある方は自己責任でお試しください。

このソフトの作者の方は他にもいろいろウインドシンセの研究をされていましてHPをには参考になる情報も多いのでそちらのもあわせてご覧になってはいかがでしょう。
http://www-acad.sheridanc.on.ca/~degazio/AboutMeFolder/MusicPages/WindControllerStuff.html

EWIのビブラートのMIDIベンド信号の出力波形の比較とか特に興味深いですね
マウスピースを噛むビブラートをちょうど良いタイミングでやるととても均一できれいなビブラートをかけることがわかります。
他にもWX5とEWIのセンサーの比較とか、VLのパラメーター一覧表とかも興味深いところです。

タグ : WX VL ソフトウェア EWI

20:40  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(2)  |  Top↑

2007.10.16 (Tue)

マイウインドシンセセット更新

夏休みと秋の週末連休を使って、宿願だったウインドシンセラックをようやくつくることができました。
wx5set2007.jpg


普通にホームセンターで売ってるスチールラックの部品を組み合わせて、サイドと背面を黒いプラ段ボールをはめ込んで隠して完成!
ちなみに天板と底板は50×40cmのサイズでありまして横50cmだとちょうどラックモジュールにぴったりのサイズで、奥行40cmもモジュール+ケーブルの奥行きにちょうどぴったりなわけであります。高さは市販の支柱で適当なのが30cmか45cmしかなくて、30cmだと帯に短し、45cmだとたすきに長し、なのですがしょうがないので45cmを使用。
なんだかんだで、総経費4000円くらい。

入っているモジュールは、下から
YAMAHA MEP4 (MIDIプロセッサ)
YAMAHA TX81Z (FM音源)
YAMAHA VL70-m(左側2台)
KORG X5DR  (PCM音源)
BOSS MX10 (ミキサ)
FOSTEX DE-1 (エフェクタ)
で、
モニタースピーカーも組み込んであって
YAMAHA MS-10を2台ステレオ(笑)
まあステレオである必然性はないのですが
MS-10(出力10W)が1台だと、あまりにもパワー不足で、
2台=20Wだと普段演奏するライブハウス(20人くらいで満員の小さなお店。サックスならノーマイクでちょうどいいくらいの感じ)でちょうど良いくらいなのでこんな感じになりました。
MS-10は底面に固定用の雌ネジが埋め込んであるので、これを利用して、ラックのサイドに渡したバーにモニターをネジ止めしてます。
というわけでモニターはほぼ宙吊り状態になっているため、スチールラックの天板のビビリも発生しないという好都合な状態になってます。一応天板にはビビリ防止用にゴムのシートを貼ってあるんですが必要なかったかも。
本当はMEP4は無くても良いんですがスペースがあまってしまったので。
しかし絵的にはもう一個ハーフラックの機材を入れて左右のバランスをとりたいとこですね。

今書いてて気づきましたが、最初に買ったWX5とVL70-mのセット以外全部ハードオフで買った中古品でした。どーでもいいですが。

んでもってこのセット、
本番ではまだ使えてないのですが練習スタジオまで車で運んで、鳴らしてみた感想では
・運搬中宙づりのスピーカーが大きく揺れる(考えてみたら当然だ)ので、ネジがすぐ壊れそう。要改善。
・やっぱ運ぶの大変。もう少し小型化したい
・小さなバンドの編成で、VL70-m 1台または2台レイヤーくらいでしっとり演奏するには全く問題なし
・音源4台重ねてブレッカーもどきとかやろうとすると10W×2では迫力不足&チープ感あるのは否めないかな

そんなわけでまだ要改善なので、ちょこちょこといじろうとは思ってるのですが、とりあえず配線丸見え状態からはかなりすっきりしたので、部屋の中はすっきりしました。嬉しいっ!

タグ : WX VL 日記 試してみた

21:56  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(1)  |  Top↑

2005.12.19 (Mon)

シンセでBIG BAND

DTM Magagine web Siteによれば
JAZZ専用音源「GARRITAN JAZZ & BIG BAND」
が発売だそうです。
http://www.dtmm.co.jp/archives/2005/12/jazzgarritan_ja.html
デモソングあり、ということでリンク先の
http://www.garritan.com/jazz.html
でいくつか聴きました
実際にBIG BANDの中で演奏している身としては
ん~~~、あと一歩!というところはありましたが、
それでも「A Selection of Saxes 」というデモ↓なんかは
http://www.garritan.com/Jazz/JazzMp3s/05Saxophone_Selection_Demo.mp3
サックスの、「息を吸うときの音」や「運指のときにキーがカチャカチャいう音」まで再現していて感心してしまった。

管楽器系ソフトシンセでは話題の「BRASS」もやっと発売になりましたけど
http://www.dtmm.co.jp/archives/2005/12/brass.html
こちらのほうのデモソングは、あいかわらず、イマイチ。
たぶんソフトのポテンシャルはもっと高いと思うんだけど、このデモソングはどうなんでしょうか。

ソフトシンセ全盛のこの頃ではありますがどっこいVLも負けていないということで
1997年のNAMMにおける、管楽器奏者のほとんどが「WX11とVL70-m」を吹く「VL VIRTUAL BIG BAND」の模様が下記リンク先で公開されています。
http://www.patchmanmusic.com/WindControllersAt97NAMM.html
このページそのものはかなり前から公開されているので御存知の方も多いとは思いますが、
最近(数ヶ月前??)、このときの記録がMP3で公開されました。
http://robosax.com/vlbigband/

です。すごいっすよ。是非聴いてみてください。

まずメンバーがすごい。
アルトが、Tom ScottにBrandon Fields。
トランペットがMatt Catingubに、Nyle Steinerも参加(Steiner氏だけコントローラーはEVI)
ドラムがSteve Gadd。どひゃー。

おすすめは
1 - Tom & Steve Jam 1
と、
15 - Frequent Flyer

ドラムだけ生ドラムだけど、あとは全て電気楽器。管楽器とギターの音源は全てVL70-m。
このビッグバンドの迫力はすごいっすよ。とてもバーチャルとは思えない。
すごいプレイヤーが集まればVL70-mもここまでできるんですねぇー。

ちなみにリードトランペットパート担当でアレンジも提供しているMatt Catingubは、サックス奏者でありまたビッグバンドのリーダー/アレンジャーとして多くの作品がありビッグバンド界では有名な存在であります。

なかでも異色作に1984年の「Hi-Tech Big Band」という作品がありますが、

Hi-Tech Big Band
Matt Catingub
B000001850
曲名リスト
1. More Blues and the Abcessed Tooth
2. Thad-Ish
3. Umpire Strikes Back
4. Don't Blame Me
5. Donna Lee [Introducing Lady Madona Lee]
6. Don't Be That Way
7. Honeysuckle Rose
8. Back to Basieques
9. Samoana
10. Indian Riffs
11. Every Breath You Take

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


このアルバム、半分は普通の生ビッグバンド編成での演奏なんですが(一時期アマチュアビッグバンドで流行した”トロンボーン殺しのDonna Lee”を収録したアルバムでもあります)、

あとの半分(2,3,4,6,9曲目)はサックスパートは生サックスですが後はドラムマシンと、シンセ(それもYAMAHA DX7だけ!)だけでブラスとリズムパートを録音した曲になっています。アレンジャー自ら一人だけで全パートを録音した実験作と言えるとも思いますが、確かに生バンドにくらべると足りないところもありますが、1984年、DX7だけ、ということを考えると驚異的なサウンドがします。はっきり言って最初に書いた「GARRITAN JAZZ & BIG BAND」のデモより素晴らしい。(結局これが言いたかった)。

やっぱり何でも道具は使いよう、ってことですねぇ。

タグ : CD WX VL 試聴 ソフトシンセ

23:08  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(1)  |  Top↑

2005.06.03 (Fri)

VLとMDHデモ動画

ML経由の情報
http://digitalmedia.oreilly.com/2005/06/01/controller1.html
にMIDIコントローラの特集が出てますが
真ん中あたりの画像をクリックで
MDHという比較的最近出たコントローラでVL70-mいろんな音色で演奏するデモ動画が見れます。
好みの音色とそうでない音色と、意見はわかれるとはおもいますが
VLの各音色の、音色ごとにちがう音色変化のクセをすごく把握していて、それをよくベンドその他でコントロールして活かしている演奏ですばらしいです。VLでの練習を相当してるんだろうなあということがうかがえます。一見の価値アリ!

タグ : VL その他ウインド

08:33  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP |