--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  この記事のみ表示  |  スポンサー広告  |  Top↑

2009.07.07 (Tue)

Yellowjackets/ New Morning: The Paris Concert (DVD)

Yellowjacketsの最新作、ライブDVDが発売になりました。予約してたのが今日届きましたよ。

Yellowjackets / New Morning: The Paris Concert [DVD]

B002BW79WMNew Morning: The Paris Concert [DVD] [Import]
Yellowjackets

Heads Up International 2009-07-07
売り上げランキング : 10879

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Blue-Lay版もあります。

B002985NJOParis Concert (Ac3 Dol) [Blu-ray] [Import]
Yellowjackets

Inakustic Gmbh 2009-07-14
売り上げランキング : 43153

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


DVD版のリージョンコードの表記がamazonではリージョン1になっていますが、実際はリージョンフリーです。普通のDVDプレーヤーで問題なく再生できます(amazonはリージョン表記間違いが多いですね)

内容は、2008年3月の、パリのライブハウスでのライブ演奏です。所属レーベルHeads Upの公式収録だけあってカメラアングルや画質、音質、等々綺麗でしっかり作られている感じです。全12曲98分。ライブハウスで2ステージまるまる聴く、っていう雰囲気です。オマケとして、サウンドチェックの模様をバックにベースのジミー・ハスリップがバンドについて語る映像(約7分)も収録されています。

とりあえず通しで見ましたが、いやー、大満足。ごちそうさまでした。

EWIですが、2曲で使用しています。5曲目Cross Currentと6曲目Dewey。普通のEWI4000sですが、4000sを使い出して数年たつということでいよいよ自分の手足のように吹きこなしてます。さすがです。
というわけでYellowjacketsが嫌いでないEWI吹きの方には断然お薦めの一品でございます。
スポンサーサイト

タグ : EWI DVD Mintzer

23:50  |  この記事のみ表示  |  CD/DVD  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2009.02.18 (Wed)

DVD / THE SQUARE~T-SQUARE since 1978 30th Anniversary Festival

The~T-SQUARE 30周年ライブDVDが発売になってました。

B001OAMUOOTHE SQUARE~T-SQUARE since 1978 30th Anniversary Festival“野音であそぶ” [DVD]
T-SQUARE SUPER BAND Special

おすすめ平均 star
star初期メンバー多数出演の豪華版

曲名リスト
1. Medley 2008
2. Copacabana
3. Show Dance
4. Midnight Lover
5. Hawaii E Ikitai
6. Cry For The Moon
7. Islet Beauty
8. Rondo
9. Landscape
10. Scrambling
11. 2008オレにカマわずゆけ (Drums & Percussion Session)
12. Texas Kid
13. Omens Of Love

1. Radio Star
2. Truth
3. All About You|Credit

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

♪ブルーレイ版もあり。

私はNHK-BSの放送(の総合TVでの再放送)を見て満足しちゃったんで買ってませんが、その時の感想としては、最初の超ロングメドレーでもう、おなかいっぱい大満足。でした。あと宮崎さんのEWIはすごいな~と。

なお、仙波つながりということでご紹介すると

イン・コンサート [DVD]イン・コンサート [DVD]
仙波清彦とはにわオールスターズ

曲名リスト
1. ちゃーのみ友達スレスレ
2. ホーハイ節
3. 人間合格
4. リボンの騎士
5. シューベルトのセレナーデ
6. この胸のときめきを
7. 奇妙な果実
8. 体育祭
9. 寿司屋のケンさん
10. 竹豊で東京バンブー・ボーイズ
11. ブンガワン・ソロ
12. Y.M.C.A.
13. 大迷惑
14. オレカマ
15. 水
16. あいみん
17. めだか
18. IL PRETE CHECCA

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


がDVDになってます。私、昔これ、自分ではプレーヤー持ってないのにレーザーで買って、レーザー持ってる知人にビデオにダビングしてもらって見た思い出があります。これはもう、傑作中の傑作、未見の方は是非!!!


タグ : EWI DVD 伊東たけし 宮崎隆睦

21:39  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2009.01.09 (Fri)

Steps Ahead / At Mount Fuji Jazz Festival (DVD)

9月にリンクだけ紹介しましたが、ブレッカーがSteiner MIDI-EWIでPowerBook上のソフトシンセを吹きまくる、2004年、Mt Fuji Jazz Fes.におけるSTEPS AHEAD再結成ライブ動画(wowow放送されたものの一部)
がYoutubeにあがってます。
Beirut


と、

Trains


このライブは私、生で見ることができまして、そのときの興奮過多なレポート、およびこのとき日本初披露となったSteiner MIDI-EWIについては
http://wx.jazzsynth.com/pages/m060_2004kizai.html
に載せておりますので、詳しくはそれを読んでいただければ良いのですが、この演奏を記録したDVDが昨年夏に発売されておりまして、やっと入手して内容を確認できたのでご紹介。


HMVに出ているのをみつけて↓、予約から2ヶ月近く待ってようやく到着しました。
Steps Ahead/At Mount Fuji Jazz Festival


レーベルは・・・JazzDoorです。どう考えても入手経路・権利関係が怪しいのになぜかHMVはじめ大手販売店で大っぴらに売られているというレーベル。ということからも予想できるとおり、これ、内容は、完全に、以前wowowで放送したものと同じです。ボーナストラックとか一切なし。放送で挿入された、メンバーへのインタビューも(順序が少しかわっているけれど)そのまま入ってます。独逸国製作のDVDに日本語字幕がついているというのが笑える。ジャケット画像の脱力さも相当なものです。

しかし!
演奏内容は強力この上ないです。
曲目そのものは1986年の↓厚生年金会館ライブ
Steps Ahead/Steps Ahead Live (Ltd)

のものと同じなんだけど、さすがに18年の月日の積み重ねと、なんといってもガッドのドラミングがすごいったらなんの。
wowow放送と同じなのでEWIひとりだけでやったソロやベースソロ、Poolsなどが収録されてないのは大変残念なのですが、それでも、未見の方は、是非見てください。(wowowの録画を持ってる方は不要ですが)
あまりブート盤をすすめるのは気が引けるのですが、1986年のライブと併せて、ウインドシンセ吹き必見のDVDと断言いたします!!!
DVD収録曲全5曲のうち、EWIが活躍するのは
・Beirut
・In A Sentimental Mood
・Trains(の前半)
マイケルブレッカーは、Steiner MIDI-EWI、Apple PowerBook G4、Logic上でMoogほか数種のソフトシンセによって演奏しています。EWIUSBの登場でソフトシンセによるEWIの使用にたいする敷居が一気に下がりましたが、2004年当時のソフトシンセ環境でもここまでできてしまうということを確認する上でも格好のビデオであります。

ちなみに1986年のライブの「Beirut」もアップされていたので貼り付けます。較べて見る(聴く)のも一興。


タグ : EWI Brecker DVD 動画

00:34  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2008.05.18 (Sun)

Yellowjackets / Lifecycle とDVD 2作品

ちょっと前にちょっとだけ紹介しましたけどYellowjackets (YJ)の新作CD、
日本版は先行して16日に発売になってます。US版は20日発売。

日本版
ライフ・サイクルライフ・サイクル
イエロージャケッツ・フィーチャリング・マイク・スターン イエロージャケッツ マイク・スターン


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



輸入版
LifecycleLifecycle
The Yellowjackets


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


日本版は前作同様、直輸入仕様ということなので、
前作に習えば中身は輸入盤と同じで1枚日本語ライナーが添付されている、ものだと思います。(なお輸入版にはSACDバージョンもあります。上のリンクは普通のCD版)

レーベルサイトで1曲丸々試聴ができます(アクセスするといきなり始まります)
http://www.headsup.com/albums/3139.html
また、リンク先の上の方の「VIDEO」タブを押すとプロモビデオが見れます。
YJ公式サイトでは全曲部分的に聴けます。
http://www.yellowjackets.com/discography/YJ/48

今回の目玉はなんといっても「マイク・スターン」参加。
聴けばわかりますけどかっちょいーなー。
EWIのクレジットはないですけど一応使われてるみたいです。10曲目「Lazaro」のメロディなんかはもろにEWI4000sの音ですね。6曲目もそうかな?

※5/28追記:6曲目EWIメロ(ギターとユニゾン)の後EWIソロあり。10曲目のEWIはメロディのみでソロはなし。でした。

また、数年前から出る出るといわれていてなかなか出なかった1994年のOhne FilterでのライブDVDが7月にやっと発売されます。
In Concert: Ohne FilterIn Concert: Ohne Filter
Yellowjackets


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

amazon.co.jpではリージョン1て書いてありますが、amazon.comだとリージョンフリーになってますし、このOhne Filterシリーズはいつもリージョンフリーなのでたぶんリージョンフリーが正解だと思います。このライブの一部はYoutubeにあがってますね。
http://www.youtube.com/watch?v=6lDFgNzI-w0


さらに紹介しますと2002年に出ていた2枚組ライブCD「MINT JAM」のDVDが既に発売されています。
ただしこちらはYellowjacketsの公式サイトでの限定販売。
http://www.yellowjackets.com/catalog/product.php?catcode=dvd&pcode=yj003dvd

この中の一曲(動画)はレーベルのサイトで見れます
http://www.headsup.com/albums/3065.html
から上の[VIDEO]のタブを押すと見れます。

「MINT JAM」は僕がYJにハマったきっかけのCDでして今でも良く聴きますし、自分の中では今現在でもこれがYJ の最高傑作なので当然DVDが出ればとびつく!んですが、公式サイトでの販売しかなくて、せめて米amazonあたりで売られないものかと思って待ってたんですが、いつまでたってもだめそうなので、今回、LifecycleのCD(まーどうせなのでサイン入りを注文)といっしょに公式サイトに注文しました。送料は2枚で11.53ドルってことで、まあ、許せる範囲内でした。とりあえず円高の今が狙い目ではあります。
って、まだ届かないんですけどね。今月中には届いて欲しいなあ。

※5/28追記
5/25にYJ公式サイトから届きました。消印からすると向こうの出荷は20日だったようです(特に出荷連絡のメールとかはありませんでした)
サイン入りCDは、CDの表紙に4人のサインが黒マジックで入っていました。(マイクスターンのサインはなし)
DVDのほうですが、ウチの通常のDVDプレーヤーで問題なく再生できました。
音質画質ともに良好。
全9曲+メンバーへのインタビュー収録。
演奏は大部分はCDと同じですが、部分的にCDと異なっている箇所があります。同じ曲の中でミンツァーのソロはCDと同じなのにフェランテのソロがCDと違っていたりとか。CDは若干複数テイクから編集したりしたんでしょうね。それはそれで違う演奏が楽しめて良いでしょう。最後の曲はCD未収録曲なのでこれも嬉しい。EWI1000が2曲(MofongoとNew Jig)で使われてます。EWI ソロ部分はCDと同じテイクです。

タグ : EWI CD DVD Mintzer

21:36  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2007.01.06 (Sat)

MP3編集とか耳コピとかDick Oattsとか

年末年始は主に大掃除と、実家でまったり、な日々でございましたが
音楽関連ではCDをいっぱい買った他、
昨年録りためたいろんな音声ファイル(自分のライブとかレッスン記録とかネットラジオとか)の編集と整理、それからDick Oattsのサックスの耳コピ等やってました(というか今もやってるところ)
そんなこんなでそういう作業に便利なMac OS-X用のソフトウェアを探して、いくつかレジストしました。いやーオンラインソフト買ったのも久しぶり。
レジストしたのは次の3つ。

・Amadeus Pro
http://www.hairersoft.com/AmadeusPro/AmadeusPro.html
AIFF,WAV,のほか、MP3に、AACやApple Losslessまで直接読込・書出ができるマルチトラックの音声編集ソフト。読み込みもノーマライズもかなり速い。各操作がかなり使いやすい。よく使う作業を登録できてクリック一発で処理できる。曲間にマーカーをつけて、曲毎に分割した音声ファイル(AIFFでもMP3でも)を一度に書き出せるほか、直接音楽CDに焼き出しできる。
EdirolのR-1で録音した自分のライブを読み込んで、不要部分をカット、ノーマライズして、直接CD焼く、なんて作業がこのソフトだけで簡単に出来ます。

・Fission
http://www.rogueamoeba.com/fission/
MP3ファイル編集ソフト。MP3, AAC, といった圧縮ファイルを「再変換せず」そのまま分割・切り貼りでき、さらにフェードイン/アウトとノーマライズ(音量調整)できる。編集画面に波形が出るのでとっても使いやすい。

・Transcribe!
http://www.seventhstring.com/xscribe/screenshots.html
耳コピ用ソフト。各種音声ファイルを読み込んで、音程を変えずに、リアルタイムで速度を遅くしたり速くしたりして繰り返し聞けるソフト。波形を見ながら必要な場所を指定、ゆっくり何度も聴きながら耳コピします。もちろん速度を変えずに音程を変えることも可能。
同種のソフトはいくつかありますが、使いやすさでは断然これが良いと思います。指定範囲に含まれる周波数グラフをピアノ鍵盤上にグラフ表示してくれるので耳コピの補助になる。
昔から使ってましたが、最近のバージョンになってMP3を直接開くことができるようになったのでさらに便利になりました。


ちなみに今何を耳コピしてるかというと
サックスの先生にこないだおすすめをいただいた
Dick Oattsでして、いろんなアルバムがあるんですが、
スタンダードで、自分があんまり得意でない曲、ということでGreen Dolphinをやってます。


iTunes Storeにもあります(視聴可能)

Dick Oatts - Standard Issue, Vol. 2 - On Green Dolphin Street

をクリック。

Dick Oattsも恥ずかしながら私全然聴いたこと無かったんですが、Kenny Garrettの師匠なんだそうで。
そんなわけで、ギャレットそっくり(ではなくてGarrettがOattsそっくりなわけ)ですが、音色的にはギャレットほどギョロギョロ極端ではなく、端正で、リーコニッツとギャレットの良いとこ取りみたいな感じで好きです。

耳コピすると、音使いもそうですが、あまり自分にいままでなじみのなかったアーティキュレーションが結構出てきて、大変ですが楽しいです。

公式サイトでもいろいろ試聴できます
http://www.dickoatts.com/

蛇足ですがDick Oattsでいろいろ探しているとこんなDVDもあったので買っちゃいました



メルルイスのオーケストラの1982年のライブなんですが、リードアルトがDick Oattsで、サードアルトがKenny Garrett。どっちもすげー若い!(ちなみにテナーにはJoe Lavanoも参加してます。ソロは無いですが)曲は1曲を除きハンコックのスタンダードで、アレンジがBob Mintzerというのも自分的には嬉しい一枚でした。
(なおamazonではリージョン1 と表記されてますが実際にはリージョンフリーで、どのDVDプレーヤでも普通に見れました)

タグ : ソフトウェア CD DVD サックス

11:53  |  この記事のみ表示  |  CD/DVD  |  TB(0)  |  Comment(2)  |  Top↑

2006.10.12 (Thu)

Bob Mintzerの教則本 その1

先月はBob Mintzerクリニックがあり行ってきたという話題は既に書いたとおりです。Mintzer氏は何冊か教則本を書いていますが、クリニックでもちらっと「具体的な練習方法とか詳しくは自分の教則本にかいてあるからよろしくね」なんてことも言ってました。そんなこともありちょっと話題遅れではありますがBob Mintzerの関わった教則本についてご紹介してみたいと思います。

教則本の著作は4作。いずれもテナーサックスによるデモ演奏とカラオケ収録したCDがついていて、演奏を採譜した譜面、およびその解説からなる教則本です。
ますは処女作。コンテンポラリー系プロ奏者からも評判の定番の本ですね。
14 Jazz & Funk Etudes

(上記はC楽器用へのリンク)

処女作と同じコンセプトで、より8、16ビート系に力を入れた第2作目
14 Blues & Funk Etudes

(上記はC楽器用へのリンク)

前2作は初心者には難しすぎるーーーということで、クラリネットを始めたばかりの息子の練習にあうように作ったという、ジャズ入門者用
15 Easy Jazz, Blues & Funk Etudes

(上記はBbサックス用へのリンク)

過去3作はいずれも「書きソロ」による譜面とデモ演奏&カラオケCDが付属しているのですが、この作品では書きソロでなく「その場で本当にアドリブ」したソロを後から採譜する、という形で書かれており、教則本というよりはよりライブ感のあるソロが練習できる
12 Contemporary Jazz Etudes

(上記はBbサックス用へのリンク)

以上4作が出版されています。これらは全てC、Bb、Eb、Bass用の譜面が別々に売られているので、ご自分の希望のKeyの本を選び間違えないようにしましょう。日本のamazonには特定のKeyの取り扱いがない場合もありますので、米国のamazonから買うとか、国内のMSJPとかアムレスとかの輸入販売業者さんから買う手もあります。関東圏では渋谷ヤマハに(たぶん)全てKeyの在庫がりますので中身を確認して買うことが出来ます。

それから教則本というよりは、Mintzerの演奏したCDから採譜したいわゆるコピー集として
The Music of Bob Mintzer

が出ています。
これはMintzerの過去のアルバム(Mintzerビッグバンド、ソロリーダー作、イエロージャケッツ作品)から12曲セレクトし、テーマのリードシートと、アドリブソロ
が採譜収録されています。アドリブは曲によってはソロの前半部分だけだったりするのはちょっと残念ですが、CDが付録でついていて、この本の著者のインタビューに答える形でMintzer自身が作曲やアドリブについての解説をしゃべってくれます。(もちろん英語で翻訳はありませんが)アドリブだけというよりは作曲も含めたMintzerの音楽全体にせまろうという本ですね。

それから教則本ではありませんが、Mintzerが関わったクリニックのDVD。
The Hudson Project Live in New York City」という題名で、Abercrombie, Erskine, Mintzer, PatitucciのカルテットによるセッションがCD化されていますが、
それの映像版(DVD)が出ています。


これ、CDでは演奏だけなのですが、もともとはクリニックの一環として行われたコンサートなので、DVDでは、演奏のほか、クリニックの模様も収録されています。具体的にはコンサートの聴衆から、何らかの質問があり、それに演奏者が回答するというものです。(英語。字幕なし)なんか興味深そうなことは言ってるんですが何せ英語なので(字幕もなし)アレですが。演奏自体はすばらしいです。
amazonではリージョン1になってますが、出版元サイトではリージョンフリーになってますので、たぶん普通に見れます。(僕はVHSビデオ版を持っているので実際にDVDを確認してはいません)

あとはオマケ情報になりますが

Bob Mintzer Big Bandの譜面が各出版社からたくさん出版されているのは皆さんご存じの通り。日本ではMSJPとかアムレスとかの業者さんから買えます。また関東圏では、ヤマハ渋谷店にビッグバンドの譜面の在庫が結構な数あるので、実際の譜面をちょっと確認することもできます。
Big Bandの他にはサックスアンサンブルの譜面を書いていまして、いくつか出版もされています。CD化されているものは
Saxology featuring Bob Mintzer
http://www.atn-inc.jp/8057.htm
等が確認ずみ。譜面も先の日本の業者さんから買えます。

またPDFのダウンロード販売としてcomposersworks.comってとこで譜面PDFが買えますね。このページなにげにMintzer Big Bandの動画が置いてあったりしますのでとりあえず興味ある人チェック!(ちなみに曲名はGently)


とりあえず今日は簡単にタイトルだけご紹介ということで次回以降、最初に紹介した教則本群については個別に詳しく書くつもりです。
以下、続く・・・・。

タグ : Mintzer 教則本 DVD

23:42  |  この記事のみ表示  |  ジャズ  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2006.09.17 (Sun)

Michael Urbaniakリリコン演奏DVD(Billy Cobham's Glass Menagerie)

2chウインドスレ経由の情報によればYouTubeにリリコン動画があるというこで
http://www.youtube.com/watch?v=rME1WvYeBzM
見てみますとこれが凄い。
既にそのウインドスレやJWSA-BBSにも情報がありますが、それらによればこの奏者はMichael Urbaniak、楽器はLyricon-1ということです。
Michael Urbaniakのリリコンについては唯一無二のリリコンサイトMASAさんの「MASA's Lyricon Museum」に詳しいです。
なお公式サイトはhttp://www.michalurbaniak.com/ですがリリコンについての記述は見つかりませんでした。

さてもうちょっと探すとどうやらこの動画はDVDでリリースされているらしい。
Youtubeで演奏は気に入ったし、メンバー見ると、リーダーのコブハムは当然として、キーボードがギル・ゴールドスタイン、ギターがマイク・スターンと好きなサイドメンバーばかりだったので、アマゾンでちょうど在庫有りだったこともありサクッと注文しちゃいました。

B00008G8H4Billy Cobham's Glass Menagerie
Billy Cobham Mike Stern Gil Goldstein
2002-11-19

by G-Tools


この記事を書いている現在amazon.co.jpでは在庫がないのですが、HMVにはありました。またその他大手CD店には売ってると思います。ちなみに僕は買ったときは税込み3,543yenでした。


さてDVDの中身ですが、Youtubeのモノと同一です。もちろんDVDの方が映像も音質も良いのであれを観て気に入った方は充分買う価値があります。
1981年のライブで、全10曲収録。音楽的には80年代前半の雰囲気は色濃くありますが、決して古くはなく、あらためて聴くとむしろ新鮮、温故知新。まあ視聴はYoutubeでできますので各自確認していただければよろしいのですが、
リリコン入りの曲は6曲、内5曲では充分な長さのソロがあります(他の曲ではUrbaniakはバイオリンを弾いてます)
ソロのある曲ではみなリリコンならではの音を楽しめますがやはりその中でも出色の曲は2ちゃんでも最初に紹介された」Flight Time」でしょうか。スローバラードの中で変化に富んだリリコン音色を堪能できます。それにしてもUrbaniakの演奏は見事です。フルート・尺八的なフレーズなど、ベンドや強弱、音の跳躍を上手く使って独自の表現をしています。
私自身はリリコン吹いた経験がないのでなんともいえないのですが、暴れ馬のようにコントロールしにくいと言われるリリコンを完璧に操縦するとこうなるのかなー、と思いましたが、してみると、EWIにしろWXにしろ、ものすごい不安定なセッティングにしてみてみると案外リリコンに近くなりやすいのかなと思ったり。

DVD観ながらWX5をパラパラ吹いていると偶然にも手持ちの音色でやや近いモノがあったので即席で
録音してみましたが、
うーーーん、まだまだかな。特にビブラート不足だなぁ。
ちなみにWX5/VL70-m、音色はプリセット1-105をちょっといじったもの、伴奏はQY70。


-------------

DVDのほうは、リリコンの他にはマイクスターンの暴れっぷりが良かったです。しかし若いなー。
なお、このDVDのライブツアーの元になったCDが、ちょうどこの11月に再発になるようです。
StratusStratus
Billy Cobham's Glass Menagerie


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

前述のMASAさんのサイトによれば、3曲でリリコンが聴けるとのことでこちらも楽しみです。

タグ : リリコン 動画 DVD CD 録音してみた

21:12  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(1)  |  Comment(0)  |  Top↑

2006.06.27 (Tue)

25到着

やっと日本語版が発売になったYellowjacketsの新作「25」
よーやく届きました。待ってたよ~。

2005年のフランスでのライブをたっぷり収めたCDと、イタリアでのライブをたっぷり収めたDVDの2枚組。
さっそく聴いた&見ましたが




・・・凄ぇ。凄すぎ。

CDも良いですがやっぱりDVDで画を見ながらだと圧倒的です。。

・・・黙って買いましょう。

・・・悪いけどこれにくらべたらJ-Fusionは(以下略)

   日本 Vs. ブラジル戦みたいな。

・・・しかしこれで¥2500は安い。



試聴・詳細はレーベルHeadsupのサイトからできます。
http://www.headsup.com/ecards/3112/industry.html

amazonでは
輸入盤はこちら。

日本語盤はこちら。


日本語版ですが、DVDに日本語字幕とかはありません。盤そのものは海外プレスの直輸入仕様なので、内容は日本語版でも輸入盤でも同じです。DVDのリージョンはフリーです。
どこが違うかっていうと、日本語版は日本語ライナーが一枚入っているだけ。はっきり言って短くて内容も薄いライナーなので、無くても良いです。と言うわけで輸入盤をamazonのマーケットプレイスで買うのが一番お得かな。

ちなみにEWIですが、CDで1曲、DVDで3曲使われてます。3020 + 3000mです。

タグ : EWI Mintzer DVD CD

22:56  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2006.03.25 (Sat)

Twenty-Five / Yellowjackets

もひとつBob Mintzer関連ネタ
Yellowjacketsの新作の試聴と予約が開始。
結成25周年記念作は2005年の欧州ツアーからのライブCD、なんとインタビューと演奏を収録したDVD付き。




試聴・詳細はレーベルHeadsupのサイトから。
http://www.headsup.com/ecards/3112/industry.html

5曲目(約11分の白熱の演奏!)が一曲丸々128kbpsでDownloadできます。
またプロモーションビデオも見れます
いつもながらheadsup太っ腹!

また上URLをクリックしてポップアップで開いたFlash窓から全曲試聴できます。
ポップアップしない場合は
http://www.headsup.com/ecards/3112/i-ecard.html
から。

曲目的には新曲はなくてYellowjacketsの旧作からの曲ですが、アレンジ・演奏が全然違うのがさすがにyellowjacketsですね。

5曲目Free Day ではMinzerのEWIが聴けますね。ちょっとだけフリー風味。こういうアプローチのEWI演奏はあまりないですよね。
またプロモーションビデオの最後の方でEWIを吹いてるとこがでてきます。(曲目は"The Red Sea")。EWI3020/3000mを吹いてます。これ、オマケのDVDに収録されてるのかな?どうなんだろ。

5/23発売、ということで、まだ早いかなと思いつつamazon覗いてみたらもう予約受け付けてました。しかも日本語版。おまけに現在10%OFF。ということで速攻で注文しました。しかし新作でDVD付きでこの値段は嬉しい!

トゥエンティ・ファイヴ(DVD付)トゥエンティ・ファイヴ(DVD付)
イエロージャケッツ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

タグ : EWI DVD CD Mintzer

20:27  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2005.04.30 (Sat)

DVD / Jaco Pastorius Big Band Live in Japan

ジャコパスのワードオブマウスビッグバンド1982年の武道館公演がDVD化。

(画像はhttp://img.hmv.co.jp/image/jacket/190/10/7/9/593.jpgの引用)

曲目、演奏者、価格等は
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1079593
参照。軽く検索したところではアマゾンでは取り扱い無し。タワレコ等にはありますが価格的にはHMVが一番安いかな?

もう、私的には、この時の来日公演からセレクトされたCD
TWINS1&2~ライヴ・イン・ジャパン
TWINS1&2~ライヴ・イン・ジャパン

の演奏が、ラージバンドにおけるジャズの最高峰のひとつだと思っているので(何回聴いても信じられない演奏だ・・)。HMVからお知らせメールが来たときには躊躇なく予約ボタンをポチッと押しましたよ。

で、発売日の翌日に届いて、何度か見ましたが。
凄い~。
まずJacoの姿。ベースを弾く。ステップを踏む。それだけでむちゃくちゃ格好良い。単なるJazzプレイヤーではないオーラが出てます。
ミンツァーやランディの姿。オーラまでは出てませんが演奏の「間」やランディがエフェクタレベルをいじるタイミングな等を映像で確認できて、納得。
Sophisticated LadyにおけるTootsとJacoのDuo。インタープレイ中の表情をアップでたっぷりと見れる。
ただただすばらしい。

もっとも音声はヒスノイズが目立つしモコモコしてるし、しかもモノラル録音。普通にスピーカーで映像見ながらなら映像の迫力で音の事など気になりませんが、ヘッドホンで聴くとやっぱりつらい。
映像の方も、許せる範囲ではありますが。お世辞にもクリアではないし、アングルももう少しなんとかならないのか、というところも多し。

でもそんなことは些細なこと。
音声はTWINS聴いて脳内修正すればいいし。
(でも逆にTWINSかその編集盤の"INVITATION"のどちらかを聴いた上でないと楽しみ半減というのはあるかもしれませんが)
「歴史」的演奏を80分いつでも誰でも見ることができるだけで充分すぎる価値があります。
というわけで、必見と断言です!

タグ : ジャズ DVD CD

14:34  |  この記事のみ表示  |  CD/DVD  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。