FC2ブログ

2006.12.21 (Thu)

HMV

最近の我家の様子。




ご存じHMVの発送箱。なんだかここ1ヶ月程の間でこんな状態になってしまいました。
CDはamazonで買うことが多かったんですが、ここのところamazonでも扱っていないようなマイナーなCDが欲しくなることが多くて。特にヨーロッパ系レーベルはamazonになくてHMVに有るものが結構あります。
HMVは一回の注文が2500円以上だと送料無料、また最近はDVD2枚まとめて注文すると25%オフとか、輸入CD三枚まとめて注文すると25%オフとかのキャンペーンをやってるので、いきおい複数枚まとめて注文することが多くなります。
んでもって、マイナーなCDばっかり注文するもんだから、注文時の予定納期より入荷が大幅に遅れるものがほとんど。
HMVはそういうときに丁寧で、複数枚一括注文で一部に納期遅れが出た場合、入荷済みのものから個別に発送してくれます(このとき新たな送料は発生せず、トータルかかる金額は注文時の金額のままです)
そんなわけで、3枚一括注文したCDが、3回に分けて届いたりするんであれよあれよという間に写真の有様。
HMVはCD一枚でも写真のような割と大きめの箱で、宅急便で送ってくるんですよね。
CD1枚の場合はamazonのように封筒みたいなのでメール便にすればいいのにと思う。
おかげで佐川急便の兄さんと顔見知りになってしまった(笑)

そんなHMVで何を買っているかはこの後ヒマをみつけて書こうかと思ってます。




そんなこんなついでに、HMVでもアフィリエイトを始めてみています。
HMVジャパン

上のバナーをクリックしてHMVに飛んでいただいて、検索するなどして、購入していただくと私にいくばくかの金額が入るというアサマシイ仕組みでございます。どーもスイマセン。
なおこのページの右の方にでているHMVの検索窓付きバナーも使えます。

HMVの場合ちょっと不便なのは、個別商品への直接リンクにはアフィリエイト有効に出来ないってことで残念なんですが。

あと、ついでに、ページ右のバナー群に有ります通り、
キーボードマガジンとか教則本でおなじみのリットーミュージック(インプレスダイレクト)、
国内最低価格保証を謳う、電子楽器・機材ではおなじみサウンドハウス、
それからApple Store、iTunes Storeのアフィリエイトも始めましたので
これらの店で何か買う機会の有る方はよろしければよろしくお願い致します。

タグ : 日記

00:54  |  この記事のみ表示  |  日記・メモ  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2006.10.10 (Tue)

買った~!

一昨年あたりからいつ買うかいつ買うか、時を見計らっていた買い物。
先週ついに成就!



買うときは一気に行きましたよ
9月に出たばっかの
・iMac 20inch (late2006) と
・第5世代iPod (30G・late2006)
さらに
・増設メモリ1G×2
・LaCieの外付HD(400G)
計269400yen也。

ちなみに全部楽天Plusyuで買っちゃいました。Macの価格そのものはまあ普通ですが、
LaCieのHDは激安だったので、思わずいっしょにかってしましました。(HD購入検討の方いかがですか?)

いままでずっと使っていたのは7年前に買った初代Blue&WhiteのPower Mac G3+OS9.2でしたが、昨年あたりから、見れないWEBページや動画がやたら多くなりまして(YouTubeも2回に1回くらいブラウザがフリーズするし)さすがに不便を感じることが増えてきたこともありますが、一番「背中を押された」のは、使っていたiPod(初代型)がこわれちゃったことですかね。FireWire端子周辺がイカレちゃったみたいでデータのやりとりも認識もしなくなっちゃって。まあ直せば1万円くらいで直るとは思うんですが、どうせならこの際新しいiPodも欲しい。でも新しいiPodはOS9.2じゃ動かない。じゃあMacも買っちゃえってことで。そんなわけで私の中では半分本気でMacがiPodの周辺機器です。

とりあえずセットアップですがキーボードとADSL配線つないで、電源入れて、名前と住所とパスワードを入力。これだけですんなりインターネットに接続完了。
前のMacのデータは既に外付HDに丸ごとコピーしてあったので、それを新Macにつなぐだけ。というわけで引っ越しは10分もたたずに完了。簡単~。

そんでもって、何はなくともまずはiTunesを起動してライブラリの移行したわけで、ちなみに現在手持ちのCD全部iTunesに入れてあるので、だいたいこれが16000曲、90GB。

これを外付HDから内蔵HDにコピー&ライブラリ構築するのに約30分。
(ただコピーするだけでなく、アーティスト毎、アルバム毎に自動でフォルダを作り直してその中に各曲ファイルを入れてくれます。)

新しいiTunesの機能、ギャップレス再生のための解析&設定が10分くらい(思ったよりも短い)

さらにiTunesの新機能、アルバムカバーアートをiTunes Storeに探しに行って持ってくる時間、これが一番長くて、約2000枚分のデータを探し終わるのに1時間くらい。(もしかしたらサービス開始直後でサーバが混んでいたのでこんなにかかったのかも)

とまあ計2時間くらいかかってはいるのですが、この間放っておけばよいしバックグラウンドで勝手にやっててくれますのでストレスなし。
アルバムカバーは、自動で見つかったのは半分位かな?
今は見つからない分を、すこーしづつ、他のツールを使いながらamazon他から貼り付けてます。iPodも当然大活躍であります。

まあその他のソフトでは、まだホームページ作成ソフトとかも無いし、音楽用ソフトも使いやすいのを探している状態だったりしてなかなかパソコン仕事がルーチンワークになるまでは時間がかかりそうですが、さすがに前よりサクサク動くし画面も美しくいじっているだけでも結構楽しいので、習熟するまでのプロセスも楽しみつつのんびりやっていきたい今日このごろです。GarageBandも使いこなしたいしー。
とりあえず10年ぶりくらいにMac雑誌買ったりしてOS-Xの使い方から勉強してまっす。

タグ : 日記

12:52  |  この記事のみ表示  |  日記・メモ  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2006.09.01 (Fri)

Yellowjackets Live@Motion Blue横浜

(※この記事は9/1に書いた後、9/19に加筆修正済みのものです。)


つーわけで3年振りに来日したYellowjacketsのライブ、聴きに行ってきました
横浜赤煉瓦モーションブルー。







3年前と同じく2set通しで聴いて、3年前と同じく終電に乗り遅れました。
3年ぶりのYJはやっぱよかったっすよ。
1stはドラムのまん前で叩いたときの時の風を頬に浴びながらきいてました。
2ndはピアノのまん前で指を見つめながらきいてました。
ミンツァーのまん前には座れなかったけど少し横からじっくり見て・聴けました。

ちなみにミンツァーさんは、9/2にイシモリでクリニックをやる予定になってます。
http://www.ishimori-co.com/live/index.html
実はこっちも予約してたりします。 (行って来たレポートはコチラ
なので、今回はミンツァーのテナーについてはそっちで気合いを入れて聴こうと思ってたので、EWIと、全体の演奏を良く聴こうと思ってライブに出かけました。

さてライブのほうですが
一言で言えば淡々と、実力通り、しかし、すばらしい演奏が続く、という感じでした。
セットリストは以下の通り。

1st Set
1 Village Gait  
2 Dewey
3 Sea Folk
4 Downtown
5 Prayer For Peace
6 Mofongo
7 Revelation
8 Claire's Song(アンコール)

1stセットはドラムのまん前で、さすがに全体のバランスはちょっと悪かったですがマーカスの音はもう大好きなので、ドラムを聴くという風に頭を切り換えて、楽しんできました。ドラムの音の振動を直接肌で感じることができて感激。ちなみにベイラーのスネアは、2つセットされてまして、リムが木で覆われているものをメインに、時々胴浅のスネアをパキパキ叩く、ってな感じ。このベイラーの木のリムの音が何故だか僕は異常に好きで、それが出てくる曲はもうそれ聴いてるだけで涙が出ました。

2nd Set
1 Freedomland
2 Go Go
3 Dreamland
4 Runferyerlife
5 Geraldine
6 Time Squared
7 Jacketown
8 Even Song(アンコール)

今回特に思ったのは、フェランテのピアノプレイがすごく内省的(?)だなあと。
バラードはもちろんですが、ラテン等の激しい曲でも、音数少なく、和音を選んで、
じっくり聴かせる、といったプレイを重視しているようでした。
ちなみにフェランテのキーボードは、音源がAppleのパワーブック+ソフトシンセ。これにEDIROLのMIDI鍵盤兼オーディオインターフェースを接続して使ってました。でも今回キーボードでのソロは全く無くて、ソロはずっと生ピアノで、じっくり演奏するスタイルにこだわっていたようです。


さてミンツァーですが、今回テナーとEWI4000sを使用。
EWI使用曲は
1stの2、6、8曲目と、2ndの2、6曲目で使用。全てソロ有りでした。

一言で言うと、いやー、4000sって、やっぱすごいよ!というのが感想。

以下EWI関連でメモ書きしますと

・本体外観はノーマル品。サイドアルミは艶消し(に見えたけど暗いので確証はなし)
・電池駆動
・音は普通に本体からラインアウト
・外部エフェクタは多分なし(あっても軽いリバーブ程度)
・返しは、店備え付けのJBLコロガシ。客用の音はPAのみから。
・演奏直前ステージに登ると同時におもむろにEWIの電源スイッチをON。
・曲の間でも、使わない時は必ずマウスピースキャップをしてた
・マウスピースキャップには何故か黒いガムテープが巻いてあった
・大きめの譜面台(譜面を載せる部分が鉄板のやつ)をEWIスタンドにしてた。
・その譜面台の上に曲名と、No.を書いたメモ書きがのってた。(曲名と使用音色No.の対応表か???)
・ストラップはテナーと兼用
・ミンツァーってデカイので、EWI4000sの大きさだと、構図的にはすごくバランスが良い(EWI1000の時は妙にEWIが小さくて、かわいくておかしかった)
・1曲中でも、アドリブ中でも、煩雑に音色切り替え(1~2小節で切り替え終了)。ネジ大活躍(笑)
・ただし音色切り替えの時はいちいち本体裏面を見ながら「え~っと」って感じ出きり変えるので、絵面的にはあまり格好良く無い。
・サイドの、オクターブ重ねボタン、重音奏法用ボタンも大活躍。フレーズ中で効果的にON/OFFしてました。

なんとなく、聴いた感じEWI1000や3000のときよりも、フレーズがとってもスムーズに聞こえる。ような気もしました。ここらへん含め4000s効果かな?

あと、ホールド機能もバリバリ活用してたのが驚きでした。
特に2nd setの”Time Squared”なんかでは、ソロの最初に「VCOを5度ずらして重ねた音色」を使い、盛り上がったところでさらにホールド機能を使って和音を出す、という技を繰り出しました。ミンツァーってあまり音色の設定とかややこしい機能とかにこだわりがない、という印象があったのですが、そのミンツァーでさえ本番に使うほど使いやすい機能、になっているってことでしょうかね。あー4000s欲しい。

タグ : Mintzer EWI 日記

02:48  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2006.08.15 (Tue)

HP久々更新と近況

本家HPのほうを久方振りに更新しました。ほぼ1年振りになっちゃいました。
なんともはやお恥ずかしい。
主にEWI4000s発売に伴い変化したウインドシンセ界(?)の状況をフォローしいくつかの記事に追記しました。メンテナンスですね。それでも朝からぶっ続けで書くのに12時間ほどかかっちゃいました。遅筆で情けないトホホ。
内容はWX5とEWIの比較記事とか、ブレッカーやミンツァーのEWI状況についてとか。
他には、VL70-mのPROMの交換についてとか、WX5のベンドセンサーがホール素子を利用、とか、2年以上前にBBSでネタ頂いていたものをやっと追記したりとか。
あと、ウインドがつかわれてるCDの所蔵一覧とかも少し増えました。

WX5とEWI4000sの比較では、なんかほとんど私見をだらだら述べてるだけで客観的な比較内容があまりなくて、まとまりがなくなっちゃいました。ごめんなさい。参考にならないかもしれないですね。スイマセン。ただEWIも音源内蔵の4000sになって、WX5と比較する上で明確にスペック的に最大のデメリットと言えた「重い&MIDI直出不可」が無くなったので、WX5とEWIの差そのものが、演奏しやすさとか、音色の好みとか、個人の主観で判断する差しか無くなってしまったので、そんなふうになってしまいました。

===========================================

近況ですが、このBlogに書き込むのも約1ヶ月ぶりなわけですが、なにしろ仕事がたてこんでたり、その合間にビッグバンドで演奏のお仕事がいくつもあったり、サックスのレッスン受けにいったりとかその為の予習復習したりとかで、体力的にも精神的にも全く余裕が無くBlogも掲示板のレスも全然出来ませんでした。

現在仕事のほうは待望の夏期休暇中で、自宅の大掃除とか、草むしりとか、実家の草むしりとか、家族旅行とか、HP更新とか。ずっと貯めて置いた宿題がやっと片づいて、ほっとしてます。サックス1回しか練習できなかったのが残念ですが。あと、ウインドシンセもほとんど触れなかった。コルグのX5DRのマニュアルが手に入ったのでいじり倒そうと思ったんですが間に合わず。マニュアルは一応全部目を通したんですけどね。なんか機能がたくさんあって、うひひひひひひひって感じです。

休みも明日までなのですが、明日はいろいろCDやらサックスのリードやら買い漁りにでかけようかなと思っとります。

あとですねーー、先日勢いでパワーブック買いました。
といっても2001年型の中古のApple PowerBook G4ですけどね。
5年の型落ちですが、OS9の動くノートが欲しかったところに
某MAC専門店の通販で完動品が3万円だったのを見つけて思わず「ポチっとな」しちゃいました。

何しろOS9じゃないと、VL70-mのエディタやX5DRのエディタ、動かないですからね。あと、キッドピクス(笑)



(VL Editorを起動したPowerBook G4(OS9.2.2))


これでOS9環境は確保できたんで
心おきなくインテルマックの導入タイミングを見計らえるってもんです。
新しいiMacはいつ出るかな~。

タグ : 日記 更新記録

23:55  |  この記事のみ表示  |  日記・メモ  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2006.06.13 (Tue)

近況

たまにはだらだらと日記モードということで個人的な近況など。

ちょっと前に書きましたGordon Goodwin Big Phat Bandの新作「The Phat Pack」、珍しく、発売日きっかりにamazon.co.jpさんから届きました。
今ひととーり聴き終わったとこですが、いやーすげーやこりゃ。ぜんぶすごい。そのなかでも特にうなったのは、ファンクな曲調でのホーン隊の「合い方」。超ファンキーかつ完璧に合ってるのね。「ホーンズ」好きな方にもおすすめでやんす。
あと、4曲目の「Play That Funky Music」って曲では、サンボーンがフューチャーされてるんですが、これが「どこから切ってもサンボーン」ってほど典型的にサンボーン節満載で、さんちゃん好きはこれだけでモトとれると思いました。なおこの曲、オマケに同梱されているDVDに、サンボーンのソロの楽譜が画像として収録されているほか、同じ曲をマリエンサルが吹いてるライブビデオも収録されています。2人の違いを楽しむのもまた一興。

ほんでもって今日は「のだめ」のコミックス15巻発売日だったのでこちらも買ってきて読んでます。

この2つだけでしばらくは幸せ・・・でいられるかな。


週末は5月末から毎週連続でビッグバンドやらコンボやらで演奏してました。あと今週末にもあるので4週連続です。好きでやってるとはいえ体が全然休まらない。。。
そのなかでも先の土曜はコンボでライブでしたが1曲だけですが久しぶりにウインド(WX5/VL70-m)使いました。
久しぶりなので音量や音程のバランスやらよくわからなくて、細かいニュアンスもいまいちつけられなかったしと反省点多々でした。まー慣れなのはわかってるんで、もっと本番での経験値を積まないといけないんですけど、なかなか「この曲はウインドでやりたいっ!」って曲をやらないので経験が積みにくいんですよねぇーー。

最近何かと話題のyoutube.comですが、「EWI」で検索するといろいろ出てきます。前から少しはあったんですが、最近急に増えたような。ブ○ッカーのブートとか、以前ここでも書いた「MIke Philips on EWI 4000s」とかもアリ。うーーーん。

タグ : 日記

23:25  |  この記事のみ表示  |  日記・メモ  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2006.02.19 (Sun)

近況

1月後半から公私共余裕がなかったけどなんとか一段落ついてひさしぶりに一息つけているこの週末です。

先々週は久しぶりに風邪ひきました。インフルエンザではなかったけど、2日ほどダウンしてました。体調悪いのはしょっちゅうだけど、「きれいな風邪で寝ていた」記憶がここ数年なかったので(何とかは風邪引かない?)かえって新鮮でしたが、体調崩すと耳が詰まる傾向のある私としては数日後にコンボでライブの予定だったので直るかどうかヒヤヒヤでした。なんとかぎりぎり直って無事にライブ終了できてホッ。

まあ演奏のほうは、反省点もたくさんありますが、昨年からのサックスレッスンの成果は少しづつは出ているかなとは思うのでその点は嬉しい。

そのレッスンですが3日前に通算7回目受講終了。コルトレーンの"Locomotion"とマクリーンの"I Love You"の分析をやって、次回の課題は”ALL THE THINGS YOU ARE”で書きソロ書いてくる、ということに。この曲転調のとこが嫌で見て見ぬふりをしてきましたがもう逃げられないなぁ・・・。

 それから、メインのアルトサックス(Selmer SA80-I)を某有名店に調整に出しました。昨年後半から下の"C"から下の音が出づらい状態で、その他のバランスもかなりおかしかったので、2年半ぶりくらいということもあり、タンポ全交換+悪いとこ全部直して10万円コースを覚悟していたんですが、そんなに悪くないということで見積もり2.5万でした。ということでどうせなら、ということでオプション扱いの完全分解清掃(約1.5万)もやってもらい、最終的に「タンポ3つ交換、ネックコルク張替、分解清掃、完全調整で税込み4万ちょっと」で済みました。納期も約10日だったし、満足満足。完全分解清掃は買ってから20年で初めてで、隅に貯まった20年分のゴミもきれいになりピカピカ。吹いてみたけど低音はもちろんきちんと出るし、調子良いです。嬉しいなぁー。
 やっぱり、今度から年に1度はきちんと調整に出そう、と思いました。
 
 実はメイン楽器の買い換えも考えていて、昨年秋の楽器フェアから後いろんなとこでいろんな機種を試奏してたんですが、現行機がこれだけ良くなると、買い換えの必要も無いかなと思うので、やっぱり買わないことにしました(爆)。浮いた予算は新MACとEWIの購入に回します。

 ちなみに試奏したのはセルマー、ヤマハ、ヤナギサワ、キャノンボール、カドソン、ランポーネ、の各現行の上位機種各種。(ビンテージ系は手に余るので手を出さないことにしてます)
 みんな良い楽器でしたが明確にわかりやすい個性を感じたのはキャノンボールとカドソンかなあ。特にキャノンボールはコントロールしやすいし、コンテンポラリー~フュージョン寄りな曲ではそのバリッとした音色で演奏している自分がイメージできたので、もしお金持ちだったら買い増しで欲しいんですが。。。残念ながら、あきらめます。この際今のSA80に一生の操を立てるつもりで(笑

--------
-------
----

ところでサックス以外で最近つとにハマッているのが「のだめカンタービレ」。昨年あたりからかなり話題になっているクラシック音楽界が舞台の漫画です。だいたい流行の漫画にはたいしたモノがない、音楽漫画にもたいしたモノはない、って偏った先入観もあってずっと素通りしてきたんですがたまたまコンビニで第1巻を立ち読みしたらハマッてしまい、速攻で本屋で全巻大人買い。二晩でダーッと読み切りましたがいやー、感動した。読んだ漫画が夢に出てきたのは、いつ以来だろう。
ストーリーも普通におもしろいのですが、なんと言っても節目節目で出てくる演奏のシーンがいいです。画面から音が聞こえる。それも自分の知りうる「最高の瞬間の音」が。
 巧拙は問わず演奏経験のある人なら演奏中に「全ての音と雰囲気が最高の状態で化学反応して演りながら身を震わせる至高の瞬間」の経験があると思います。(僕の場合20年近く音楽やっていままで、3回くらいかな~。でも、あの瞬間が忘れられないので、ずっと音楽をやっている・・・)この漫画を読むと場面ごとにその瞬間の記憶がフラッシュバックして感動に浸れます。そりゃーハマりますわなぁー。
もちろん画にそれだけの表現力があるってことなんでしょうがやっぱり漫画という媒体はすばらしいですなー。これが音付きのアニメや映画になっちゃったら、どんなに一流の演奏家の演奏がつこうとも全ての場面で自分の理想の音が出てくるわけじゃないですから、ここまでの感動は味わえないでしょう。
 実際この漫画のこともありひさしぶりにクラシック聴く気になって、ちょうど近所で在京のプロオーケストラの公演があったので10数年ぶりにオーケストラのコンサートに行きましたが(モーツァルトの40番とかやった)、身を震わす感動までは至らず。いやとってもすばらしかったですけどね。気持ちよくて、心地よくて、爆睡(笑)。それはそれでこの上無く贅沢な時間なわけで、まさに夢見ごごちで幸せなひとときを堪能したのでありました。

タグ : 日記 サックス

09:16  |  この記事のみ表示  |  サックス  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2006.02.18 (Sat)

ヘッドホン買いました

iPod用に使っていたゼンハイザーのヘッドホンMX500が断線してしまったので買い換えました。今度はカナル型が良かったので、店頭で試聴してかなり良かった↓

audio-technica インナーイヤーヘッドホン [ATH-CK5 BK]audio-technica インナーイヤーヘッドホン [ATH-CK5 BK]


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


を購入。となりに数倍以上の値段がついてる有名なSHUREのとかも有って聞きくらべたけれど、店頭(=街中)でiPodのMP3聴く条件では全く遜色無かったしむしろ低音がよく出てるように聞こえました。バスタムの重低音を最大音量でかけても余裕で鳴ってくれるし高音も変にシャリシャリしないし、サックスやピアノの音も自然。

もっとも買って聴いてみたら、店頭で聴いたときよりわずかに低音が少ないように感じましたが、新品だからエージング不足の問題かも。いずれにしろ音のバランスは悪くないし、とにかくこの値段のモノとしてはかなり良いと思います。音モレも密閉型だから前よりは圧倒的に少ないし。気に入ってます。

タグ : 日記 試してみた

15:17  |  この記事のみ表示  |  日記・メモ  |  TB(4)  |  Comment(2)  |  Top↑

2006.01.01 (Sun)

新年

あけまして、
大晦日の個人的ハイライトは紅白での「夜霧よ~」の平原まことさんのサックスにしびれた、管理人でございます。
WX5 workbook/Blogをご覧下さってありがとうございます。
本家サイトのほうは更新がすっかりマレになっていますが、ひきつづき、マイペースで続けていきたいと思います。
EWI4000s発表とか、ソフトシンセの性能向上とか、開設当時とだいぶ状況が違うところがあるので、そんなところだけでもアップデートしていかなくちゃなぁ・・・と思う次第でございます。
新年の抱負というか買い物予定、としては
・サックス全調整
・新しいMacと、ソフトシンセ
・EWI4000s
・状況により、新しいアルトサックス!
といった感じでございまして、具体的な時期は未定だけど年内には揃えようかと。全部揃えば音楽環境もがらりとかわりそうで自分でも楽しみにしてます。

あとはサックスのレッスン、その内容をきっちりこなして一皮ムケたいですね。
既に課題に対して結構いっぱいいっぱいだけど、何とかついていくぞー。おー。

まー仕事のほうもちょっと部署がかわったりとか、プライベートでは息子がいよいよ小学校にあがるとか、いろいろありますが
2006年が充実したよい年でありますように。

ということで今年もよろしくおねがいいたします。

タグ : 日記

00:20  |  この記事のみ表示  |  日記・メモ  |  TB(0)  |  Comment(1)  |  Top↑

2005.12.14 (Wed)

クラシック・バスカーズ

昨日偶然クラシック・バスカーズが来日中なのを知って
勢いでチケット予約しちゃいました
明日(12/15)のコンサート見に行きます。
http://www.pacific-concert.co.jp/#c_buskers
リンク先に電話したら、まだ予約できました。

一度聴いてというか、見てみたかったんですよー。
たまには家族で行ってきます
幼児をつれていけるクラシックコンサートって少ないしね~。

http://mars.eplus.co.jp/ss/kougyou/syosai.asp?kc=001920&ks=06#
からプロモーションビデオが見れます

タグ : 日記

12:32  |  この記事のみ表示  |  日記・メモ  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2005.11.30 (Wed)

レッスン

サックスはもう20年吹いてますがきちんと先生について習い始めたのが半年前。
月イチレッスン、今日はその6回目でした。
1回目のアンブシュアや息の使い方から始まって前回コンディミまで到着。
今日はその応用をいろいろと。で、いろいろやっているうちにブルースの話になって、
ブルースのトランスクライブとして、パーカーは当然やるとして、それ以外のおすすめを伺ったところ下記のような回答を得たので、メモメモ。
クレッセント
ジョン・コルトレーン マッコイ・タイナー ジミー・ギャリソン
B000AA7DS2

3曲目 Bessie's Blues
  ---既に持ってる市販のコピー本に載ってるのでちょっと楽ができるかな・・・

Coltrane Plays the Blues
John Coltrane
B00004WH7B

ブルース集。変なキーが多いとか。これ持ってないなあ。買わなくちゃあ・・・。

Someday My Prince Will Come
Miles Davis
B00000J7SU

3曲目、Pfrancingのハンクモブレーのソロ。

あと、スティットとマクリーンがフレーズの分析がやりやすいのでどれでもー。とのこと。

あとブルースじゃないけど
スイング・スワング・スインギン
ジャッキー・マクリーン ウォルター・ビショップ ジミー・ギャリソン
B000228WJM

の5曲目I Love You が課題で出た。

・・・・宿題多いっすぅ。がんばんなきゃー。

タグ : サックス 日記 CD

22:09  |  この記事のみ表示  |  サックス  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2005.11.26 (Sat)

e-Sax ファーストインプレッション

というわけで昨日我が家に到着したAltoSax用の消音器「e-Sax」ですが
(公式ページは http://www5a.biglobe.ne.jp/~bestbras/bestbrass07_026.htm )

実は自分が購入したわけではありませんで。

楽器フェアでのe-Saxの話を、僕の所属するビッグバンドのメンバーにしたら、
一人、「それ欲しい。買う。買ってきて~」という方がいて、
つまりは代理で買ったというわけです。
もちろんひきわたすまでのしばらくの間、僕が試していいよという条件で(笑

ちなみにしばらくは都内に出る機会がなかったのでもないので、
楽天で

買っちゃいました。
2、3日楽天のようすを観察しましたけど、すごいですね。毎日、安い順に、どんどん「在庫なし」になっていくですよ。人気のほどがうかがえます。

というわけでしばらく使い倒させていただくつもりなんですが
今日は2時間ほど試したので、その第一印象。

まず本体を開けた瞬間は「うーむ、原料原価は安そう」と思ってしまいました(笑)。まあ、それぞれの素材そのものの原価は安くても、それらの材料の「ベストの組み合わせに到るまでのノウハウ」がものすごい高価ですからねぇ。それを考えれば決して高い値段ではないですね。
まずはこの製品でバシバシ初期投資を回収して、テナー用とか更なる改良を、どんどんしていただきたいと思います。

で、使用した感想。

初心者~中級者用の「練習用消音器」としては、余裕を持って合格ラインを超えていて充分使える。すばらしい。サックス用の"使える"消音器を初めて実現した、ということに対して最大級の賛辞を送りたい。
けれども不満に感じる点も多いので、特に中級者以上には、万人におすすめするものではない、とは感じました。

良い点。

・消音性能は、築ウン十年すきま風ぴゅーぴゅーの我が屋でも、玄関の外ではほとんど聞こえないくらいで、一人住まいなら夜中でも練習できそう。これが一番重要な性能だと思うので、これができているだけで、基本的に文句なし。すばらしい。
・低音から高音まで吹奏感もあまりかわらないのでいつもどおりの感覚でふける
・ヘッドホンなしでも丁度良い音量・音質の音が洩れてくるので、ヘッドホンなしで「思い立った時気軽に」練習できる。

いまいちな点
・付属の使用説明書、非常にわかりにくい。「写真のように標準位置で」っていったってどれが標準位置だか全然わからない。もっと写真と説明を増やして!できればカラーで。
・ヘッドホン出力のボリュームがちょっと小さい。
・内蔵エコーの品質がしょぼすぎ。また、エコーをONにするとノイズが多すぎてどうしようもない(まあどちらにしろ僕はエコー使わないのでいいっちゃいいんですが)
・吸音材の表面が意外に禿げやすく毛玉(?)がにすぐできる。
・寒いとこで吹くと、「サックスのベルの中に結露の水が速攻で溜まる」あたりまえなんだけどね。でも捨てるにはいちいちe-Saxを開けなきゃいけないのが面倒。

今後こちらのほうで、いろいろ調節や確認が必要な点。
・使用サックスは、仏セルマーSA80シリーズ1、なんですが、説明書にある「標準の位置」だと、右手小指キー、および最高音あたりの運指(D#以上)が左右ともちょっと狭くてやりにくい。今後いろいろ位置調節していく必要あり。
・微妙なブレスノイズ量調節による音質調節とか、極わずかな換え指による極微妙な音質の変化とかが、出てくる音にあまり反映されていないように感じる・・・・・けれども、単に自分のイメージと出てくる音が一致していないだけかもしれないので、これについてはもう少し使ってみないとなんともいえないかな。


・もしかしたら不良品にあたったかもしれない
e-Saxはケースの内部で、ゴム状の素材でサックスを固定するわけですが、アルトサックスはメーカーにより形状が異なるので、そのゴム状の素材の位置を調節してやって、各社のサックスにあわせるわけです。

で、そのゴムの位置の動かし方ですが、ゴムの底と、くっつけるケース側のしかるべき位置にレゴブロックのような「オス・メスの穴」が空いていて、それをはめ込む仕組みになっています。bottomspacer.jpg

写真は、サックスの一番底の部分を固定する「ボトムスペーサ」と言う名前が付いたゴム状の素材なんですが、
なんだか僕のところに来たやつは、その底部が、中央部分が少しヘコむように全体が変形していて、ケースの穴にきちんと入らないんですよ。
端っこの穴だけなんとかはめ込んで固定して、楽器を吹くと、しばらくしてはずれてしまい、中で楽器がぐ~らぐら。どうにも困ったもんです。
いろいろ力をかけたりあたためたりしたけど、どうやってもきちんとはめ込めない。
「ボトムスペーサ」の変形具合を見ると、どう考えてもはまりそうにないので、
これは不良品ではないかとも思います。製造元に問い合わせてみます。

 ※11/29追記:ベストブラスさんに問い合わせたところボトムスぺーサの一部ロットに成形不良の問題が発生しているそうで、現在購入店経由で交換手続き中です。

ググってみると、僕と同じような症状の方もいるようですが、
他の大多数の皆さんは問題なくハメ込めているのでしょうか?
(TAKさんのは、いかがでしょうか??)


とりあえず、そんな状況ですが、せっかくなので録音してみました。(期間限定公開)
バップ風
サックスはセルマーSA80シリーズ1、MPはMAYER 6Mです。
e-Saxのラインアウトを直でミキサーにつっこんで、カラオケと合わせて一発録りです
レベル調節バランス悪くてすみません。MTR欲しい。
結構、「オンマイク」な感じで録れますね。
このラインアウトは結構レベルが低めで、ミキサーのボリュームは結構上のほうになってます。


さんちゃん風
サックスは前といっしょ。MPもMAYERです。
こっちはラインアウトにエフェクタ(コーラス+リバーブ)直列でかけてます。
カラオケといっしょに、WET音も聞きながら一発録り。
耳と歯からくるDRY音とエフェクタのWET音聞きながら演奏するのって難しいですね。本当はどういう音になってるか、全然わからないですね。こういうのやったことなかったんで新鮮でした。

いいかげんな録音ですが、まあe-Saxはこういう楽しみ方もできるということで。
その他いろいろ思うところもありますが、基本的にはすばらしい製品と思います。
でも急がない人は、もう少しロット数が重なるまで待っても良いかも。
あと出来るだけ、実際に店で、店員さんの使用説明をうけた方が良いと思います。
結構位置調節のやりかたとか、コツがあって、付属の取り扱い説明書だけだとキビシイところもあると思います。

タグ : サックス 日記

21:38  |  この記事のみ表示  |  サックス  |  TB(0)  |  Comment(5)  |  Top↑

2005.11.25 (Fri)

そして

何故かコレ↓が今自宅に到着。
esax.jpg

詳細は後日ぅ~。

タグ : サックス 日記

23:45  |  この記事のみ表示  |  サックス  |  TB(0)  |  Comment(3)  |  Top↑

2005.11.09 (Wed)

楽器フェア行って来ました その2

先の楽器フェアのリポート続編です。
ウインドシンセ関連はJWSAの方にまとめて書きました。
D-O氏とQ氏にご協力頂いたWEB上では世界初公開となるEWI4000sの音ファイルも公開しております。(御両人に多謝)
是非ご覧ください。
http://sound.jp/windsynth/musicfair2005/index.html

そっちの方にはなんだかんだで書くのに時間がかかりましたがやっと昨日全部書きたい事書けましたので
ここではウインドシンセ以外の印象に残ったことを。

11/5は土曜ということもあり初日よりだいぶ人がおおかったです。また各ブースの音量も初日より大きめで、いろんなデモもあまり落ち着いて聴けなかったですがまあしょうがないですね。D-O氏と、途中から初日にひきつづきQ氏とご一緒させていただき、大変楽しいひとときでした。ありがとうございました。

キャノンボール
http://www.cannonballmusic.com/stonealtos.php
のブース。D-O氏が「日本国内最初のGA1オーナー」ということでそのコネに乗じて展示してあったアルトを全部試奏させていただきました。どれもとっても良く鳴るし非常にコントロールしやすい。価格も競合品に比べ安め。かなり気に入りました。中でも少し落ち着いた音色の総シルバーメッキ(A5-S でしたっけ)が僕のスタイルに特にあっているようで良かったです。もし新しいサックスを買うことがあれば、第一候補にしたいです。

サックス用消音器のe-Sax
http://www.bestbrass.jp/
もD-O様のキャノンボールで試させていただきましたが、使えますねコレ。素の状態と違和感なく吹き込めるし、倍音やフラジオも同じ感じで吹けるので指の練習だけでなく基礎練習もできそう。唯一長時間吹いてるとちょっと手がムレますが、まあ些細なことかな。
夜中に普通の音量でテレビが見れる住環境であれば夜中のサックス練習もできそうですね。家は夜中にヘッドホンしないとテレビ見れないのでやっぱり無理なんだけど、昼間なら自宅問題無く練習できそう。今度どこかの楽器店で自分の楽器で試してみようっと。

いやーもうこの2日間ウインドシンセ触りっぱなしだし、普段絶対に吹けないような高級サックスをとっかえひっかえ吹けるし、宮崎隆睦氏のEWIデモを2回半聴いて、鈴木明男氏のWX5デモを聴いて、各ブーススタッフや製品開発者の貴重なお話を聞いて、いったいここは天国か、てなもんです。こんだけ心の底から楽しいと思ったのは久しぶりでした。時間がたつのが速いこと速いこと。
いつまでもこういうイベントを続けてほしいと願うばかりです。

24金ネック

「吹いてはいけないものを吹いてしまった」
ヤナギサワブースで
”奥からそっと出てきた”
総18金ネック(値段がつけられない非売品)+アルトシルバーソニックを試奏するD-O氏。
ちなみに14金ネックは値段が付いていてお値段47万円強。

タグ : イベント 日記

20:12  |  この記事のみ表示  |  日記・メモ  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2005.11.04 (Fri)

楽器フェア行って来ました

楽器フェア初日行って来ました。
第一のお目当ては、もちろんAKAIのNEW EWI、EWI4000s

結論:欲しい。

で、EWI4000sとWX5等ウィンドシンセ関連のレポはJWSAの方に書きましたので
http://sound.jp/windsynth/musicfair2005/index.html

ここでは他に気になったところなど。

・ブースC3だったとおもうけどP.MAURIATってブランドのサックスが置いてあって、まだ日本には入ってきていない、このフェアを足がかりに日本で販売したい、そうなのですが、開場当初からデモで”Darren Rahn”(www.darrenrahn.com)という方がブリブリふいていらしてかっこよかったっす(写真)
051103.jpg

アルトを試奏しましたがなかなか渋い音がして、値段も高くないし、なかなか良かったです。

・その他各社のアルトサックスを試奏。みんな良い楽器だなーと、思いました。僕的にはセルマーリファレンスが一番気に入ったかなあ。でも今持ってるサックス(フラセルSA 1)から買い換えるほどの衝撃をうけたものはなかったかなあ。でもヤナギサワの総14金ネックは確かにすごかったです(出音も、価格も)。
キャノンボールのブースだけたまたま混んでいて試せなかったので、5日にも行く予定なのでそのとき試そうかと思います。

・話題のアルトサックス用ミュート、e-Saxも結構大きく展示されていて、常に試奏待ちでいっぱいでした。途中プロ奏者によるデモ演奏があってチャーリーパーカーとかやってました。(写真)
051103-2.jpg

ミュート付けて吹いて、ミュート内部で拾った音をスピーカーから流しているのですが、消音器のデモ演奏ってそれ自体矛盾しているような気もしますがまあいいか。
僕的にはやっぱり興味はあるのですが、結局人の話声程度の音は洩れるし、そうすると僕の家庭事情ではやっぱろ夜中は吹けないし、それならウィンドシンセでいいか、と。。。

・ひちりき。武蔵野楽器(http://musashino.gagaku.net/)のブースでは絶え間なく「笙」の音がしていて、なにかとおもったら、笙、ひちりき、龍笛といった雅楽の楽器が試奏できるようになって、僕も吹いたこと無かったので、ひちりきと龍笛を吹かせてもらいました。
乱暴に言えばクラリネットとフルートみたいなもんで、一応どっちも素人レベルでは吹けるからか、とりあえずドレミファソラシドだけはなんとか出ましたが、とくにひちりきは思ったよりも上手く吹けて嬉しくなってしまい、値段を聞いたら、入門用のプラ管ひちりきとリードのセットで7~8千円って思ったより安いんで、その場で売って!っていたらここでは売れないっていわれましたが。5日にもう一度行ってみて熱が冷めなければ、買っちゃうかも。

・アウトレットセール というコーナーがあって、野中貿易が出店していて半端モノを投げ売りしていましたがたまたまリードとかあったりして、バンドレンV16アルトリード1000円とか、バンドレンのソプラノ用ゴールドプレートリガチャーも1000円とかがあったので思わず買ってしまいました。あと鈴木楽器で鍵盤ハーモニカとハーモニカキーホルダーも買っちゃった。5日に行ってもさすがにめぼしいものは売り切れてるかな???

5日のイベントはEWIのデモとかWX5のデモとかEZ-TPのデモ(?)とか、コNon Chordsのライブとか、グローバルのブースでは鈴木明男さんやスカパラの演奏とか、見たいイベントがかなりつまっているので楽しみです。

というわけで5日に続く。。

タグ : イベント 日記

03:43  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(2)  |  Top↑

2005.09.14 (Wed)

TX802故障

メインのウィンドシンセセットに組み込んでいたYAMAHA TX802が故障。
いつも通り使っている途中にいきなり樹脂の焦げた臭いとパチパチッという音と共に電源が入ったり入らなかったり。
とりあえず、電源が入るうちにあわててバルクダンプソフトでデータだけは吸い出して、バックアップ終わったところで完全に電源入らなくなりました。(ギリギリセーフ!)
一応中を開けてみたら、半導体は異常なさそう。電源周辺の基板の抵抗かなにかが寿命で焼けているみたい。いずれにしろ僕には直せそうもない。
TX802はブレッカーもどきの演奏するときに必須なので末永く使っていこうと思ってまして修理に出すつもりです。

しかしながらライブの予定も当分なく急ぐ必要もないのでとりあえずメインのセットにはTX802のかわりに同じくYAMAHAのTX81Zを入れてみました(写真)

newset81z.jpg

上から、DE-1,X5DR,MX-10,VL70-m×2,TX81Z。モニターはYAMAHA CBX-S3
あいかわらずミニコンポみたいで恥ずかしいなあ・・・・。
しかもあらためて見ると、最初に買ったWX5/VL70m以外は、全てハード○フで買った中古
品しかもそのうち半分はジャンク・・・・いやはやなんとも。

TX81Zは買った時にすこしいじって、ウインド向けの音色数個とコードプレイ的なパフォーマンスを組んだっきりだったのですが、
一応TX81Zでもブレッカーもどきのどきみたいなことはできるし、EWIのコードプレイもどきも可能なので、まあこの機会に再びTX81Zをいじってみようかと思ってます。

しかし世間は4000sで持ちきりなのに我ながら時代遅れだなぁ・・・・

テーマ : 楽器 ジャンル : 音楽

タグ : WX 日記 試してみた

23:12  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(2)  |  Top↑

2005.07.14 (Thu)

久々にいろいろ買い物。

日記モードです。
修理に出していたWX5が戻ってきました。
オクターブキーの内部の基板直結のスイッチ4個と、オクターブキーノブ3つの交換で
税別10300円。まー、こんなもんでしょうねぇ。
ちょっとだけ吹いてみました。ちゃんと直ってて良かったです。
しかし久しぶりなのでピロ音連発。マズイ練習しなきゃー。

で、修理に出していた電気店で、ついでに楽器コーナーを覗いてみたら、ちょうど店舗改装に伴う在庫品30%OFFセール中だったもんで、

前々から欲しかったけど高くてちょっと出なかった品をついつい衝動買いしてしまいました

EDIRLのCFフラッシュレコーダー R-1
http://www.roland.co.jp/products/dtm/R-1.html



YAMAHAの小型モニターAA5
http://www.music-eclub.com/produce/suara/catalog/index.php

どっちも通常の価格の3割引きでゲット。特にR-1はなかなか在庫そのものが潤沢な製品ではないのに39800の30%OFFということでかなりお得感あり。

店内多くのモノが30%OFFなので近郊の人はお店覗いてみると良いかも。小さめのギターアンプとか、エフェクターとか、マイクとか、音楽ソフトとか、そこそこの数ありました。
ちなみに、長いこと店頭にあったWX5はちょうど売れちゃってました。あとEZ-TPは残念ながら30%OFF対象外でした。

で、ついでに隣接の某大規模中古チェーン店を覗くと、
Alesisの1/3Uのリバーブ、Miniverb II 初期保証有り3000yenを発見、勢いでゲット。
旧型廉価機とはいえAlesisの機材は初めてなのでわくわくしてます。

どれもまだ全然試してないので、追々レポしまーす。
今週末は自分のバンドのライブもあるしR-1の録音を試すのにもちょうど良いし
楽しみな週末になりそうです。

タグ : 日記

21:46  |  この記事のみ表示  |  日記・メモ  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2005.07.03 (Sun)

ひさびさ更新

日記です。

WEB SITEのほうを久しぶりに更新しました。
たぶん我サイトで最も閲覧者が少ないであろうBob Mintzer@EWI探偵団に、2004年以降の情報を追記。といっても既にこのBlogで公開済みの内容のまとめですが。

マイケルブレッカー@EWI探偵団のほうも、昨年のMt.Fuji以来NEW EWI情報が激増したのでまとめなくちゃーと思いつつもうすぐ一年になっちゃいますね・・・・
7月中には更新したいなーと思ってますが。

肝心のWX5関連の情報も更新しないといかんですねー。
サイトに書いてある自分の見解と今現在の自分の見解が少し異なってきてるような部分もあるので・・・

とりあえずマイWX5は現在メーカーにて修理中。
もどってきたら考えます。

・・・・WX5がそんな状態なんで最近はサックスレッスンで出た宿題(スケール練習とか)の夜間練習の為久々にEWI3020/mをまとまった時間吹いてます。
なるべく楽に吹くためにブレスツマミを7くらいにしてますが妙に新鮮(それまでは4くらいだった)。目盛大きめでそ~っと吹く方が楽だし表現力的にも良いような気がしてきた。
EWIオーソリティの方はどうなんでしょうここらへんの設定って。

---------------

6/30に書いた「Farmers Market」ですが、ブレッカーがゲストのライブのMP3、聴けば聴くほど凄くてハマってます。注文したCDも到着して現在ヘビーローテーション中。
ブルガリアの伝統音楽を柱にしつつも、各国の伝統音楽やらロックやらテクノやらジャズやらみんなミックス。これだけ混ぜると「実験的要素」が感じられることが多いんですがそれが全くなく、非常に完成度が高い。しかも超絶技巧かつ爆笑エンターテイメントあり。こんなのもアリなんだ、というかなり強いカルチャーショックを受けてます。
日本のバンドだったら・・・と考えたら「はにわオールスターズ」を連想して一人笑ってしまった。。

タグ : 日記

23:40  |  この記事のみ表示  |  日記・メモ  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2005.06.21 (Tue)

Musical Baton

とらさんから巷で旬らしいMusical Batonを渡していただいたので書いてみます。
(Musical Batonについてはコチラ参照)

Q1:Total volume of music files on my computer
(PC に入っている音楽ファイルの容量)

以前書きましたが手持ちのCD全部 160kbpsのMP3にしてiTunesに入れてあります。
なので、現在iTunesのライブラリには
71.97GBと表示されてます。
117842曲、合計時間42日と23時間。
ジェイミーのジャズカラオケとか、落語とかも含みますが。
ここまでやるとCDが全て”活きた資料”になります。
様々な切り口で検索して、すぐ出てくる、と。

現在では音楽聴く環境はほとんど
室内ではパソコン+アンプ+スピーカーorヘッドホン
外と車内ではiPod(初代5G中古)。

iTuneに登録してないのでは、ラジオを録音してまだCDに焼いてないのとか、
自分の演奏の録音の断片とか
MP3とAIFF合わせて20GBくらい。


Q2:Song playing right now
(今、演奏中の曲)

書いてる間にiTunesのシャッフルプレイで流れたのは
My Blue Heaven / Hayashi Eiichi
My Little Suede Shoes / Toots Thielemans
Moment's Notice / Mike Stern


Q3:The last CD I bought
(最近買った CD)

たまたま今日買ったのは1992年の「アメリカズ・カップ」のサントラ。中古250円だったので思わず・・・。
1曲目と2曲目で住友紀人氏のEWIがちょっと出てきます。1曲目の伊東氏のプレイもかなりの名演。
中古CDは700円以下ならハズレ覚悟でやたらと買いますが、これは比較的アタリでしたね。

新品のCDでは
Interlude /池田篤・細川正彦
が最新の購入。とても良い。


Q4:Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me
(よく聞く、または思い入れのある曲を5曲)

最近よく聞くのは
Donna Lieb / Matt Catingub Big Band(アルバム:I'm Getting Cement All Over Ewe)
これも比較的最近CD買ったので。エンターテイメントなアレンジが楽しい。

あとは思い入れという点で選ぶと

ランデブー/渡辺貞夫(アルバム:ランデブー)
中学時代レコードといっしょに一生懸命練習した。テーマがどうしても指がまわらなくて口惜しかった。

A Night In Tunisia/Charlie Parker(アルバム:Complete Savoy Year)
大学時代にビッグバンドに入って、初めて1コーラス、アドリブをまかされた曲。
一生懸命コピーしたけど、未だに”The Famous Alto Break”は指がまわらない。口惜しい。

Route66 /マリーン(アルバム:朝日のごとくさわやかに)
昨年僕が参加する社会人ビッグバンドでゲストにマリーンさんをお招きしてコンサートしたのですがその時1曲目に歌った曲。メンバー全員の気持ちが入った音とマリーンの超一流の声が
混ざって未体験のサウンドになった。バックで吹きながら鳥肌&感涙した。あの瞬間は一生忘れられない。

In A Sentimental Mood /Steps Ahead (アルバム:Live in Tokyo)
Michael BreckerがEWIで吹いたバラード。ウィンドシンセで目標にしている演奏。


Q5:Five people to whom I'm passing the baton
(バトンを渡す5人の人)
どーかんがえても5人もいないっすすいません。
大脇さん、もし気づいて、よろしければ、おねがいします。



タグ : 日記

21:13  |  この記事のみ表示  |  日記・メモ  |  TB(0)  |  Comment(1)  |  Top↑

2005.06.15 (Wed)

レッスン

サックス吹いて20年。
1回こっきりのクリニックは2,3回受けたもののなんだかんだ独学でずっとやってきましたが、
ここ2、3年はもう、壁にぶつかって身動きとれない状態。
何とか打破したい、ということで、
ついに、某プロの方の個人レッスンを今月から始めました。

今日その初回でした。
詳しくは書けませんが
奏法的には、アンブシュアをもー少し楽にしろ、ということでいろいろと教示いただきまして
あとは12KEYでスケールと転回型含めた分散和音の練習。
いくつかの苦手なKEYではかなり玉砕。
一応月イチくらいでやっていきたいなーと思ってるんですが
丁度ひと月分の練習に良いくらいの宿題がもらえました。

とりあえずかなりやる気でてきた。がんばるぞー。

タグ : サックス 日記

23:39  |  この記事のみ表示  |  日記・メモ  |  TB(0)  |  Comment(1)  |  Top↑

2005.05.18 (Wed)

電子ピアノ Casio PX-300

仕事がいそがしくなってあまり長い時間はとれないですが「ジャズ・セオリー」を少しづつこなす毎日であります。
で前回もちらっと書きましたが読みながら弾いているのがCasioの電子ピアノ、Privia PX-300。
昨年秋頃、楽天で買いました。

機種が決まってからはそれなりの数、楽器店の店頭をチェックしたんですが値段だけだと通販がやはり安いんですね。まさか自分が楽天でこれだけの大きい買い物をするとは数年前にはおもいもよらなかったですが。
まあ、個体差も故障もほとんど考えられない電子楽器ですから通販でもいいですかね。さすがにサックスやマウスピースはいくら安くても通販で買う気にはなれないです。

それはさておき、PX-300、実売5万円弱にしては、タッチも音も操作性も非常に良くて、気に入ってます。数年前から電子ピアノ欲しかったんですが、YAMAHAもROLANDもKORGもサイズが少々大きめ、音はやっぱり電子ピアノなり、この音に10万円はちょっと・・・と思っていてなかなか買うに至らなかったんですが春頃のKeyboard Magaginでクリヤマコト氏がかなり高評価をしている記事を見て興味を持ち、実際に楽器店に行ってみたら、まずサイズが非常にスリムで狭い我が家にぴったり、音もタッチもYAMAHAに勝るとも劣らない、いや、ヘッドホンで良~く聴けば確かにYAMAHAの方が良いかもしれないけど、90点と85点の差くらい。あと、ローズピアノとジャズオルガンの音色がかなり気に入った(コレはYAMAHAより良いかも)のと、なにげにGM対応だったりもして全てのGM音色でも弾けるし、簡易リズムボックスも付いてるし、これで5万円なら、、、、というわけで買いました。少なくともジャズ勉強のハーモニーの確認の他にはエリーゼのためにくらいしか弾けない僕には充分。
 買ってから気づいたんですが、PIANO1とかのステレオサンプリング音色は、ちゃんと高い鍵盤は、右のスピーカーから大きく音が出るんですね。ヘッドホンで弾いていても、ちゃんと高音は右、低音は左から出てきて、生ピアノ弾いてる見たい。最近の機種ではあたりまえなのかもしれないけど、感動してしまいました。
ただひとつ欲を言えばベンドホイールが欲しかったけど・・・シンプルイズベスト、かな。

カシオ公式サイトは↓コチラ
http://www.casio.co.jp/emi/privia/px300.html

タグ : 日記

22:36  |  この記事のみ表示  |  日記・メモ  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2005.03.19 (Sat)

花粉

飛びまくってますな。花粉。
幸いにもまだ重いアレルギー症状は出ていない私ですが、さすがに目も鼻もかゆいです。
050319kahun.jpg

昼間一日屋外においてだけでこんなになっちゃいました。公害だよホントに。

タグ : 日記

22:04  |  この記事のみ表示  |  日記・メモ  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2005.03.16 (Wed)

身内の宣伝

えーと。あまり間隔があかないうちに何でも良いから書いておかないと書くこと自体がおっくうになっていまいますのものでむりやり書きますが。日頃ここを見て下さっている方の興味からはかなりはずれているとは思いますので恐縮ですが、思いっきり身内の宣伝です。

実父が1月末に本を出しました

色分け花図鑑椿―名前の由来と系統がわかる
桐野 秋豊
学研 2005-01


by G-Tools


去年暮れは父に頼まれてこの本の告知年賀状5百枚をパソコンでつくりました(笑)
まーたまには親孝行せんと。
父ももうすぐ80ですが。人生の集大成の一冊と申しております。書店で見かけましたら立ち読みしたってください。

ついでに

実母のほうは50の手習いではじめた趣味がこうじてこんな木版画をやっておりまして。現在八王子夢美術館でおこなわれている市民コンクールに入選して展示中であります。なんでも一般来館者の投票で優秀作品が決まるんだそうで。
足をお運びになったかたは是非母の作品にに投票したってください(笑)


自分の宣伝は

・・・・宣伝するほどの仕事して無いなぁ(悲)

タグ : 日記

00:34  |  この記事のみ表示  |  日記・メモ  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2005.02.07 (Mon)

マツケン譜面その後

これといった話題はないのですが日記モード。
マツケンの譜面(タカギのほう)が来まして、先日ビッグバンドで一度音出ししてみました。
マツケンサンバII
マツケンサンバII

の1曲目、「ショートバージョン」そのままのアレンジでした。
Aメロはギター、サビはトランペットに割り付けられてます。
原曲のフルート(ピッコロ?)パートはサックスに割り振られていて、ここだけちょっと華やかさにかけてましたんでここを誰か一人持ち替えでフルートに変えちゃえばほぼ原曲のイメージ通りですな。
思ったよりバンド内ではウケてましたんで本番で使う、んですかほんとに?(笑)

んでそのビッグバンドは3月に大きな仕事が3つも入りまして
そのうちひとつは4百人のホールで2時間好きなことやってくださいという非常に贅沢でありがたいお仕事。
がんばります。
やっぱり、叩けボーンゴ・オーレ、なんですか本当に?
自分で譜面買っというて言うのもなんですがぁ。

タグ : 日記

21:32  |  この記事のみ表示  |  日記・メモ  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2005.01.20 (Thu)

about Windsynth

ウィンドシンセについて非公開でコメントいただきました(ありがとうございました)こともありまして
簡単にWindsynthに関するリンクをご紹介。

まずは日本ウィンドシンセ協会(JWSA)。[→Link]



JWSAのコンテンツとして
Windsynthの歴史[→Link]とか、
代表的プレーヤー[→Link]とか。

国際ウィンドシンセ協会[→Link]ってのもあります。

ウィンドシンセの一種類として
YAMAHAのWXについては拙のページ[→Link]

AKAIのEWI
カシオのデジタルホーン(生産完了品)については
前述のJWSA[→Link]

リリコンについてはJWSAのほか、
MASA's Lyricon Museum[→Link]
さんが、驚異的超絶的ただただ脱帽、の詳しさです。
是非ご覧下さい。

タグ : 日記

21:19  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(2)  |  Top↑

2005.01.08 (Sat)

リコーダーってレコーダー

息子の通う保育園では2ヶ月に一度ほど無料のミニコンサートというか音楽鑑賞会が行われていまして誰でも聴けるんですが、(以前はたまたま来日していた本場モンゴルのホーミー&馬頭琴アンサンブルなんてのも来てこれはすごくよかった)

今日はリコーダー6本のアンサンブルを聴いてきました。

幼児相手ですからアニメとか童謡とかが主になんですが、それで何曲かはクラシックな曲も聴けて楽しかったです。
5人のアマチュアのアンサンブルに、1人ゲストでプロの方が加わった編成で、皆さんすばらしかったのですが、やはりプロの方は格違いにすばらしい音色でした。
リコーダーもこんないい音がでるんだなあ・・・って。感動。
そのプロの方が楽器紹介を兼ねてソプラニーノリコーダー(だったと思う)でさらっと演奏したのが「小鳥愛好家の楽しみ」って曲でかなり気にいってしまい、自分でもやってみたくなっちゃいました。
でもamazonでは楽譜売ってなかった。こんどYAMAHAでも探してみよう。
WEBをちょっと検索してみたら
http://www.na.rim.or.jp/~makoyan/ja_home/jp_home.html
とか
http://homepage3.nifty.com/tbd-bake6022/midi/bird.html
でMIDIで聴けたりしますね。

このコンサートの合間のうんちくコーナーで言われていたんですが
リコーダーってのはレコーダー、つまり録音機、のことで
電気もないエジソンも生まれていない17世紀に何に録音したかというと
小鳥に笛の音を聴かせて、その通り鳴く(=録音)ようにしたそうな。

・・・ほんまかいな。
まあおもしろいからいいや。

ちなみに後者のページ
http://homepage3.nifty.com/tbd-bake6022/midi/bird.html
でもそんな事が述べられてますが
音楽辞書だと
http://imion.jp/index.asp?id=397&b_chkNum=4095
微妙に違ったりしてますが
まあいいや。

タグ : 日記

23:08  |  この記事のみ表示  |  日記・メモ  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2005.01.03 (Mon)

ゲル

なぜか正月3日目にして大掃除というか年末やり残した、洋服タンスの防震対策。
このタンス、デカイ上に寝室にあるんでずっと気になってたんです。
でも下が畳なのと、湿気が溜まらないようカビ対策で背面に少しスペースを空けないといけない(壁にぴったりつけられない)ので、よくある地震対策器具が使えない。
というところに、先日ホームセンターで見つけたのが
底に貼るだけ、畳もOKという粘着ゲル
http://www.kitagawa-ind.com/kitarior/product/quake.html
四苦八苦して貼り付けました。
確かに良く張り付いて、ちょっと位押してもびくともしなくなりました。
ホントに効くかどうかは地震がこないとわからないけど、
とりあえず、やるべきことはやったということで。

ちなみに我が家の他の棚は地震が来たら確実に倒れると思います
まあ場所的に倒れても命にかかわりそうはないのできりがないので放置してますが
パソコンやシンセ音源なんか無造作に積み上げて壁のようになってるんで
地震が来たら確実に全てくずれますな・・
でも他に置きようが無い。。。。

タグ : 日記

22:49  |  この記事のみ表示  |  日記・メモ  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2005.01.01 (Sat)

新年

あけまして本年もよろしくおねがいいたします。
年末はいろいろあって大掃除もろくにできず帰省もできず
おもいっきり普段通りに生活してます全然季節感がありません。
毎年一応紅白見るんですが今年はなぜか興味がわかなくて
ザッピングしてたらN響が第九やっててなんとなく見ちゃいました。
ひさしぶりちゃんと聴いたけどあらためて聴くとやっぱ良いなあ。

サックス・ウィンドシンセ関連の今年の抱負は・・・

まずはWX5とエフェクタを修理にださないと。。。
あとはメカニカルな練習を増やしたいっす。

タグ : 日記

01:23  |  この記事のみ表示  |  日記・メモ  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2004.12.30 (Thu)

極私的04年重大ニュース

とりあえず何かかいてみます。
前日記でこんなん書いてましたという誘導も含めまして今年の回顧。私の周辺(仕事と家庭除く)での重大ニュースベスト5ですね。興味があったらリンク先に飛んで下さい。

第1位 9年振りのコンサート
4月にやったビックバンドで9年振りの大コンサート。ゲストにマリーンさんをお招きして大ホールでやりました。コンマスやって心底神経すり減らしました。

第2位 Tリガチャーとの遭遇
10月に初めて知ったTリガチャー(別名バネリガチャー)
20041230015520s.jpg

3ヶ月間使いましたが、吹けば吹くほどめっぽう良い。衝撃的。革命的。吹奏感のコペルニクス的転換(意味不明)
サックスだけでなく、今まであまりの下手さに吹く気にもならなかったクラリネットが俄然面白くなってきた今日この頃です。

第3位 Mt.FujiでSteps Aheadのリユニオン観た
いやーまさか新型EWIであんなに吹きまくるとは思わなかった。
観といて良かった。ほんとうに。

第4位 iPod入手
知人から第一世代のiPodを安く譲ってもらったのをきっかけに、外付250GBのハードディスク買って、手持ちのCDを全てMP3化してiTunesで管理、iPodで一部を持ち出して聴くようになりました。
おおよそ800枚のアルバム全てMP3にするのにたらたらやって半年かかりましたが、総曲数と時間は下の写真の通り。

20041230021045.jpg


1万曲超、37日間同じ曲がかからないという・・・
しかしこれだけの曲数をiTunesで瞬時に検索できるというのはまさに革命的でした。"Autumn Leaves"って打てばいろんなバージョンが瞬時にでてくるんだもんね。(ちなみに27バージョン持ってました)
あの曲どんなだっけ・・・ってのも簡単だし。

僕のiPodは5GBしかないけど、普通に聴くBGMやらバンドのデモ曲やら練習用のJameyカラオケやら、英会話や落語まで詰め込んでます。これだけのものを1アクションで簡単に聴けるのはやっぱりすごいです。世界が変わりました。
しかし全部でも59.8GBってことは最新のiPodならこれ全部持って歩けるってことなのか・・・・すげーなー。

第5位 ネットでお買い物増える
 輸入楽譜やCDのamazon依存度は既に高かったんですが、今年は本も増えたし、楽天でもかなりいろんなもの買うようになっちまいました。自分がネットで羽毛布団や電子ピアノ買うとは昨年では予想もしなかったっす。
あいかわらずオークションは滅多にやらないですけど(いろいろめんどくさいんだもん)。来年はどうなるかなーーーー。


タグ : 日記

02:34  |  この記事のみ表示  |  日記・メモ  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2004.12.30 (Thu)

新日記スタート

ウィンドシンセ関連サイトをやってますKirinoと申します
はじめてのかたははじめまして
お世話になっているかたはいつもお世話になっております。

いきなりですがサイト併設の日記をBlog形式に移行いたしました。
サイト開設当初(1999~2001)は自前設置のCGIベース
2001~2004の間はひまじん日記をお借りして
書いてきましたが
もうすぐ新年ということで心機一転。
こちらをレンタルさせていただいてやってみようと思います。
一応目標は週2~3回更新
ジャズとかビッグバンドとかサックスとかウィンドシンセとかの話題が多めだとは思いますが全然関係ないこともかなり混ざると思います。
よろしければときどき覗いてみてください。
よろしくおねがいいたします。

タグ : 日記

01:44  |  この記事のみ表示  |  日記・メモ  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |