2017.05.05 (Fri)

Thor for iPad Windsynth Free Patch


Here is the PATCH! (Free)
Thor_windsynth_patch_mkirino01_170504.zip

[[Short instruction]]
Set your EWI or WX's breath output = CC#2 (breath).
Add the patches on Thor (iPad) via iTunes(Mac or PC) file sharing.
Drag and drop the " .thor" files on iTunes (App/file sharing/Thor)






in Japanese

というわけで、
iOSでウインドシンセするときのオススメシンセアプリの一つでありますThor
↓iTunes App Storeへのリンク


のパッチを作ったので公開してみました。全21音色。無料です。ご自由にお使い下さい。
動画ではiReal Proの簡易伴奏をバックにその21音色を吹いてます。

Thorは自由度高くかなり複雑な音づくりができるのですが、このパッチではそんなに複雑なことはできていないのでとてもお代はいただけませんので無料でございます。
まあそれでも、音づくりが全く初めての人には役に立つかなと思います。中にひとつテンプレート的ファイル(W1 template (50pulse)という名前のパッチ)を入れましたので、これを選択して、あとはオシレータ(OSC)の種類・波形を変える、あるいは(W1 simple lead)のパッチを使って、やはりOSCの種類・波形とその組み併せや、Mixierのとこで各OSCの音量バランスを変えるだけで音づくりを結構楽しめるかと思います。

パッチのインストールですが
・上記zipファイルをパソコンでダウンロードして開きます。
・MacかPCでiTunesを起動し、iPadをつなぎます。iTunedに表示されたiPadのApp設定を開くと、下部に「ファイル共有」が表示されているので、ここでThorを選び、「Thorの書類」のところに、zipファイルの中にある”.thor"ファイルをドラッグ&ドロップなどで追加します(フォルダでなく .thorファイルを直接追加)
・iPadでThorを開いて、上部の音色名のとこを触って音色一覧を表示させると「Inbox」のところに音色が追加されています。


Thorの使い方、機能など詳しく知りたい方はマニュアルが参考になります。
https://www.propellerheads.se/products/thor/manual/


ちなみにもっとすばらしい出来のウインドシンセ用パッチは既に下記のようなサイトで有料パッチが販売されています。
http://www.berniekenerson.com/sound_design/

http://www.patchmanmusic.com/all_propellerhead_banks.html

Bernie氏のパッチは僕も購入して勉強させていただきましたが、一応今回のパッチはそれとは無関係にゼロから自分で作りました!(いくつかはThor購入時に最初から入っているプリセットをウインドシンセ用に改変したものもありますが)

タグ : WX5 動画 録音してみた ソフトシンセ Thor iOS

12:58  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2016.12.27 (Tue)

iPhoneでウインドシンセ (Magellan Jr. / WX5)

3年ほど前にiPod touchとNlog SynthとWX5でモバイルウインドシンセというのをやりましたが
http://wx5.blog2.fc2.com/blog-entry-391.html
その後、iPod touchを紛失してしまいなかなか同種のチャレンジができなかったのですが
先日中古でiPhone 5sを買ったので記念にまたやってみました。
アプリは Magellan Jr.を使ってます。ちょうど1年ほど前に、iPad用のMagellanのウインドシンセ用パッチを公開しましたが
http://wx5.blog2.fc2.com/blog-entry-426.html
そのパッチがMagellan Jr.でもそのまま使えたので、それを使ってやってみました。

https://youtu.be/a2c44Q2pu5g


WX5を電池駆動、MIDIインターフェースはiRig MIDIにApple純正のLightningアダプター。
伴奏は ↓Jamey vol.107。 Amazon Primeなら無料です。
iPhone用のAmazon musicプレイヤーで伴奏mp3を再生しながら、リアルタイム演奏しています。


シンセアプリは、Magellan Jr.
http://www.yonac.com/magellanjr/

音色パッチファイルは前述の
http://wx5.blog2.fc2.com/blog-entry-426.html
にあるので、Magellanの場合と同様に読み込み&ブレス設定してください。

なお、EWIとWX5の機種差や、個人差によって、アタックが強すぎたり、フィルターの開き具合が好みにあわないとかあるかもしれません。その場合は、FLT2のCURVE、TRACK、CONTOURの値を適当にいじってみてください。また、吹き出し時のノイズっぽいアタック音が気になる場合はFM/AMPにある、AMPのATTKのスライダを少し増やすと改善されたりします。お好みで調節してみてください。

タグ : WX5 録音してみた ソフトシンセ iOS 動画 Magellan

13:00  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2016.01.24 (Sun)

教則本:THE JAZZ道 アドリブ実践編

 昨年末に池田篤先生の教則本が出まして予約買いしましたがなんだかんだでやっと練習し始められたのでご紹介。

 THE JAZZ道シリーズ、第一弾「アドリブの扉」、第二弾「アドリブの極意」、に続く第三弾「アドリブ実践編」でごさいます。



 目次は詳細はhttp://www.ymm.co.jp/p/detail.php?code=GTW01090907
の通りで、説明されている理論もですが、何をおいてもすばらしいのは、池田篤先生による模範演奏と、そのバッキングの演奏のすばらしさであります。模範演奏のアドリブのフレーズは基本的に全部譜面に書いてあります。そんなに難しくない、初心者でも練習すればできるし中級者以上なら初見で吹けるレベルの楽譜でありながら、どこを切り出してもジャズが薫る極上フレーズであるというところが特筆です。このシリーズはこの点共通なので、ジャズを1曲吹けるようになりたいけど難しいアドリブコピーなんかとてもできない、自分ではうまくアドリブなんかできない、という方にはこのシリーズ絶対的におすすめであります。特に第一弾の「アドリブの扉」は、ほんとうに初心者でもできるレベルのむずかしくない記譜でありながら、なおかつかっこいいという希に見る教材兼曲集であります。

 もっとも譜面をなぞって吹くだけなら簡単なんですが、それをしっかりジャズな吹き方で表現しなくちゃいけないところが難しいんですが。その点は模範演奏をワンフレーズづつ繰り返しなぞって真似て吹くことで身体に染み込ませるしかないですねぇ。とにかくそれをいっしょうけんめいやれば入門者であっても1曲「聴かせられる」ようになると思います。

 そんな感じでこの教則本収録曲を、なるべく模範演奏のアーティキュレーションで演奏してみました。
一応こういうサイトですのでウインドシンセで。WX5と、音源はVL70-mでプリセット音色「Air Sax」を少しいじったものです。



・・・まぁどうしても自分のアーティキュレーションのクセが混ざってしまっていますけれども。


 というわけでしつこいですがこの教本シリーズはおすすめです。なんかジャズを1曲吹けるようになりたい!というかたはこのシリーズはイチオシであります。アルトサックスの他にもテナー、トランペット、トロンボーン、フルートなど別楽器での模範演奏収録バージョンがあるものもあります。

・ヤマハミュージックメディア検索結果(一部試聴可能)
http://www.ymm.co.jp/p/result_f/fw_p/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%BA%E9%81%93

  

タグ : WX5 動画 録音してみた VL70-m 教則本

18:56  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2015.12.06 (Sun)

EWI WX5 Magellan Patches Demo

Here is the patch! (Free)
http://wx.jazzsynth.com/pub/Magellan_WX_EWI_Patch.zip

Demo:
Instruments: YAMAHA WX5, iRig MIDI, iPad Air 2013(iOS7.1.2), and Magellan


Magellan:(Synthesizer app for iPad):
http://www.yonac.com/magellan/
You can use the patch with Magellan (for iPad) and Magellan Jr. (for iPhone).


[[[[[[ Short install guide]]]]]]]]
Important!!
You should be set the CC Map of Magellan.
PREFS --> CC/LEARN --> Synth1 --> Filter 2 --> Frequency
CC = 2 (or your breath controller's MIDI output CC No.)
Type = C
ccmap

and check the MIDI IN No. of "Synth1" of Magellan
ch1.jpg

and check your breath controller's MIDI output CC No.
wx5bc.jpg

If you still fail, I recommend that you delete Magellan and reinstall it.

-----------------------------------------------
in Japanese

というわけで・・・
私のYoutubeチャンネルですが日本語のコメントがひとつもありませんでして
アップしているウインドシンセ+iPadでの演奏について、ウインドシンセ用の設定のお問い合わせもあるので
いっそのことということでパッチを公開してみました。
無料パッチですのでMagellanをお持ちの方はよろしければお使い下さい。
なお、iPhone/iPod touch用のMagellan Jr.でもこのパッチは同様に使えます。
Magellan: http://www.yonac.com/magellan/

Magellanですが、多機能ですが使いやすくウインドシンセ用iOSシンセアプリではかなりオススメできます。
(ちなみに、他のオススメは、
・Nlog synth http://www.temporubato.com/
・Thor https://www.propellerheads.se/thor
ウインドシンセ的に一番いろんな設定ができるのはThorですがいろいろできすぎてちょっと複雑。

Magellanはウインドシンセ用としては、MIDIコントローラー設定が音色毎に記憶できないとかの弱いとことはありますが、それ以外はお気に入り。というわけでその制限の中でいろいろ音色設定してみました。つまり、ブレスコントローラー(CC=2)ではFilter 2 の開閉のみをコントロールする、という制限であります。
それでも、充分演奏に堪える基本的な音色はできてしまうかなあ、という感じではあります。
なお、過去のEWIとか、IFWとかでいろんな方がつくった音色の設定を大いに参考にしております。

パッチを使う前に、MIDI Learnで FIlter 2 の Frequencyに CC=2を割り付けていただかないとブレスコントロールできませんので注意。

あと、MIDI Learnすればグライドも使えます(EWIの方は実用的にも有用)
ちょっと今、手持ちのEWIUSBが壊れてしまっていて試せないのですが、WX5だけでなくEWIでも動くはずです

個人差にあわせて調節すべきなのは、ブレスコントロールのカーブですが、Filter 2 の Filter種類
(LP = ローパスフィルター が 三種類あって、効き方が異なる)と、「TRACK」および「CURVE」を動かすと、フィルターの開き方が変わりますので、自分が演奏しやすいところに調節してください。



タグ : WX5 動画 録音してみた ソフトシンセ iOS

14:30  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(3)  |  Top↑

2015.08.02 (Sun)

WX5/IFWで紅月カバー


一年ほど前にBABYMETALを知って以来音楽を聴く時間の大部分はBABYMETAL聴いてますが、まだ飽きないです。自分でも不思議なくらい。ついには自分では初でしょうかいわゆる「歌モノ」カバーしてみました。




曲は紅月(Akatsuki)。バンドスコアと
  

Unfinished verのアレンジを参考に


Steps AheadのIn A Sentimental Mood的にやってみました。

コントローラーはWX5、音源はMacBook Pro/Logic Pro 9上のIFW。IFW附属のブレッカー音色を少しいじったものです。カラオケトラックはLogic Pro9に打ち込み、音源MonoPoly(KORG Legacy collection)。
もしカラオケ欲しいかたがいらっしゃいましたら
https://soundcloud.com/wx5workbook/aktkback
からどうぞ。

カバーの過程でボーカルのSU-METALさんの声の響かせ方や歌い方のアーティキュレーションとかも楽譜にメモしながら練習しましたけど(最終的にはそれを全部反映させたカバー演奏ではないですが)、日本語の歌をコピーするっていままでほとんどやったことがなかったので、予想外にすごく勉強になりました。だけどBABYMETAL、この曲以外に管楽器でカバーできそうな曲のレパートリーがないのが残念だなあ・・・

蛇足ですが最初、アルトサックスでやろうかと思ったんですが、思ったよりKeyが難しかったのでウインドシンセで「マイナス3」トランスポーズしてやりました。ウインドシンセの利点!

タグ : WX5 動画 録音してみた IFW

15:20  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2014.08.13 (Wed)

ウインド機材ちょっと更新

短い夏休みにはいりましてその時間を利用してひさしぶりに普段使うウインドシンセ機材とセッティングをお手入れ。
EWI5000も出たというのにあいかわらず1998年発売のWX5と1996年発売のVL70-mがメインであります。

更新後はこんな感じ↓
windset20140812.jpg

ここ数年前からのセットとほとんどかわらないのですが
WX5, VL70-m(2台)、BOSS MX-10(ミキサー)、Fostex DE-1(マルチエフェクタ)、YAMAHA MS101-II(10Wパワードモニター、2台)、TEACのAV-P25(パワーディストリビューター)をエフェクタケースを皿かわりにしてのっけてます。

今回更新のとこは最近たまたま中古で破格のMS101-IIを見つけたので、それまで使っていたMS101と入れ替えました。見た目はほとんどかわらないんですが、MS101-IIだと、背面にフォーンのライン出力がついているので、PA付きのライブだとここからPAに出力できて便利なので。以前はエフェクタ使用をあきらめてミキサーのSEND端子からPAに出したりしていたがこれでずいぶん楽になったかなぁ。とはいっても最近ほとんどライブでウインドシンセ使う機会がないのが悲しいのですが。
ここ2年くらいで普段ちょっと練習したりするときはWX5 + MacBook Pro + IFWがメインになりましたが、そういう音色が活躍しそうなバンドなら写真のセットにMacBook Proを繋ぐセットになりますですね。

というわけで更新したセットで吹いてみました。WX5とVL70-mでYoutubeにUPするのは自身初です長年WX5のサイトをやっているのに(笑)



音色はプリセットの"Air Sax"をベースにちょっとパラメータを変えたもの、がメインで、これにアナログシンセ系の音色(どのプリセットをベースに作った音色だか忘れちゃいました)を控えめに重ねてます。僕の主力音色。
EWI5000が出たというのに18年前の音源でこんなことをやっているという(笑)


タグ : WX5 動画 録音してみた VL70-m 日記

15:33  |  この記事のみ表示  |  日記・メモ  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2013.09.29 (Sun)

WX5カルテットでSomeone to watch over me

しばらくぶりに録音してyoutubeにアップしてみました。
ガーシュイン作曲のスタンダード、"Someone to watch over me"
全てWX5と音源IFWを使って演奏したひとり多重録音カルテットです。



http://youtu.be/5FOqlM9H0Y4

 楽譜はSaxophobiaさんによる
 ↓Jazz Standards for Sax Quartetに収載されているものを使用。


同じ譜面を使った別バージョンは以前soundcloudにアップしましたが↓、
https://soundcloud.com/wx5workbook/someone-to-watch-over-me-wx5

今回の意図としては極力シンプルな音色でやってみようかな、というところで
メロディーの音色はSaw波にブレスコントールで24dbのフィルターをかけている、だけのシンプルなものを使ってみました。AMPのブレスコントロールは無効にして、あえてフィルターだけで音量変化させています。あとショートディレイを薄くかけてます。リリコンとか最初期のウインドシンセに近い設定ではあると思いますが、さてどんなもんでしょうか?

タグ : WX5 動画 録音してみた ソフトシンセ IFW

15:44  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(1)  |  Top↑

2010.04.23 (Fri)

米国ウインドMLよりメモ

米国のウインド関連のML
http://groups.yahoo.com/group/windcontroller
一応ROMってるんですが最近読んでなくて、3ヶ月ぶんまとめてナナメ読みした中からいくつかメモ。


The Double Slide Controller
トロンボーン型ウインドシンセの研究試作品。
詳細は
http://gtcmt.coa.gatech.edu/?p=2138



2010年のGERGIA TECH CENTERの楽器コンペで受賞したInstrumentだそうですが、
・基本的にトロンボーンの演奏操作
・スライドは2つ!
・持ち手はジョイスティックになってて、XYZ軸のセンサーと数個のスイッチ付(ゲーム機みたいなかんじ?)
・マウスピースはEWI4000sの流用
・上記動画主に、右手がメロディーでVL70m、左手とスイッチ群はソフトシンセの伴奏をいろいろ。
・プログラミングにはMaxMSPを使用
のようです。
トロンボーン型というのは誰でも思いつくでしょうけどそこにジョイスティックを組み合わせるのはアイデアだな~と思いました。

-----------------------------------

新型ウインドシンセつながりでは既に昨年のニュースで
国内ではDONAXさんが紹介されたのが最初だと思いますが
ウチではまだ書いてなかったのでいまさらですが、
Eigenharp
http://www.eigenlabs.com/our-products/
エレクトロハープということですがブレスセンサーつきで、DONAXさんの言われるとおりバグパイプといったほうが適当のような気がします。販売はされてるので個人輸入ならできるのかな??

-----------------------------------

あとPachmanmusicが
Roland SonicCell 用のウインドシンセ用パッチを販売開始してました。
http://www.patchmanmusic.com/rolandSonicCell.html
音色ファイルは日本国内からも買えるはずです(たぶん)

タグ : その他ウインド 動画

23:45  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2010.01.20 (Wed)

Judd Miller EVI動画

米国メイリングリスト経由情報

"Drum Channel"というサイトで
Peter Erskine and Terry Bozzio with Judd Miller Rebroadcast of Live Event
ということでJudd MillerがEVIを吹くライブ動画が公開されています。
http://www.drumchannel.com/entertainment/Peter-Erskine-and-Terry-Bozzio-with-Judd-Miller-Rebroadcast-of-Live-Event-83278.aspx
ドラマー向けのサイトなのでどちらかというと打楽器を聴かせる・魅せるライブ番組ではありますが
これだけ高画質高音質で長くEVIを吹くシーンを見れるというのも貴重だと思います。
私はErskineも大好きなので2度美味しかったです(笑)


ついでに蛇足ですがBob MintzerのHPによれば
http://www.bobmintzer.com/bobnote.html
(A Note From Bobの Jan, 2010ぶん)
Bobの新作アルバムの収録が昨年末にあったそうでJudd MillerがEVIで参加しているそうです。5月発売予定とのこと。こちらも私は楽しみです。

タグ : その他ウインド 動画

01:20  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2010.01.10 (Sun)

Seamus Blake EWI動画

気鋭のテナー奏者で最近はEWIに力を入れているSeamus Blake氏の11月の来日ライブを見た件は以前書きましたが、その来日ツアー最終日のピットインでの動画がSeamus氏自身よりアップされていました



いわゆるボコーダーEWIですね。会場が盛り上がってるのがよくわかります。

ちなみに私の知る限りではこの技を知らしめたのはMike Phillips氏のこのパフォーマンスが最初。youtubeとか見るとその後アマチュアも含めフォロワーが結構いらっしゃいますね。インパクトあるもんなぁ。

Seamus氏のEWI動画はあとふたつ
http://www.youtube.com/watch?v=xGSYSQS2scs

と、



こちらの演奏は、おそらく前半でewiVoicingのRotateモードが使われてると思います。

タグ : EWI 動画

20:52  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2009.04.21 (Tue)

Michael Brecker EWIのレア動画

米国ML経由情報、マイケルブレッカーの関係者撮影動画がYoutubeにUPされてます

http://www.youtube.com/watch?v=fbM3zilcPJ4



曲は「Original Rays」、レコーディング用のリハーサルでしょうか。映像も音も良くはありませんが、いやー、これはスキモン(僕だ!)にとってはたまらない貴重なビデオです。
前半と後半がSteiner EWIのソロです。
動画リンク先のの詳細にも書いてありますが、Oberheim Expanderを、
http://mazandkilgore.com/?p=16
という仕組みで鳴らしてるのがこのハーモニック演奏の仕掛けであります。

先日僕もWX5とARIA(EWI-USB)でマネっこを試みましたが、当然ではありますがやっぱり「ROTATE」な和音の雰囲気にはならないんですよねー。リンク先ではMaxでプログラム組んでますし、Brecker自身は晩年はLogicでEnvironment組んでこういう演奏をしてるんですが、もっとシンプルにRotate専門のスタンドアローンのソフトウェアがあったらなぁぁぁぁ。

ちなみに同じリハーサルで、こっちもレアですね。
http://www.youtube.com/watch?v=NJf2Ahf1SDE

タグ : EWI Brecker 動画

00:35  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2009.02.13 (Fri)

AKAI EWIUSB NAMMほか動画いろいろ紹介

1週間ほど前、米AKAIから、NEWS LETTERがメールされまして
http://www.akaipro.com/emails/feb09/newsletter.html
それにも載っていた動画ですが、
先日のNAMM2009におけるAKAIブースでのEWIUSBの様子の動画がAKAIからいくつかアップされています。

Winter NAMM 2009 EWI USB Overview
http://www.youtube.com/watch?v=lmbYOm06JIY

Jeff KashiwaによるEWIUSB説明です。


それから
Four-EWI Jam Session at Winter NAMM 2009
http://www.youtube.com/watch?v=fIS5lE0cgxE
EWI吹き4人によるJam。
こちらはかなりラフなデモですが、最初に吹いてる方はかなりブレッカーEWIを研究したフレーズ吹いてます。

こちらも同様のデモ。
Winter NAMM 2009 AKai Pro Booth Video 2 of 2
http://www.youtube.com/watch?v=SY-m6Y0XU0Q
それにしてもMike PhillipsのボコーダーEWIは、ライブも含めいろんなとこでやってるようですし、もうこれ完全に自分のモノにしてますね。ある意味一発芸なのに、それを超えて普通にかっこいい。ラップもできるというのが強いなあ。

この動画に出てくるもう一人の黒人の方はQuamon Fowlerというプロプレーヤーで、Youtubeで名前で検索するとEWI吹いてるとこもいくつか出てきますが、
http://www.youtube.com/watch?v=uJmnmrI96oQ
の1:07あたりからはWX5でも演奏してます。音源はVL70-mのハーモニカ音色っぽい。


ついでに不定期連載(?)のYoutube動画紹介を。

http://www.youtube.com/watch?v=s8Y-fW1EVP4
は以前紹介しましたYellowjacketsでのBob MintzerのEWIソロですが、あえてもう一回紹介するのは、この3月に、Yellowjackets+Mike Sternで来日公演が決まってまるからであります。詳細は
http://www.universal-music.co.jp/jazz/artist/yellowjackets/concert.html
保証はできませんがたぶんEWI4000sも聴けると思います。私的には電気系ジャズグループの最高峰だと思ってます。今回私は日程の都合上聴きに行けないんだけど、聴きに行ける方は是非ナマで聴いて欲しい!!!!


Iwan Roth plays "Body and Soul" with Mr. Sax T and the EWI
http://www.youtube.com/watch?v=DUBO1C_We_U
たぶんアマチュアの方ですが、テナーサックス音色のソフトシンセの「Mr.Sax T」をEWIで演奏した動画です。サックスのソフトシンセとしてはなかなか良くできているのではないでしょうか。


SAX MAN for iPhone /iPod touch
http://www.youtube.com/watch?v=gTUcO_d-xus
iPhone用のソフトのデモですが、iPhoneの通話口に息を吹きかけると鳴る、サックスシミュレートのアプリです。サックスの他に、EWI音色がサンプリングされて入っています。ケータイEWIが実現。デジホンの代わりに成るか??? iTunes Storeへのリンクはこちら→SAX MAN

ネタついでに、カシオのデジタルホーン(DH100)を吹くDavid Sanborn
http://www.youtube.com/watch?v=GBmLa-TrRRo
昔やってたマーカスミラーが音楽ディレクターのNight Musicという音楽番組のヒトコマ。マーカス他ハウスバンド全員がおもちゃの楽器を持って演奏するというネタコーナーでした。
何年か前、スカパーのMUSIC AIRチャンネルでこれを全話放送するというので、私、それがきっかけてスカパーに入ったのでした。全話録画して持ってます。ついでなのでそのNight Musicの中で感動した動画を2つほどご紹介。(ウインドシンセとは関係なし)

http://www.youtube.com/watch?v=j2T274bXIxU
Leonard Cohenとジョイントするソニーロリンズ
どこのだれとやっても圧倒的な存在感のロリンズ。終わった後のハニカミ具合もグッときます。
ラストの太ももLow A、本番でやるシーンは初めて見たけど、とにかく、とにかく、かっこいい。

あと、この番組で昔の音楽映像を流すコーナーがあってそこで初めて見て感動したのが
Lambert, Hendricks and Ross
http://www.youtube.com/watch?v=anrXYEAkg8U
このノリとエンターテイメントの両立。うまいっ!!!


で、最後に個人的にキター!!というのを。
Steps Ahead - In a sentimental mood NSJF 1985
http://www.youtube.com/watch?v=qNhDWbhmQk4


それと、その続きが
Steps Ahead - Trains - NSJF85
http://www.youtube.com/watch?v=mQDAlUG6VyA

1985年のSTEPS AHEAD、マイケルのスタイナーEWI炸裂。1年後の東京ライブとまた違う雰囲気で良いです。

タグ : EWIUSB EWI WX Brecker Mintzer 動画

00:00  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(3)  |  Top↑

2009.01.09 (Fri)

Steps Ahead / At Mount Fuji Jazz Festival (DVD)

9月にリンクだけ紹介しましたが、ブレッカーがSteiner MIDI-EWIでPowerBook上のソフトシンセを吹きまくる、2004年、Mt Fuji Jazz Fes.におけるSTEPS AHEAD再結成ライブ動画(wowow放送されたものの一部)
がYoutubeにあがってます。
Beirut


と、

Trains


このライブは私、生で見ることができまして、そのときの興奮過多なレポート、およびこのとき日本初披露となったSteiner MIDI-EWIについては
http://wx.jazzsynth.com/pages/m060_2004kizai.html
に載せておりますので、詳しくはそれを読んでいただければ良いのですが、この演奏を記録したDVDが昨年夏に発売されておりまして、やっと入手して内容を確認できたのでご紹介。


HMVに出ているのをみつけて↓、予約から2ヶ月近く待ってようやく到着しました。
Steps Ahead/At Mount Fuji Jazz Festival


レーベルは・・・JazzDoorです。どう考えても入手経路・権利関係が怪しいのになぜかHMVはじめ大手販売店で大っぴらに売られているというレーベル。ということからも予想できるとおり、これ、内容は、完全に、以前wowowで放送したものと同じです。ボーナストラックとか一切なし。放送で挿入された、メンバーへのインタビューも(順序が少しかわっているけれど)そのまま入ってます。独逸国製作のDVDに日本語字幕がついているというのが笑える。ジャケット画像の脱力さも相当なものです。

しかし!
演奏内容は強力この上ないです。
曲目そのものは1986年の↓厚生年金会館ライブ
Steps Ahead/Steps Ahead Live (Ltd)

のものと同じなんだけど、さすがに18年の月日の積み重ねと、なんといってもガッドのドラミングがすごいったらなんの。
wowow放送と同じなのでEWIひとりだけでやったソロやベースソロ、Poolsなどが収録されてないのは大変残念なのですが、それでも、未見の方は、是非見てください。(wowowの録画を持ってる方は不要ですが)
あまりブート盤をすすめるのは気が引けるのですが、1986年のライブと併せて、ウインドシンセ吹き必見のDVDと断言いたします!!!
DVD収録曲全5曲のうち、EWIが活躍するのは
・Beirut
・In A Sentimental Mood
・Trains(の前半)
マイケルブレッカーは、Steiner MIDI-EWI、Apple PowerBook G4、Logic上でMoogほか数種のソフトシンセによって演奏しています。EWIUSBの登場でソフトシンセによるEWIの使用にたいする敷居が一気に下がりましたが、2004年当時のソフトシンセ環境でもここまでできてしまうということを確認する上でも格好のビデオであります。

ちなみに1986年のライブの「Beirut」もアップされていたので貼り付けます。較べて見る(聴く)のも一興。


タグ : EWI Brecker DVD 動画

00:34  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2008.11.19 (Wed)

EWI USB 日本国内発売正式通知と世界初デモ動画公開

日本AKAIより本日正式アナウンスが出ました

「USB Electronic Wind Instrument "EWI USB"」発売のお知らせ
http://www.akai-pro.jp/pgs/right/right_news.html#20081119

当初年内は無いって話もありましたが正式声明は「12月中旬より発売開始」ですね!すばらしい!
今年のボーナス・お年玉はこれで決まり?

※11/20追記:いくつかの通販サイトでは予約受付が始まってます。
AKAIの告知から数時間をおかずして(おそらく)国内最初に予約受付ページを開設したのは
さすがさすがのイシバシ楽器さん、であります。
絶賛御予約受付中!!【予約受付中】AKAI EWI-USB(イシバシ楽器渋谷店)

価格は今後変動の可能性もあるとのことですが今日の時点で発表されたイシバシ楽器渋谷店の価格は税・送料込39900円。

24時間たった今ではその他いくつかのサイトでも予約開始されています。例えば
★楽天でEWI USBを探す(価格順)★
などどうぞ。(追記ここまで)

ーーーーーーーーーーー
さて続いて、米国ML経由情報、先行発売の米国では早速入手したプロプレーヤーBernie Kenerson氏が
世界初となるEWI USBの動画を公開されています。

Part1 生楽器系音色(木管・金管・弦楽器・シロホン系)
http://www.youtube.com/watch?v=ZTDiXhG0T8I

Part2 シンセ系音色デモ
http://www.youtube.com/watch?v=pI2a1xG8QTo

どちらもパソコンはiMacで、EWIUSB付属ソフトARIAの音色です。

真の出音はYoutubeですからわからないですけど、私的には全然問題ない!印象なんですが皆さんは如何でしょうか。

機能的特徴が出ているところと言えば、
EWIUSBは割とMIDIのコントロールチェンジの割り付けの自由度が高いのが特徴ですが、たとえば(あまり使う頻度の少ないであろう)ベンドアッププレートにサスティンのON/OFFを割り付けてやると、ピアノのサスティンペダルを使う感じで簡単に和音を挟むことができます(Part2動画2:59あたりの一瞬)

それからどうやら、ARIAのメイン画面に出ている4音色をそれぞれ異なる設定で同時に鳴らすことができるようです。異なる音色をトランスポーズして重ねれば簡単にブレッカーもどきのハーモニックな演奏が可能になります。(Part2動画8:00以降)

ひゃぁー!!!もうね、この機能だけで、私、買いです。決めた。絶対買う。
これに、i-yanase.comさんのewiVoicing
http://www.i-yanase.com/ewiVoicingHelp/Top.html
を組み合わせたら、かなり簡単低価格ながら本格的にブレッカーもどきができそうですよ。楽しみ!!!!

最後のデモが、実際にライブで使っているところのEWI USB
http://www.youtube.com/watch?v=rEPuQgh42bw
ここでのパソコンはノートブックのiBook G4、使用ソフトシンセはARIAでなく、Reason4のフルート系音色だそうです。普段EWI4000sを使っている方が入手して数日のEWI USBの演奏です。違和感なく持ち替えできそうですね。

貴重なデモを速攻で公開していただいたBernie氏に大感謝です。
Bernie氏のサイト
http://www.berniekenerson.com/では様々なEWI演奏のMP3やご自身のCDが聴けますので是非聴いてみてください。


タグ : EWIUSB 動画 ソフトシンセ

21:30  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(2)  |  Top↑

2008.09.03 (Wed)

YouTubeウインドシンセ関連から(2008年9月号)

前回5月に同じような記事を書きましたが、たまに現実逃避気分転換にYouTubeを徘徊してしまうのでそんななかで見かけたウインドシンセ関連のビデオをまとめてご紹介。定期連載になるかは???。

イチオシはBob Mintzerの一人EWIソロ。



Mike SternをフィーチャリングしたYellowjacketsの2008年のツアーから。 これだけ長い(3:46)EWI1本だけのソロってのはMintzerの演奏では初めて見ました。特に仕掛けなくEWI4000s1本の機能だけでやってますが4000sの重音奏法をうまくつかってたりして、シンプルだけどちょうど飽きのこないほどよい長さでまとめてるのはさすが。僕もこんな演奏ができたらなあ。
それからこのソロの後で始まる曲がたぶんこちら。ここでもEWI、それからMike Stern大活躍
http://youtube.com/watch?v=zax5-poxrf0
最新アルバムLifecycle収録の「Yahoo」という曲ですね
(このアルバムについては↓参照)
http://wx5.blog2.fc2.com/blog-entry-211.html


ブレッカー関連では
Steps Ahead - Trains at Madarao Jazz Fes Japan 1985
http://youtube.com/watch?v=Po9kvuN8_aU
斑尾での1985年ライブの「Trains」が出ました
Steiner EWI、ドラムがアースキン。

それからこれは究極、2004年のMt.Fuji Steps Aheadのライブが出ました。
WOWOWで放送されたものですね。この動画については後日改めて書きます。
http://youtube.com/watch?v=lCXgQXU8gNA
http://youtube.com/watch?v=balD6q4WLiM


それからこのプレイヤーは知りませんでしたが
EWI, KSBR BASH live jazz jam, Greg Vail on EWI 2007
http://youtube.com/watch?v=XhJLcneD-kY
Greg Vail氏のインタビューとEWIプレイ。吹きまくりのパワープレイですけど、普通にとてもうまいです。

こちらはプロの方なのかはわかりませんが
EWI 4000s improvisation Samuel Hejslet
http://youtube.com/watch?v=msuQrxE0fdM
やや冗長の気はしますが、ディレイとループマシンをつかってシンプルに美しい一人ソロを展開されています。

とにかくEWI4000sでEWIが手軽になったおかげで一気にいろんなプレイヤーがいろんな演奏をするようになりましたね。嬉しいことです。


EWI以外では。
リリコンを演奏してるひとがいましたよ。録音が2008年ですよ。よしめめ会長のほかにマニアがいましたよ。
http://youtube.com/watch?v=3gi1ClAz7J8
とか
http://youtube.com/watch?v=9LlE42sJiic
演奏はフリーインプロビゼーションであります。う~ん。

リリコンといえばYoutubeで一番多いリリコン動画は伊東たけし氏のスクエアでの演奏になりまして、たーくさん出てきますのでいちいち紹介はしませんが、コレは!というのがありましたので
http://youtube.com/watch?v=G9n5SkG3X4A
http://youtube.com/watch?v=diFjHbFio_Y
伊東氏自らリリコンの音作りを説明されてます。この番組の存在は噂には聞いてましたがまさか見ることができるとは。ありがたやありがたや。

9/7追記:-------------------
シークレットでこのトピックにコメントいただきまして
そのなかでご紹介いただいたのが
http://youtube.com/watch?v=yI1QoRuEG_4
宝島をリリコンでやってるのはかなりレアですね。情報ありがとうございました。(今後の活動も期待してます>コメント主の方)
---------------------------

伊東氏は短期間WX7(のプロトタイプ)を吹いていましたが、その期間の動画も出てますね。
http://youtube.com/watch?v=Hw24-HlDmJs
のほかwx7で検索するといくつか見つかりますね。
ここらへんの伊東さんのウインドシンセ環境経緯についてはよしめめ会長が自らのHPで詳しく解説されてますのでリンク貼らせていただきます。
http://www6.plala.or.jp/tk_homepage/instrument/inst_wind.html


最後にSynthphoneの演奏。
2n4 electro-acoustic jazz fusion band
http://youtube.com/watch?v=b75ftkvxsq8
生サックスにMIDI OUTを内蔵させたSynthophoneの、エバンジェリストといえますrobosax氏の演奏。
曲は「Chicken」。有名曲なだけにSynthophoneってこんなだよーと紹介するのにはちょうど良いかもですね。

タグ : 動画 EWI WX その他ウインド Mintzer Brecker

18:10  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(1)  |  Top↑

2008.07.12 (Sat)

よしめめ氏によるリリコン演奏が公開されました!

数年越しの待望!
JWSA会長よしめめ氏によるリリコン演奏が遂に公開されました!

Lyriconで吹いてみた【ALL ABOUT YOU】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3937886

(視聴にはニコニコ動画のアカウントが必要です。)

会長自身による詳しい解説付きの作品になっております。
ウインドシンセに少しでも興味のある方は必見!

一応直接貼り付けはこちら




考えてみると、もしかしたらこれは
21世紀になって録音された唯一のリリコン演奏ではないでしょうか。
その熱意にただただ脱帽です。
ありがとう会長!お疲れ!今後も期待してます!



タグ : リリコン 動画 その他ウインド

21:32  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(4)  |  Top↑

2008.05.13 (Tue)

ソニーロリンズ来日中

ソニーロリンズ来日公演中ですね。
私、一昨年の「日本ラスト公演」は、ちょっと躊躇している間にチケット売り切れてしまい、後悔しまくりだったので
今回の復活公演はかなり早めに意識して、5/14の東京公演買ったんですよ。。
凄く楽しみにしてたんですが、
買ってわりとすぐに、どうしてもどうしても外せない仕事が入ってしまい、、、
泣く泣く、同じバンドのサックス吹きの知人にチケット譲りました。
まあ無駄にならなかったので良いのですが、やっぱり泣いた。
あまりにも悲しかったのでしばらく考えないようにしてたら、知らない間に追加公演とかされてるし、気づいたときには売り切れてるし。あぁもう。


そんなこんなですが、来日プロモーションで、先の10日にTV Tokyoに生出演してちょこっと演奏したらしいですね。こちらも見逃してしまったのですが、こちらはかすかな期待通り、YouTubeにあがりました。UPしてくださった方、ありがとう!

このビデオ、なんとロリンズの公式サイト
http://www.sonnyrollins.com/
からもリンクされてますので事実上公認ビデオですね。


Youtube直は
http://www.youtube.com/watch?v=zN_nkl7f9H8

全てが凄いですが、
僕的にはこの年齢で、この音でこのビブラートでこのロングトーンができる・・・というのがまず思ったところ。やっぱり生で聴きたかった・・・
できれば、来年も、来てください。おねがいします。。。。。

しかしこのアナウンサーといい、あまりにも突然ブツッとCMに入るタイミングといい、この番組関係者のジャズ無教養ぶりを世界に示してしまってますな~~~。どうにかならなかったのかなぁ世界中のジャズファンが怒るぞこれは。あぁぁ恥ずかしい。
どうせなら「いいとも」でタモリ氏に紹介してほしかったものですが。

タグ : ジャズ サックス 動画 日記

23:52  |  この記事のみ表示  |  サックス  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2008.05.11 (Sun)

YouTubeウインドシンセ関連から

4月からとにかく仕事がばたばがばたばたばたばたしている毎日なんですがそんなときにつきものの現実逃避・・・というわけでYoutubeをちょいとばかし徘徊。
せっかくですのでウインドシンセ関連で興味をひいたものを貼ってみます。


まずは定番のマイケルブレッカー関連
The Brecker Brothers Band - Warsaw- part V
http://www.youtube.com/watch?v=aTWu6em4r70
1993年のライブ。Song For Barry冒頭のベネトンカラーEWI1000の一人オーケストラがフルバージョンで見れます。フットペダルがいっぱいなのも確認できます。


Steps Ahead - Umbria Jazz 85 - Sumo
http://www.youtube.com/watch?v=EB-2GMN0deg
1985年のSteps Aheadのライブ。ドラムがアースキン。Steiner EWI。


最近追加されたもので、トランペット/EVI奏者のEric Bolvin氏の映像。
One For Mike
http://www.youtube.com/watch?v=LGRdA7LXKkI
Eric Bolvin氏のビッグバンドでの演奏。MIDI EVI吹いてます。


Tom Scott - Say you love me
http://www.youtube.com/watch?v=GEG_KtmIbKU
ちょっと前に貼ったのと同じものですが、トムスコットのリリコンバラード。なんど聴いても良いわあ。
もう、絶品の一言。

で、ここからトムスコット関連で探しますと、ウインドシンセではないんですがBlues Brothersのライブでソロも吹いてるのを発見
Blues Brothers - Almost
http://www.youtube.com/watch?v=Dpw-iotQXGY

おもしろいなぁ。
さらに探すと"カリズマ"のPV(?)を発見

Karizma "Blues For Ronnie"
http://www.youtube.com/watch?v=M9jRHmkgtd0


ホーンセクション一番手前がトムスコット(Ts)、そしてその奥の一人がなんとSteiner EWIらしきものを吹いてます。このレコーディングアルバムには「Steve Tavaglione」がEWIで参加しているのでたぶんこの映像で吹いているのもTavaglioneだと思います(保証はできません)。しかし、レア映像すぎ!!

タグ : 動画 Brecker EWI リリコン その他ウインド

00:01  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2008.03.18 (Tue)

YellowjacketsのブートDVD

引き続きメインサイトのチェック作業をしまして10ページほどチェックとリンク切れ修正等しました。あと、JWSAのサイト中のWX5 wrokbookへのリンクURLを修正。


------------
それだけ書くのもなんなので、こないだ偶然中古CD屋で見つけて買ったYellowjacketsのブートDVDをご紹介。 「in Switzerland」と名前がついてます。
YJInSw


ブートなのでどこで売ってるとかは紹介しませんがYellowjackets DVD Switzerlandとかで検索すれば簡単に見つかる・・・はず。

ブートは滅多に紹介しないんですが、これがまた、実に良いんですよ!!!
2006年の25周年記念のヨーロッパツアー時のTV収録がソースのようです。
映像も音声も充分高品質。演奏は実に白熱していて、僕的には公式盤の「25」のDVDよりこっちのほうがおすすめなぐらい気に入りました。
全9曲79分。Bob Mintzerが2曲でEWI4000s吹いてます。(Mofongo とClaire's Song)
どっかでみつけたら、YJファンは「買い!」ですよ。

で、もひとつ、このDVDとは関連ないのですが、YouTubeで、つい先日演奏されたばかりらしいYJのライブを見つけたので張っておきます。曲は上のDVDにも収録されている「Mofongo」
EWI4000s吹きまくりっ!



タグ : EWI Mintzer 動画

23:28  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2008.01.25 (Fri)

NAMM 2008 ウインドシンセ関係まとめ

NAMM終わりましたがウインド関係の新製品は無かったみたいですね
AKAI他いくつかのブースでは出展とデモがあったようです。
以下ネットを巡回してみつけたとりあえずのまとめ。

Mike Phillips at NAMM part one

EWI吹くのは4分過ぎから。まあ、ラフな演奏ではあります。


というか、AKAIがプロモ用にYouTube利用してるんですね。知らなかった。
http://www.youtube.com/user/AkaiProVideo
Part oneということなのでこの後もVideo追加されるのを期待。

※1/27追記
パート2が追加されました

ここで後半以降、Mike PhillipsとEWIの2重奏してるのはスムース系Saxプレイヤーでアルバムも出してますQuamon Fowler氏です。最近はかなりEWIも吹いているらしく、YouTubeで名前で検索するといくつかEWIを吹いてるのがアップされてます。
(追記ここまで)


NATIVE INSTRUMENTSのブースではDino Soldo氏がEWI4000sで同社のソフトシンセMASSIVEでデモしたようです。写真は

http://www.native-instruments.com/index.php?id=imagesnamm08
の下のほう。
同社では低価格のサンプリングベースのサックス/ブラス音源を出しましたね。
KORE PLAYER
http://www.dirigent.jp/products/ni/kore_player/index.html
プレイヤーそのものは無償で、音色ライブラリのみ販売、SAX & BRASSライブラリは59ドルだそうで。音聴いてみないとわかんないけど、価格的にはそそられますね。

Synthophone(MIDI SAX)
は毎年出展されているようですが、今年は日本の「サウンドハウス」のレポートで紹介されてました。(上から2番目と3番目の写真)
http://www.soundhouse.co.jp/show/namm2008winter/others/index.html

Synthophoneについて詳しく知りたい方は
http://www.robosax.com/
を参照ください。

とりいそぎ現時点ではこんなもんでしょうか。。。

タグ : イベント EWI その他ウインド 動画 ソフトシンセ

00:21  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2007.12.29 (Sat)

1987年AKAI EWIプロモーションビデオ(Brecker他)

米国ML経由情報。Youtubeに1987年のAKAIのEWIプロモーションビデオがUPされています。



フロントは
Nyle Steiner、(Steiner EVI 、開発者)
Joel Peskin(プロトタイプEWI、当時Steinerと共にEWIの開発に携わったサックス奏者)
Michael Brecker(プロトタイプEWI。音源はたぶんXpander)

ちなみに
Joel Peskin氏とEWIについては↓が参考になります。
http://members.aol.com/Ireedman1/ewi.htm
この動画収録時のことについてもちょこっと触れられてますね。

タグ : Brecker AKAI 動画 その他ウインド

16:15  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(2)  |  Top↑

2007.03.14 (Wed)

Nomad Diaries / Chris Minh Doky

今日売りのジャズライフ(2007年4月号)

(→詳細内容は出版社サイト参照

の「巻頭スペシャル・インタヴュー」は新作「Nomad Diaries」の国内盤がこの3月に発売になった Chris Minh Dokyのインタビュー、「マイケルとのレコーディング秘話を語る」とのこと。
買って読みました。
そんなに記事の量としては多くないんですが、マイケルのエピソードは泣けました。

その新作は

です。既に今年始めから輸入盤は発売になってまして、HMVその他で買えますが、日本盤はやっと発売。なお、日本盤はボーナストラックがあり輸入盤より3曲多いそうです。

マイケルブレッカーはこの新作にEWIで1曲、テナーで1曲参加。EWIの曲は3曲目の「IF I RUN」。記事によれば最初からマイケルにEWIを吹いてもらうつもりでイメージして作曲したそうです。

Chris Minh DokyのMy Spaceで試聴できます。
ラスト近くのEWIソロ部分はさすがのマイケルだなあ・・・・。
http://www.myspace.com/chrisminhdoky

また、
http://www.youtube.com/profile?user=bassmanm1
でプロモーションビデオが見れます。

タグ : CD 動画 EWI Brecker 雑誌

22:25  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2007.03.11 (Sun)

Tito Puente All-Star と DKO Electric Quartet ライブ動画

私の中では年に1度のお楽しみになってます。
米国New Trier High Schoolで毎年2月に行われる「FRANK MANTOOTH JAZZ FESTIVAL」の動画が今年もまた公開されました。

http://ntjazz.com/Jazz_Festival/default.htm

から各バンド名の下の「See their concert」をクリック(要Real Player)

毎年招く大物ゲストバンドの演奏が無料で楽しめてしまうのですが今年はサルサの大御所、TITO PUENTE ALL-STAR ALUMNI BIG BAND。92分間のステージ。
TITO PUENTEはもう亡くなっていますが、それでもやはりさすがに本場な演奏です。
特にスペシャルゲストのEDDIE PALMIERIのノリは「本物!」の一言。

それから個人的にはDKO Electric Quartetが見れるのも超嬉しいところでして。

このDKOですが、トロンボーンのDarren Kramerがリーダーのバンド。
この1月に新CDが出たばかりで、このライブ動画もそのCDのコンセプトでの演奏ですね。
見ればわかりますが、トロンボーンにエフェクタかけまくってます。エフェクタ用のピックアップマイクがヤマハのサイレントブラスなのも興味深いです。(プロでは初めて見た)確かに外に音が漏れないので全て外に一切生音を漏らさない「100%WET」な管楽器エフェクトには有効ではありますね。

このDarren Kramerですが公式ページは
http://www.darrenkramer.com/
アクセスするといきなり音が出て過去アルバムからの抜粋が聴けますが、
一聴して非常に気に入るってアルバム買いたくなる方、も多いのではないでしょうか???
ブレッカーブラザースとファンクとラテンとソウルとロックとソリッドブラスのおいしいトコ取り見たいな感じ???

なお前作「IN THE NOW」はMichael Brecker と Rick Margitza と Eric Marienthalがゲスト参加、かなり強力な作品ですが、マイケルTributeということで
http://www.darrenkramer.com/
ではマイケル参加のうち1曲が無料ダウンロードできるようになっていますね。

Darren KramerのCDは国内であまり見かけませんがとりあえず
https://www.musicstore.jp/database/search.php?order_no=041026
とか一部管楽器に強い輸入ショップにはあるかも。
あとiTunes Storeにも一部のアルバムがありました。



タグ : ジャズ 動画

00:19  |  この記事のみ表示  |  ジャズ  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2007.02.01 (Thu)

さらにMike Phillips + EWI + Vocorder

米国MLからのネタ。
前回YoutubeでのMike Phillipsのネタをご紹介しましたがさらに長いものをご紹介。
Derek Wyatt氏のHP
http://derekwyatt.org/index.html
のBlog
http://derekwyatt.org/page0/files/mike_phillips_and_the_vocoder.html
においてMike Phillipsの動画が公開されました。
EWI吹いてます。さらにヴォコーダーEWIも強烈に炸裂してます。

この演奏ですが2006年9月22日にバークリー音大のホールで行われた
AKAI/Alesis/Numark主催のイベントからのクリップのようです。

このイベントの詳細、および演奏は、
iTunesのポッドキャスト
http://phobos.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewPodcast?id=202109033

または
http://www.cyberears.com/index.php/Show/audio/168

で聴くことができますが、以前このポッドキャスト聴いたときは、EWIの音は無かった記憶があって、せっかくMike PhillipsでAKAIなのに何でEWIないんじゃ~。と思っていたんですがやっぱりイベントではEWI吹いてたんですね。
スタンダード曲をモチーフにした演奏なので著作権の関係??

前半はラップ~サックス、中盤EWI4000s、後半EWIで制御なボコーダーラップ
で「Sugar」をモチーフにストリートっぽくやってます。
非常にラフなところもありますが、いやー、ファンキーで良いなあ。凄ぅい。

Michael Breckerに感謝&激励なイベントでもあったようですが・・・現在になってみるとよけいにつらいものがありますね・・・・。


なおこの方のHPでは他にEWI4000sとWX5のMIDI出力の細かさの比較などもされていて興味深いです。
http://derekwyatt.org/page1/page1.html

ウチでもEWI3020/mとWX5で以前同じような比較をしましたが
http://jazz.page.ne.jp/wx/pages/f020_wxewimidi.html

その時同様、EWIの方がMIDI出力が細かいようですね。
まああくまでデータ上の差で、個人的には聴感上の差はないのではと思ってはいますが。。。

タグ : EWI WX 動画

22:15  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2007.01.28 (Sun)

EWI + Vocorder

YouTubeで発見。

Mike Philly Rockin the Vocoder ( feels good to be different)

http://www.youtube.com/watch?v=sS7vZ1fpzDs

AKAIのEWI4000sプロモ動画でもおなじみ超ファンキーSAX/EWIプレイヤー
Mike Phillips氏のパフォーマンス。

EWIなのに「吹いてない」んですけどタネわかりますか??






僕の予想では、多分、
音源の方はボコーダー(VCOを声からの入力)にしてMIDI駆動、間のボイスパーカッションも含め音色や音量の変化は声(歌)、
EWIの方はブレスセンサー感度を思いっきりあげて吹かなくてもMIDIノートオンが出っぱなしの状態にして、運指とベンドだけ操作。
なんですけど、どうでしょ。

いやー考えついても実際にやっちゃうのがすごいですね。しかもかっこいいパフォーマンス&音楽として成立してるし。

タグ : EWI 動画

21:42  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2007.01.14 (Sun)

Michael Brecker dies at age 57

闘病中だったMichael Brecker氏が米国13日白血病の為亡くなられました。
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/flash/KFullFlash20070114007.html

以下上記リンク先引用
----ここから-----
米テナー奏者M・ブレッカー氏死去

 米ジャズ・テナーサックス奏者マイケル・ブレッカー氏が、AP通信によると13日、白血病のためニューヨークで死去した。57歳。

 1949年、ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれ。トランペット奏者の兄ランディとバンド「ブレッカー・ブラザーズ」を、ベース奏者エディ・ゴメスらと「ステップス・アヘッド」を結成。ピアノ奏者ハービー・ハンコックやギター奏者パット・メセニーら著名ミュージシャンと数多くのレコードを制作し、グラミー賞を11回受賞した。

 同氏が所属するユニバーサルミュージックによると、70年代に初来日して以来、40回以上の来日公演を行い、多くの日本人アーティストとも競演した。 (共同)
[ 2007年01月14日 10:46 速報記事 ]

----ここまで----


実際この訃報を前にすると大きな喪失感を感じます。悲しい。

なお
http://www.iht.com/articles/ap/2007/01/13/arts/NA-A-E-MUS-US-Obit-Brecker.php
によれば闘病中に制作していたアルバムが2週間前に完成したばかりだったそうです。




・1/16追記
様々なところに追悼文が出ています。今後も出るでしょう。氏がいかに多くのリスナー、ミュージシャン、エンジニアに愛されていたかがわかります。

YouTubeにUPされたファン制作の追悼ビデオ:Tribute to Michael Brecker
曲は『Common ground』
http://www.youtube.com/watch?v=Zdc7S_Ecevw

#馬鹿野郎こんな曲選ぶなよ・・・涙が・・・・・・


公式サイト:ドナー協力への感謝と継続登録のお願い。妻Susanからの感謝とメッセージ。
http://www.michaelbrecker.com/

兄ランディのサイト:ドナー協力への感謝文。
http://www.randybrecker.com/

akai-pro.jp:日本のAKAIもコメントを出してくださいました。
http://www.akai-pro.jp/pgs/right/right_news.html#20070115
#ウインド吹きの気持ちを簡潔に代弁してくださったコメントだと思います。感謝。


公認(?)ファンサイト:追悼ビデオクリップあり
http://www.michaelbreckerliverecordings.com/

公認(?)ファンサイトその2:訃報後トップページだけになってます。
http://www.ibrecker.com/

日本のファンサイト:日本語リソースとしては唯一。
http://www.michaelbrecker.info/

ファンによるマイケルのMyspace。無数のコメントが寄せられています。
http://www.myspace.com/mbrecker

現所属レーベル Headsupのリリース。
http://www.headsup.com/hype.html

リーブマン公式サイト:葬儀後の追悼文
http://orion.addaction.net/~liebman/includes/DL_ReadMore.php?newsid=74

アースキン公式サイト:追悼写真
http://petererskine.com/whatsnewindex.htm

ハンコック公式サイト:追悼文
http://www.herbiehancock.com/news/story.php?sid=50

mixiマイケルコミュ(要mixiアカウント)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=35632

米NPRニュースで流れた約3分の追悼ニュースが聴けます(ネタ元:上記mixiスレ)
http://www.npr.org/templates/story/story.php?storyId=6855410

もうひとつYouTubeのTribute Video
http://www.youtube.com/watch?v=c9R2biA6AG8

2週間前に完成したという遺作アルバム情報。ユニバーサルから3月発売。
http://www.universal-music.co.jp/jazz/artist/michael_brecker/index.html

HMVでは早くも予約が。(3月21日発売)
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2513953

新作にあわせリーダー作9作が一挙再発
http://www.hmv.co.jp/search/artist/000000000000813/

Michael Brecker Recent Video:例のEWI4000sのデモ。結局、現在公開されているものではこれが最新の映像になるんでしょうか。http://www.youtube.com/watch?v=N4Ex1sC4xMc

Brecker-Metheny-Every Day I Thank You
http://www.youtube.com/watch?v=mJRo0TLiHio
・・・ありがとう。マイケル。




17日さらに追記
BBCのラジオで19日にマイケルと、同週末に亡くなられたAlice Coltraneの追悼番組が予定されています。この番組数日遅れでネットラジオで全世界に流れます。
詳細は↓
http://www.bbc.co.uk/radio3/jazzon3/
ネットにアップされたらまたお知らせします。

タグ : Brecker 動画

12:31  |  この記事のみ表示  |  日記・メモ  |  TB(2)  |  Comment(1)  |  Top↑

2006.11.18 (Sat)

YouTubeネタ

キリがないですがYouTubeのウインドシンセ動画ネタ。

Scott Kinsey Group: "Cocktail"
http://www.youtube.com/watch?v=4tCBqgM_QuM
Steve TavaglioneがEWI4000s吹いてます。普通のことはあまりやってません。(想定内?)

同じ動画投稿者がこのライブの違う曲をいくつか投稿してますがEWI入りのはパッと見これくらいでした(完全には見てませんが)

もひとつ、
2chウインドシンセスレの65さんの情報ですが
Prince Charles and the City Beat Band - Don't Fake The Funk
http://www.youtube.com/watch?v=hVwbjVHAuZg
最後のほうでおもむろにリリコンが。。。


タグ : EWI 動画 リリコン

01:47  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2006.10.31 (Tue)

EVI動画2つ@YouTube

この際YouTubeのEVI動画も紹介

どちらも米国のプロプレーヤーによるSteiner EVIの演奏です。
公式HPを覗くと、さらにEVIの演奏MP3やVideoがあります。

●Scott Wilson - EVI (Electronic Valve Instrument)
http://www.youtube.com/watch?v=8il3WtIQCyw

公式サイトは
http://www.jazz-studies.com/ScottHome.htm

●Eric Bolvin -On 25th Avenue-
http://www.youtube.com/watch?v=-i4re54WvVo

公式サイトは
http://www.bolvinmusic.com/

タグ : 動画 その他ウインド

20:29  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑

2006.10.30 (Mon)

Jeff KashiwaのEWI4000s@YouTube

少し前のエントリで大物がEWIを吹く動画、あとはジェフカシワくらいかな~なんて書きましたらいきなり出ましたYouTubeに。

Jeff Kashiwa playing the Akai EWI4000s
http://www.youtube.com/watch?v=rUtdP3jQKUA

今回のは動画にAKAIロゴ入ってません。ライブにしては雰囲気が違いますね何かのデモなんですかねこれ

ループマシン使って良~い感じで盛り上がってます。うーん。良いなぁ。

タグ : EWI 動画

20:47  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(2)  |  Top↑

2006.10.19 (Thu)

EWI4000sビデオ@akaipro.com & YouTube

akaipro.comを久しぶりに見に行ったら
EWI4000sの大物プレイヤーによるデモ画像が4つ見れるようになってました
http://akaipro.com/prodEWI4000S.php
から。
----以下引用---
EWI Video Demonstrations (QuickTime)
Michael Brecker Home Demo - 2.39MB
Bob Mintzer Rehearsal Demo - 3.39MB
Mike Phillips Rehearsal Demo - 5.98MB
Steve Tavaglione Home Demo - 14.7MB
----引用ここまで---

Mike PhillipsとMichael Breckerは知ってましたがBob MintzerとSteve Tavaglioneは初めて見ました。

同じものはYouTubeにもあがってます。

Michael Brecker Recent Video
http://www.youtube.com/watch?v=N4Ex1sC4xMc

Bob Mintzer playing the Akai EWI4000s
http://www.youtube.com/watch?v=ZjeZRCZBeIo


MIke Philips on EWI 4000s
http://www.youtube.com/watch?v=5EAjdjwv83Y

Steve Tavaglione plays the Akai EWI4000s
http://www.youtube.com/watch?v=abIjvHLtmfs


Michael Brecker は一番最初の音色はよくわかりませんが、その他は多分ぜんぶソフトシンセ/サンプラー(iMac + Logoc + VSTiその他)だと思います。

Mike PhilipsとBob Mintzerはバンドリハーサルの一部。MintzerはYellowjacetsでの演奏ですね。両方とも内蔵音源による演奏。

Steve Tavaglioneですがさすがです。いきなりEWIでスキャットしてます(笑)
後ろにあるiMac上のソフトシンセ/サンプラーのMIDI 駆動でしょうか?
走ってるソフトは何でしょうね。画面がわかりそうでわからない・・・・

しかしこれでAKAIさん米国大物アーティストはだいたい収録しましたかね。あとはジェフカシワとトムスコットくらいですか?
(http://www.tomscottmusic.com/equipment.htmlによればトムは4000sに乗り換えちゃってます)


その他はYouTube上では検索すればもういろんなのが出てきちゃいますが、
EWI4000s的には

T-SQUARE - REVENGE
http://www.youtube.com/watch?v=oozQxVLEeAY

T-SQUARE - SAYONARA
http://www.youtube.com/watch?v=WaDHAYM469w

で伊藤たけし氏の4000s姿が見れますね。2006年の韓国ライブですか??これ

あと4000sじゃなくて3000なんですが

Michael Brecker plays EWI
http://www.youtube.com/watch?v=kOEF7f2HGoE
S
ong For Barry冒頭のEWIソロパフォーマンス。
ブレッカーのソロEWI ビデオはそれなりの数見ましたが僕の中ではこれがベスト1かも。2:20あたりからのサウンドオンサウンドをつかったソロが凄い。
こんなの見ちゃうとループマシン欲しくなっちゃうな~。

もひとつおまけに

Steps Ahead - In A Sentimental Mood
http://www.youtube.com/watch?v=TPPdtdx8jhw

もありますね。DVD化されてまして皆さんご存知1986年のTokyo Liveから。
何度聴いてもすばらしい。
本家サイトではこの曲の分析記事書いてますんでよろしければお読みください。
http://jazz.page.ne.jp/wx/pages/m050_sentimenal.html

タグ : AKAI EWI 動画 Brecker Mintzer 伊東たけし

23:19  |  この記事のみ表示  |  Windsynth  |  TB(0)  |  Comment(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT